ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
譲原石器時代住居跡 ★藤岡市 その1

国道462号沿い、
「道の駅 上州おにし」の裏なんです。
うっかりすると見過ごしてしまいます(汗

こちらのドーム!
「譲原石器時代住居跡」にやって参りました♪
yuzurihara、デス。
シルバーの扉を開け中に入れば~。。。

譲原石器時代住居跡 ★藤岡市 その2

おおーっ!
石っ★


=== 案内板より ===
譲原石器時代住居跡
この住居跡は、昭和12年6月に発見され、
昭和23年12月に国指定史跡となった遺跡である。
出土した土器や土偶からみて、縄文時代前期から晩期初頭にかけての遺跡と思われる。

譲原石器時代住居跡 ★藤岡市 その4

中央の炉跡は4個の結晶片岩で長方形に築かれ、
内法は約55cm×44cm、深さは約36cmで、中には灰と少量の炭が見られた。
炉跡の周囲は約235cm×197cmの長方形に粘土で固められ、
その上に大小の結晶片岩や砂岩が敷きつめられている、敷石住居跡といえる。

譲原石器時代住居跡 ★藤岡市 その3

神流川流域には上流の上野村からここ鬼石町にかけて、
縄文時代の遺跡、遺物が散見されるが、
国、県の指定史跡とされているところはこの遺跡だけである。
云々。。。


こちらの住居跡での食事風景の図↑
すごいぞっ★


[学校跡?と、住居跡!  藤岡市★譲原石器時代住居跡]の続きを読む
最近、チョコチョコとお邪魔してます。
足利市にある「エル・ムンド」さん♪
キューバのテイストをメインに、いろいろ多国籍な料理が楽しめます。

エル・ムンド 足利市のキューバ料理のお店 その1

カクテル、ワイン、日本酒、本格焼酎etc、
お酒の種類も豊富ですし、オツマミ系も充実して
BECCAN的にはウレシイお店☆

今夜も、先ずは、の生ビールをぐいっとやっつけて、
ゆで卵の「お通し」。
絶品の特製タルタルソース。美味しいデス。

エル・ムンド 足利市のキューバ料理のお店 その2

ビールの後は、キンキンに冷えた白ワインをお願いしました。
心地よい酸味がある辛口ワイン。
これで一気に加速します(笑

「プチトマトのとチーズ焼き」。
おうっ、と!これはちょっとウレシイ誤算?!
オイルバージョンです。
オイルがぐつぐつと、ホットなトマトがお目見えしました♪
ビョ~ンとのびるチーズとからんで、こういうの好きだなぁ。
トマトはとても熱いので火傷しないでね。

エル・ムンド 足利市のキューバ料理のお店 その3

季節のオススメから。
「銀カレイのポワレ タップナードソース」。
皮が美味しいっ!カリッと焼きあがっていて、
スパイシーなタップナードと絶妙のコラボレーションです!

エル・ムンド 足利市のキューバ料理のお店 その6

大きなTVからは、ご機嫌なライブ映像が流れています。
ラテンのリズムでついつい飲まされてしまう?(笑
白ワインは2本目に突入するわけであります。。。


[ラテンアメリカの風が吹く。。。  足利市★EL MUNDO(エル・ムンド)]の続きを読む
御嶽山。鏡岩と石仏群と弁慶穴。  ★埼玉県神川町 その1

金鑚神社(kanasana-jinja)境内より、御嶽山山頂を目指し!
せっかくですから「鏡岩」を拝見しようと。

さぁ、いくどーっ!
と、張り切っては見たものの。。。

ずっとこんなデス。。。
日頃の運動不足が身にしみる(汗
じわりとにじんできた汗も、
ダクになりつつあります。

御嶽山。鏡岩と石仏群と弁慶穴。  ★埼玉県神川町 その2

それでも気合を入れなおして。。。
ふいぃ~。。。(汗、(汗、(汗

御嶽山。鏡岩と石仏群と弁慶穴。  ★埼玉県神川町 その3

道祖神とか、

御嶽山。鏡岩と石仏群と弁慶穴。  ★埼玉県神川町 その4

七福神の方?。。。
石仏さんたちがたくさんいらっしゃいます。

御嶽山。鏡岩と石仏群と弁慶穴。  ★埼玉県神川町 その5

汗をふきふき、しばらく上り。。。

お。
ようやく、かな?!
ふいぃ~。。。(汗、(汗、(汗

御嶽山。鏡岩と石仏群と弁慶穴。  ★埼玉県神川町 その6

これだっ!
「鏡岩」っ★


=== 案内板より ===
御嶽の鏡岩
国指定特別天然記念物
御嶽の鏡岩は、約1億年前に関東平野と関東山地の境にある
八王子構造線ができた時の岩断層活動のすべり面である。
岩面の大きさは、高さ約4メートル、幅約9メートルと大きく、
北向きで約30度の傾斜をなしている。

岩質は赤鉄石英片岩で、赤褐色に光る岩面は、強い摩擦力により磨かれて光沢を帯び、
表面には岩がずれた方向に生じるさく痕がみられる。
岩面の大きさや、断層の方向がわかることから地質学的に貴重な露頭となっている。

御嶽山。鏡岩と石仏群と弁慶穴。  ★埼玉県神川町 その7

鏡岩は古くから人々に知られていたようであり、
江戸時代に記された『遊歴雑記』には、
鏡岩に向えば「人影顔面の皺まで明細にうつりて、
恰も姿見の明鏡にむかふがごとし」とあり、『甲子夜話』にも同様の記述がある。

また、鏡岩がある御嶽山の一帯は、
中世の山城である御嶽城跡が所在することでも知られているが、
鏡岩が敵の目標となることから、城の防備のため
松明でいぶしたので赤褐色になったという伝説や、
高崎城(群馬県)が落城した時には火災の炎が映ったとも伝えられている。

御嶽山。鏡岩と石仏群と弁慶穴。  ★埼玉県神川町 その8

このように鏡のように物の姿を映すということから、
鏡岩といわれるようになった。
云々。。。


汗も落ち着かないままに、
また上って行くわけです。
ウムム。。。


[御嶽山。鏡岩と石仏群と弁慶穴。  ★埼玉県神川町]の続きを読む
かなさな神社 金鑚神社 埼玉県児玉郡神川町二ノ宮 その1

おおーっ!大きくて立派な「鳥居」です!
埼玉県の神川町にある「金鑚神社」さんにやって参りました。

「金鑚」と書いて「kanasana」と読みます♪

ウィキペディアで見てみると~
金鑚の語源
もともと金鑚の語源は、砂鉄を意味する「金砂(カナスナ)」に求められ、
神流川周辺で、刀などの原料となる良好な砂鉄が得られた為と考えられている。

カナスナ(金砂)が訛り、金佐奈(カナサナ)となり、
今日では「金鑽」と書き、「かなサラ」と読むようになった。
サラの漢字も「鑽(貝の上の字が先)」から
「鑚(貝の上の字が夫)」を使うようになった。
と、あります。

かなさな神社 金鑚神社 埼玉県児玉郡神川町二ノ宮 その2

名前を調べてみただけでワクワク。
砂鉄?製鉄?渡来の方?
なんだろう?!

こちらは2つ目の鳥居。

かなさな神社 金鑚神社 埼玉県児玉郡神川町二ノ宮 その5

参道をさらに進むと。。。

右手に「多宝塔」が見えてきます。
国の重要文化財に指定されている塔です。

かなさな神社 金鑚神社 埼玉県児玉郡神川町二ノ宮 その3

=== 案内板より ===
金鑚神社多宝塔
金鑚神社の境内にあるこの多宝塔は、三間四面のこけら葺き、
宝塔(円筒形の塔身)に腰屋根がつけられた二重の塔婆である。

天文3年(1534)に阿保郷丹荘の豪族である阿保弾正全隆が寄進したもので、
真柱に「天文三甲午八月晦日、大檀那安保弾正全隆」の墨書銘がある。

この塔は、建立時代の明確な本県有数の古建築であるとともに、
阿保氏に係わる遺構であることも注目される。
塔婆建築の少ない埼玉県としては貴重な建造物であり、
国指定の重要文化財となっている。
云々。。。

かなさな神社 金鑚神社 埼玉県児玉郡神川町二ノ宮 その6

多宝塔背後から上ったところにあった神社。
なんだろう?。。。


かなさな神社 金鑚神社 埼玉県児玉郡神川町二ノ宮 その7

朱色の神橋と、


かなさな神社 金鑚神社 埼玉県児玉郡神川町二ノ宮 その8

3つ目の鳥居。


[武蔵の国の二之宮神社  埼玉県神川町★金鑚神社 kanasana-jinja]の続きを読む
鮨 割烹 ふぐ料理 源 minamoto その1

最近はお肉が多かったからねー。
やっぱり日本人は魚だよ、うんうん。
なんて、その度に都合良く解釈するのが食いしん坊の常?!

太田市にあるお寿司屋さん「源 minamoto」さんにお邪魔しています。
お寿司、ふぐ、割烹料理のお店です♪
さぁ、魚 sakana、行くぞー!

「お通し」はタラの煮付け。南蛮漬けかな?
身が厚くてプリップリ。
さっそく、辛口の白ワインを合わせましょう。
キン、と冷えているドライなヤツ。
はぁ~、しあわせ。。。

鮨 割烹 ふぐ料理 源 minamoto その2

ワインのお供に「お刺身盛り合わせ」をお願いしました。
トリ貝、アカ貝、アジ、
このアジ、厚くて美味しい。。。

鮨 割烹 ふぐ料理 源 minamoto その3

白身はヒラメ。
紅葉おろしとポン酢でいただきます~。

鮨 割烹 ふぐ料理 源 minamoto その4

甘エビはとろ~り♪
ねっとりとした食感。

鮨 割烹 ふぐ料理 源 minamoto その5

マグロの大トロと中トロ。
美味しいのは言うに及ばないのですが。。。

鮨 割烹 ふぐ料理 源 minamoto その6

見てください、この大トロ☆
高級和牛の霜降り肉のようです。
チョイとワサビをのせてパクッ。
ぱぁ、と口の中に旨味が広がって、一瞬にして消えてしまう。
そして甘味の余韻がまたまたふわぁ~、と戻ってくるよう。
すごいなっ。

ワインのボトルを一撃でやっつけた後は、
青森のお酒「陸奥八仙・純米吟醸」をお願いしました。
香りが良くて、芳醇で美味しい。。。


[ミナモトさんちでお魚三昧♪  太田市★鮨 割烹 ふぐ料理 源 minamoto]の続きを読む
土師神社 ★藤岡市 その1

群馬県藤岡市の本郷にある「土師神社」さんです。
先ほど寄ってきた「本郷埴輪窯址」のすぐ近く。
変った名前の神社さんですよねー。

こちらは「土師」と書いて「doshi」と読むのかな?
同じ名前で、「土師」と書いて「haji」と読む、
土師神社(はじじんじゃ)もあるみたいですが。

鮮やかな赤の鳥居がひと際目を引きます。
黒の扁額もカッコイイ♪

土師神社 ★藤岡市 その3

鳥居より一直線に伸びる参道。


土師神社 ★藤岡市 その4

社殿に向かう途中の右手には
「土師の辻」と呼ばれるお相撲の土俵があります。
相撲って元は神事だったといいますから、
子供の相撲大会なんかを開催している神社さんも
結構ありますよネ~。


=== 案内板より ===
土師の辻
相撲辻とは、屋外で行った相撲の土俵とその場所を意味している。
土檀(土俵)は伏せたすり鉢状で、高さ160センチ、
上円部径495センチ、基底部1300センチ、傾斜22度、斜長450センチを測る。

「日本三辻の一」と称される。
他の二辻は摂津国(大阪)住吉神社と能登国(石川)羽咋神社である。

明治以降は使用されていないが、
それ以前は出世力士が披露相撲を行うのが例で
勧進相撲が奉納されたが、幕内力士でなければ相撲檀にあがれなかった。
云々。。。

土師神社 ★藤岡市 その8

こちら「狛犬」クン♪
カクカクした感じ。。。


土師神社 ★藤岡市 その9

アップでどうぞ!


[相撲と埴輪と土師神社?!。。。  ★藤岡市]の続きを読む
本郷埴輪窯址 ★藤岡市 その1

お堂を思わせる覆屋に守られているのは「本郷埴輪窯址」。
群馬県藤岡市にあります。

覗き込んでみるとぉ~。。。

本郷埴輪窯址 ★藤岡市 その2

ちょっとした斜面に
中央、溝が掘られている古代の窯址。

本郷埴輪窯址 ★藤岡市 その5

=== 案内板より ===
国指定史跡 本郷埴輪窯址
明治39年に東京帝国大学教授柴田常恵氏により発見され、
昭和18年3月、19年3月に群馬大学教授尾崎喜左雄氏により発掘調査された。

埴輪窯は登窯で、長さ5.5メートル、幅1.8メートルの大きさである。
中から人物、馬、家、太刀、矛、盾などの埴輪が出土している。

昭和19年11月13日、史跡として文部大臣より指定。
云々。。。


埴輪って、古墳の周辺に並べられたりしているアレですよねー。
ウムムムム。。。


[HANIWA、作ってたんですね~♪  藤岡市★本郷埴輪窯址]の続きを読む
喰い飲み屋 アシベさん ★桐生市 その1

いつも賑わってますよねー。
桐生市の「アシベ」さんにお邪魔しています★
前回に引き続き2回目。

「お通し」はコンニャクとヒジキの和え物。
ふにゃらかな食感のコンニャクと(笑、
ゴマドレッシングの風味。
なかなかオツなお通しでありまする★

喰い飲み屋 アシベさん ★桐生市 その2

「生春巻」。
レタスたっぷり、大きなエビ君が見えます。

喰い飲み屋 アシベさん ★桐生市 その3

とろりと甘い、
そして辛いチリソースをたぁっぷりつけて。
大きな口を開けて、ひと口で行っちゃってください(笑
透明でやわらかなライスペーパーとビーフン、
シャキシャキのレタスが口の中で踊るでしょう♪
甘辛くてオイシイ。

一杯の生ビールをやっつけた後は、
赤ワインをボトルで!
クーラーを拝借して、キンキンに冷やしていただいてマス。


[アシベさんちでまたまた一杯♪  桐生市★喰い飲み屋 アシベ]の続きを読む
温もりの宿 辰巳館 ~お風呂編~ その1

昼食をすませて、少々の休憩をし、
さてさて、いよいよ、待望のお風呂でございます♪

内風呂、「かわせみの湯」です。
総檜のお風呂。
檜の、すごく良い香りがしますね~。
すんごいゆったり。気持ちが落ち着きまする。。。

温もりの宿 辰巳館 ~お風呂編~ その8

簾からのぞく、少しだけの向こうの風景が
なんとも良いんですね~♪
緑と利根川。


う~ん、気持ちいいなぁ~。


あ゛ー。。。

ぶくぶくぶくぶく。。。




温もりの宿 辰巳館 ~お風呂編~ その2

こちらは、
かわせみの湯から先に入った所にある「露天風呂」。
内湯に比べて少しゆったり目のぬる目の湯。


ふいぃ~。。。

あ゛ー。。。


ぶくぶくぶくぶく。。。
(これ↑別に潜ってるわけぢゃないですョ
こんな感じ、ってことです)



温もりの宿 辰巳館 ~お風呂編~ その3

で。こちら。

はにわがお風呂に入ってる?!


[温もりの宿、tatsumi-kan 辰巳館 ~お風呂編~  ★みなかみ町]の続きを読む
おもむろに「上牧駅」に降り立った私。。。
水上の1つ手前の駅です。

上牧温泉「辰巳館・tatsumi-kan」さんにやって参りました!
すごくゆっくり出来る日帰りプランがあるというので
以前からチョイとチェックしていました。

お風呂とお酒と昼寝の誘惑には勝てませんデス、はい。。。

温もりの宿 辰巳館 ~お食事編~ その1

館内にあるお食事処「蒼天庵」。
囲炉裏のあるお座敷の部屋です。
休憩プランのお食事はこちらで取ることができます♪

「マスの塩焼き」。
お魚の炭火焼きって惹かれません?
焼き上がるまでも楽しいし、焼いてからも美味しい、みたいな。
背中のあたりからカプッ、と行っちゃいましょう!

温もりの宿 辰巳館 ~お食事編~ その2

こちらは焼き物の素材。
伊達鶏、シイタケ、カボチャ、山芋のお団子。。。


温もりの宿 辰巳館 ~お食事編~ その3

「お刺身」デス。
ギンヒカリと川河豚。
ギンヒカリは群馬県が誇る最高級ニジマス。
川河豚は初めて食べたかも。

モッチモチのすごく弾力のある食感で美味しい~♪

温もりの宿 辰巳館 ~お食事編~ その4

「旬の野菜のおひたし」。
上品な出汁のお味。。。う~ん、
うまっ。

温もりの宿 辰巳館 ~お食事編~ その5

もちろんお酒もいただいております♪
「月夜野、地ビール」。 
濃い色合いのダークビールですねー。
チェリーのような香りがあって、泡もキメ細かい。
程よいコクがあり、炭火焼きの料理に良く合います★

ングングング、ぷふぁーっ、て。

温もりの宿 辰巳館 ~お食事編~ その6

「お蕎麦」。コシのある蕎麦と甘めの汁です。

こちらには「竹酒」を合わせました♪
竹筒ごとクラッシュアイスで冷やし、
そこにまたキンキンに冷えた冷酒が注がれます!
ほのかな竹の香りと、お蕎麦。
う~ん、うま。。。


[温もりの宿、辰巳館 tatsumi-kan ~お食事編~  ★みなかみ町]の続きを読む
足利市 渡良瀬の河畔 居酒屋 樹洞さん その2-1

前回から間もないのですが、今夜も街を徘徊中。。。
足利市の樹洞(うろ)さん前にやって参りました。

やっぱりせっかくですから寄って行きましょうョ!

足利市 渡良瀬の河畔 居酒屋 樹洞さん その2-2

「お通し」。
鳥皮千切りの酢醤油漬け。好きだなー、コレ。
コリコリとした食感の鳥皮。
キュッ、と引きしまったような歯応え。
ナニゲに止まりません。

お酒は今夜も白ワイン♪
辛口をクーラーでキンキンです。
喉ごし良くて蒸し暑い今夜にバッチリです。

足利市 渡良瀬の河畔 居酒屋 樹洞さん その2-6

「サワラの焼きじめ お刺身」。
少しだけ、サッ、と炙ってある焼きじめ。
脂の甘みが良くでるんですね~♪

最近は少し炙ったお刺身の方が好きかも。。。

足利市 渡良瀬の河畔 居酒屋 樹洞さん その2-4

お腹にやさしいかな?「温野菜サラダ」です。
以前にもいただいたことのある美味しいサラダ。


足利市 渡良瀬の河畔 居酒屋 樹洞さん その2-5

こんな風に取り分けまして。
ベーコン、トマトと特製ポン酢の相性がなんとも♪
シンプルなお料理だと思い、自宅でマネをしてみたものの
なかなか上手にできないっ(汗
う~ん、シンプルだけに奥が深い?!

あったかい野菜は美味しいョ。

足利市 渡良瀬の河畔 居酒屋 樹洞さん その2-3

さぁさぁ、ここからは芋焼酎にかえて!
こちらの「鹿児島産さつまあげ」と一緒に
ガッツリと行きましょう。

ブ厚イさつまあげに生姜をたっぷり乗せて★
う~ん、さつまあげの甘みが引き立ってきます♪
さすがに焼酎とは抜群の相性です!
おかわりくださいっ!


[渡良瀬河畔の海鮮ちゃんぽん♪  足利市★酒菜 樹洞 uro]の続きを読む
上越線の車窓から。 その1

電車に乗っております♪

高崎駅よりJRの上越線に乗り込んで、
利根川沿いを走るこの電車。
窓を開けて景色をながめながら、ぼけー、としているわけです。

上越線の車窓から。 その2

うおっ!

トンネルかいっ(汗

上越線の車窓から。 その3

止まった。
どこの駅だろ。。。


上越線の車窓から。 その4

それにしても、
良い景色だなー♪


上越線の車窓から。 その5

向こうに見える谷川岳。


上越線の車窓から。 その7

釣ってますねー。


[上越線の車窓から。]の続きを読む
足利市 正一位霊験稲荷社 その1

=== 案内板より ===
正一位霊験稲荷社縁起
この正一位霊験稲荷社は、足利学校第7世庠主(しょうしゅ)
玉崗瑞與(ぎょこうずいよ)(九華)が書いた天文23年(1554)9月の棟札に、
足利学校の鎮守である稲荷大明神が、年代が古く神体・社殿ともに破損しているので、
あらたに神体を造立し、社殿を造営し、八幡大菩薩を合せ祀ったとあるから、
稲荷社の創建は天文23年(1554)よりかなり時代がさかのぼると思われる。

江戸時代この稲荷社は、霊験あらたかで足利の町の人々をはじめ
近郷近在の人々が信仰し、祭礼におおぜいの人々が参詣した。
またこの稲荷社の狐は、足利の町に異変がおこりそうな時は、
前の晩などに危険を知らせて人々を守ったので、
人々から大事にされたという。

足利市 正一位霊験稲荷社 その2

江戸時代足利学校では毎年11月に、御供小豆飯をわらにのせ、狐の穴に供えていた。
この稲荷社が霊験あらたかなので、明和7年(1770)第16世庠主
千渓元泉(せんけいげんせん)が、もとの稲荷大明神を改め、
正一位如意霊験と尊崇し、正一位霊験稲荷社とした。


[足利学校の中にあった神社さん♪  足利市★霊験稲荷社]の続きを読む
浜茶屋 やましょう 鹿嶋市 その1

どどーんっ!

おおーっ。
海です♪

浜茶屋 やましょう 鹿嶋市 その2

ざざーんっ!
潮風がすごく気持ちよい♪
ここ「鹿島灘」にやって参りました!

ついつい海岸で貝殻などを拾ってしまいます。。。
海に向かってなげたりして。
なんでだろ?(笑

浜茶屋 やましょう 鹿嶋市 その4

というわけで、こちらの海岸からすぐ近くデス。
国道51号線沿いにある「やましょう」さんにお邪魔しております。

浜茶屋 やましょう 鹿嶋市 その12

隣接された直売所では活ハマグリやいろいろな魚貝が
量り売りされていました。
さぁ、こいつらをやっつけるぞーっ!

浜茶屋 やましょう 鹿嶋市 その5

もちろん「焼きハマグリ」♪
テーブルごとに焼き台がセットされています。

浜茶屋 やましょう 鹿嶋市 その6

こちらは「いか焼き」。
う~ん、すでにすんごく良い香りがぁ。。。


[美味しさパックリ♪やましょうさんちの焼きハマグリ  鹿嶋市★浜茶屋 やましょう]の続きを読む
摂社、末社と要石 kanameishi  鹿嶋市★鹿島神宮 その15

常陸の国、一之宮である「鹿島神宮」。
本社、社殿の他にも、たくさんの見所があります♪

摂社、末社、です。
こちらから。。。

摂社、末社と要石 kanameishi  鹿嶋市★鹿島神宮 その12

=== 案内板より ===
遥拝所
摂社 沼尾神社 北4キロ
御祭神 経津主大神

摂社 坂戸神社 北2キロ
御祭神 天児屋根命

この場所からお参りする「遙拝所」。
鹿島神宮より離れた所にある摂社なんですね~。
東国三社の一つ、息栖(いきす)神社も鹿島神宮の摂社なんだそうです。

摂社、末社と要石 kanameishi  鹿嶋市★鹿島神宮 その14

こちらはいくつかあった末社たちです。


===
末社 須賀社(すかのやしろ)
祭神 素戔嗚命
牛頭天王ともいわれ 古来多くの霊験をあらわす
社として有名です

摂社、末社と要石 kanameishi  鹿嶋市★鹿島神宮 その9

===
末社 熊野社(くまののやしろ)
祭神 伊弉諾命 事解男命 速玉男命
和歌山県熊野地方と鹿島は舟による古い交流があり
神縁をあって当社が祀られます

摂社、末社と要石 kanameishi  鹿嶋市★鹿島神宮 その11

===
末社 津東西社(つのとうざいのやしろ)
祭神 高龗神 闇龗神
もと北浦べり下生にあって
港を守る神として祀られた古社です

摂社、末社と要石 kanameishi  鹿嶋市★鹿島神宮 その10

===
末社 祝詞社(のりとのやしろ)
祭神 太玉命
天の岩戸の前で祝詞を奏した神で
祝詞を司どる神と崇められます

摂社、末社と要石 kanameishi  鹿嶋市★鹿島神宮 その7

鹿島神宮の森をしばらく行って。。。


===
末社 熱田社(あつたのやしろ)
祭神 素戔嗚命 稲田姫命
古くは七夕社(或は田畑社)として
農業守護の社です

摂社、末社と要石 kanameishi  鹿嶋市★鹿島神宮 その8

そして「神園」。


===
神鹿について
鹿島神宮の御祭神である武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)様のところへ、
天照大御神(あまてらすおおみかみ)様のご命令を伝えに来られたのが
天迦久神(あめのかぐのかみ)という方で、
鹿の神霊とされていることから、鹿島神宮のお使いは
鹿となっています。

神護景雲元年(西暦767年)に、藤原氏は氏神である
鹿島の大神の御分霊を奈良にお迎えして春日大社を創建しましたが、
そのとき、御分霊を神鹿の背に乗せ、多くの鹿を連れて
1年がかりで奈良まで行きました。
その鹿の足跡が、東京江戸川区の鹿骨(ししぼね)をはじめとして、
東海道を三重県の名張まで続いて残っています。

また、鹿島も古くは香島と書いていましたが、
養老7年(723年)ごろから鹿島と書くようになったのは、
この鹿との縁によるものでしょう。
神鹿は長い間大切に保護されてきておりますが、
幾度か新たに導入され、現在の神鹿はかつて鹿島から移った
奈良の神鹿の系統を受けています。
云々。。。


[摂社、末社と要石 kanameishi  鹿嶋市★鹿島神宮]の続きを読む
足利市の居酒屋さん 美川さん その14

やきとり、美川 yoshikawa、の大きな文字が目立つ赤提灯♪
足利市の居酒屋さん、「美川」さんにお邪魔しています。
大っきくはないんですけれど、
いつも賑わっている人気の店です!

足利市の居酒屋さん 美川さん その1

先ずはビールですか?!
生はないですから、大瓶ビールを!
サッポロラガー★赤い星のうまいヤツ。

「お通し」は、ひじきの煮物です。
大っきなコンニャクがなんだかウレシイ♪

足利市の居酒屋さん 美川さん その3

「お刺身」は、
タコとマグロと。。。

足利市の居酒屋さん 美川さん その4

ホタルイカ☆の3点盛り。

軽い苦味のラガービール。
こいつを一気にやっつけて、キンキンに冷えた冷酒を1本!
キュイ、キュイッ、と攻めて行きます!
ふいぃ~。。。

足利市の居酒屋さん 美川さん その8

「豆腐の七味揚げ」。
チョイと辛く揚げられてマス。
表面サクッ、とネギだくで。

居酒屋さんならではのシンプルなオツマミ。
好きだなぁ~♪

足利市の居酒屋さん 美川さん その6

「鍋が熱くなってるから火傷しないでねー」、と
運ばれてきたのは「水餃子」。

「あそこに行ったら水餃子だよ~、ぜったい♪」
なんて知人から聞かされてたものですから。

足利市の居酒屋さん 美川さん その7

ぺろっ、としたあっさり餃子。
具だくさんで、スープはなんだかラーメンチック。
チョイと病みつきになりそうな気配でありまする。。。
ウムム。


[チョイと一杯のつもりで飲んで。。。  足利市★美川 yoshikawa]の続きを読む
=== 案内板より ===
御祭神 武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)
創 祀 神武天皇御即位の年に神恩感謝の意をもって
創 祀 神武天皇が使を遣わして勅祭されたと傳える。

御神徳 神代の昔 天照大御神の命により国家統一の大業を果され
御神徳 建国功労の神と称え奉る。
御神徳 また韴霊剣(ふつみたまのつるぎ)の偉徳により
御神徳 武道の祖神 決断力の神と仰がれ関東開拓により
御神徳 濃漁業 商工殖産の守護神として仰がれる外常陸帯の古例により
御神徳 縁結び安産の神様として著名である
御神徳 更に鹿島立ちの言葉が示すように交通安全 旅行安泰の御神徳が
御神徳 古代から受け継がれている
御神徳 云々。。。

常陸国の一之宮 鹿嶋市★鹿島神宮 その1

水戸方面より国道51号線をどんどん下って。。。
やって参りました、「鹿島神宮」!
しかし、この街道沿いには神社さんがすごく多いんですねー。
ちょっと走ると神社、また少し走ると神社!みたいな。

神武天皇御即位の年、約2660年も前に創建されたと伝えられる
ふるぅ~い、古い神社さんです。これだけでもスゴイ★

一之鳥居はここより別の場所へ建っていますので、
こちらの参道に建つこの「大鳥居」は、
二番目の鳥居となります。

常陸国の一之宮 鹿嶋市★鹿島神宮 その2

「楼門」。
広くてきれいな境内。

常陸国の一之宮 鹿嶋市★鹿島神宮 その3

===
重要文化財 楼門
寛永11年(1634年)に水戸初代藩主
徳川頼房公の奉納
頼房公は水戸黄門 光圀公の父君
云々。。。

常陸国の一之宮 鹿嶋市★鹿島神宮 その4

楼門、左右には随神様がいらっしゃいます♪
髭をたくわえられて堂々としております。
でも優しそうな方?

常陸国の一之宮 鹿嶋市★鹿島神宮 その6

「拝殿」。

常陸国の一之宮 鹿嶋市★鹿島神宮 その8

有名な神社さんだけあって、
たくさんの方が参拝に訪れていました♪


[日出ずる国の一之宮  鹿嶋市★鹿島神宮]の続きを読む
足利市の居酒屋さん 香木家 もく 2010-6-1

今夜も飲み、デス(汗
鹿児島の芋焼酎「富乃宝山」。ほんのりと香る
柑橘系の香りが、すんごく美味しい芋焼酎♪
水割りだね。

足利市民プラザの会い向かいにあります、
「香木家 kyobokuya もく」さんにお邪魔しております。

足利市の居酒屋さん 香木家 もく 2010-6-2

「お通し」の枝豆。
プチプチと、まったく止まらなくなってしまう枝豆。
なぜにこんなに後を引くのでしょうか?
けっこうな量をぺろっ、と行ってしまうのです。

足利市の居酒屋さん 香木家 もく 2010-6-3

「豚キム温玉のせ」。
温玉のせ、て温泉玉子乗せの略ですよね?
久しぶりに食べた感じで、すごく美味しかった♪

足利市の居酒屋さん 香木家 もく 2010-6-8

玉子をこう、くずしていって。。。
いやいやいや、たまりません。

足利市の居酒屋さん 香木家 もく 2010-6-4

キムチのチョイ辛でエスニックな味わい。
タマネギとハクサイのシャキシャキ感。
脂の多くない、豚ロースのボリューム感。

ガッツリとやっつけました!
焼酎も進みますよー、これ。
なんだかパワーでた。


[ナポリタンが嬉しかった夜。。。  足利市★香木家 もく]の続きを読む
森と御手洗 ★鹿島神宮 その1

一度訪れてみたかった「鹿島神宮」。
大鳥居、社殿、境内摂社、末社、etc。。。と
見所も満載でしたが、

しかししかし、なんと言っても、こちらにある「森」!
樹叢と言うんでしょうか?

そして「御手洗の池」!
〝おてあらい〟ぢゃありませんょ、〝みたらし〟と言います。

これは凄かった。。。

森と御手洗 ★鹿島神宮 その3

=== 案内板より ===
天然記念物
鹿島神宮の森について
最近森林浴という言葉が話題になっています
これは緑豊かな森の樹木や草花などが発散する
殺菌力のある芳香性の物質(フイトンチッド)が
人間にも良い影響を与えることから、林野庁が提唱しているものです

森と御手洗 ★鹿島神宮 その4

鹿島神宮の森は、その上に極相林といって森が到達する
極限の状態でありますので、人の心をやわらげ
活動をうながす精神的な仂らきもあります

このような姿を昔の人は神々しい森という言葉でたたえましたが、
和らぎと明日への活力づくりに皆さんもゆっくりと
森の香気にふれて下さい

森と御手洗 ★鹿島神宮 その5

なお、境内の宮水である御手洗の湧水も
昔から長命水といわれておりますので、この真清水をも賞味され
健康で活力ある毎日をお送り下さい。
云々。。。


そうなんです。
「森」、デス。

普通に、ゆっくりと散歩していただけ。
すぅ~んごく、気持ち良いです、ここ。
まさに神域と言うのはこういうことなのかなー、
なんて思ってしまいます♪

心洗われるよう。。。
ここには感動しましたっ!


[まったくもって神秘的!鹿島神宮にて。  ★鹿嶋市]の続きを読む
Foods Lab.Due 桐生市のドゥエさん その1

ちょっと蒸し暑つかったりすると、
キンキンに冷えた生ビールと、
キンキンに冷えた白ワインが全くもって美味しいのです★

「カールスバーグ」はデンマークのビール。
軽くて飲みやす~い♪
こんなタンブラーで飲むと、余計に美味しいデスねー。

というわけで、桐生市にある「Foods Lab.Due」さんにお邪魔しています!
「ドゥエ」さんと読むのだそうです、「フーズ ラボ ドゥエ」。
前回お邪魔した時はわからなかったもので、失礼しましたっ(汗

Foods Lab.Due 桐生市のドゥエさん その2

「グリーンサラダ」。
味わいもとてもシンプルなグリーンサラダ。
暑い日には、こんなサラダがとてもウレシイ★

Foods Lab.Due 桐生市のドゥエさん その3

「海老のマヨネーズ和え」。
ちょっと辛さのあるオレンジソースかな?
マヨネーズ、といった印象はなかったのですが、
パクッパクッ、とポップにいただける軽めのオツマミ。

Foods Lab.Due 桐生市のドゥエさん その4

「ゴルゴンゾーラのピッツァ」。
トン、とテーブルに運ばれてきた途端、
くんくんくん、と香りをかいでしまうのは私だけでしょうか?!(笑
ご~るごん、ぞぉ~らぁ~、みたいな。

期待を裏切らない青カビの香りがふわわわわぁ~ん、と♪
ピッツァの生地はフォカッチャみたいな、もっちもちの食感!
焼けたチーズを良くからめてパクリッ。


[ドゥエさんにて、またまた一杯♪  桐生市★フーズ ラボ ドゥエ Foods Lab.Due]の続きを読む
鹿島神宮参道沿い 龗神社 その1

以前から一度訪れてみたかった「鹿島神宮」。
常陸国の一之宮であります。

駐車場に車を止め、いよいよ♪
大鳥居までの一直線をばく歩中、ん?

鹿島神宮参道沿い 龗神社 その3

鳥居に向かって左手に、
「龗神社・ryu-jinja」です!
いやいや、この龗って字、難しいなぁ。。。


=== 案内板より ===
このお社は龗神社(りゅうじんじゃ)です。
おまつりしている神様は
高龗神(たかおかみのかみ)、闇龗神(くらおかみのかみ)
という龍神です。

鹿島神宮参道沿い 龗神社 その2

昔は鹿島神宮の水を守り 火を防ぐ神で、
御手洗他に2社、楼門の前後に4社、参道の両側に2社の
八龍神と伝えられていますが、
参道の2社が合祀されて この龗神社1社となり、
明治以降は当町(大町区)の鎮守の社となっています。
云々。。。


小さなお社の龗神社さん。
鹿島神宮に行く前哨戦みたいな。。。

さぁ、行って参ろうぞ♪



龗神社
@茨城県鹿嶋市宮中

佐野市にあるお寿司屋さんです♪鮨・和処 つとめ その1

早速の生ビールをいただいております♪
佐野市にある「つとめ」さん。
美味しいんですよねー、つとめさんちのお魚。
お邪魔する前からすんごいワクワク(笑

お通しは「バイ貝」。
楊枝を使ってクルクルクル~、と。
おっきなワタがお目見えします。ここんトコ大好きなのです。

佐野市にあるお寿司屋さんです♪鮨・和処 つとめ その2

冷たぁい生ビールをはかどらせつつ、
「お刺身盛り合わせ」をお願いしました。

トリ貝、アオヤギ、


佐野市にあるお寿司屋さんです♪鮨・和処 つとめ その4

シャコ、ミル貝、真鯛、くじらベーコン、

佐野市にあるお寿司屋さんです♪鮨・和処 つとめ その3

極めつけのマグロの中トロ。

辛いけど辛くない、風味がたっぷりのワサビをチョイとのせて。。。
うぅ~。。。と。
辛さがしみてうなっているわけじゃありません(笑

佐野市にあるお寿司屋さんです♪鮨・和処 つとめ その5

「ウニ」。
甘味がふわっ、と口の中に広がって、
美味しい余韻を残しながら、すうっ、と消えていくような。。。
この美味しい余韻のおかげで、もうひと口つまみたくなる、
みたいな。。。

佐野市にあるお寿司屋さんです♪鮨・和処 つとめ その6

「アワビ」。
厚めにカットされた、こんな具合がすんごくウレシイ♪
ほのかな旨味がふわふわふわぁ~、と。
やわらかぁ~★★★

トップに乗っている肝。
こちらの肝がお酒を加速させてくれるわけです、まったく。
青森の地酒「田酒・純米酒」をお願いしました。
肝をひと口、田酒をクイっ、と。
そして又ひと口、田酒をぐびぃ~、と。

しみます。。。


[つとめさんでお魚を堪能する!パート2  佐野市★鮨・和処 つとめ]の続きを読む
お気に入りの日帰り温泉、川原湯温泉にまた来ました♪
前回は山木屋さん♪、
今回は違うお風呂にも入りたいな~、と。

が。
閉まっている旅館もあったり、
日帰り入浴できるトコも限られているのかな?

群馬県川原湯温泉 旅館 丸木屋 その2

うろうろしながら偶然入ったお土産屋さん。
「お福」さんのおばあちゃんに「丸木屋」さんを紹介して頂きました★
訪ねてみると、日帰り入浴できるとのこと。
もちろん、休憩室付きのプランですよ♪

群馬県川原湯温泉 旅館 丸木屋 その3

和室に通して頂き、お風呂の用意をしていると、
もう服を脱ごうとしている人が。。。
ちょっと、気が早すぎ!


[丸木屋さんにてお風呂をいただきました!  川原湯温泉★旅館 丸木屋]の続きを読む
吾妻郡長野原町川原湯 お食事処 旬 その5

またまたデス。
川原湯温泉にやって来ました!
前回より気に入ってしまった日帰りスポット。

早く温泉に浸かりたいのですが、まずは腹ごしらえから~♪
温泉街にある「お食事処 旬」さん。
ランチタイムでこざいます!

吾妻郡長野原町川原湯 お食事処 旬 その1

丼物から麺類まで、豊富なメニュー。
最初に目を引いたのは、「鶏モモ肉の網焼き」。

やわらかくて、ジューシーなモモ肉。
たっぷりの胡椒がピリッと効いて、美味しいです♪
トマトとレタスは、た~っぷりマヨで、まったり頂きまショウ。


地元の酒蔵、浅間酒造さんの「浅間錦」を飲りながら。
デス。

吾妻郡長野原町川原湯 お食事処 旬 その2

ふんだんに青海苔のかかった「焼きそば」。


[ランチで一杯♪もも焼きと焼きそばとチャーハン!  川原湯温泉★お食事処 旬]の続きを読む
そば処 さか家 鹿沼市中粕尾 その1

大きく目立つ「手打そば」の看板。
なにやらドライブインと八百屋さんが合体したような。。。
さか家さん、て。酒屋さん?
いえいえこちらはお食事処、蕎麦処、
中粕尾にある「さか家」さんにやって参りました!

それにしても目立ちますね。。。

そば処 さか家 鹿沼市中粕尾 その2

店内に一歩足を踏み入れると。。。
うおっ!

ワタクシ、初めてお目にかかるものがズラリ、です。。。

そば処 さか家 鹿沼市中粕尾 その3

ガマズミ?サルナシ?
虫こぶってなぁに?
粕尾産のマムシを漬け込んだものもありました!
知っている人にはたまらないんだろうなー。
すごいっ!

と、店内を散策、感動しつつ、
さてさてこちらでお昼をいただこうぢゃありませんか?!

そば処 さか家 鹿沼市中粕尾 その4

お通し?で、出てきた山菜は、
フキとミズナとワラビの3点。
味がついています♪チョイと大人な味わいかな。。。

そば処 さか家 鹿沼市中粕尾 その5

「山菜の天ぷら」。
盛りだくさんです!わかりずらいかも知れませんが、
大きいんですよー、このお皿。
食べきれるかなー、てくらい☆

シドキ、コシアブラ、ウド、ウドの葉、ふきのとう、こごみ。。。
塩を振ってパクッ、天汁につけてパクッ。
サックサクで、ほのかな苦味がサイコー♪
あ゛~、ビール飲みたい。

そば処 さか家 鹿沼市中粕尾 その6

「どうぞ!ニラも試してみてくださいっ!
ガッツ石松さんがテレビでやってから有名になったんだけどー」とご主人。
なんでも、ニラをお蕎麦にトッピングするニラ蕎麦というのが
あるらしい。うむ。。。

ちなみにガッツ石松さんは粟野町出身なのです。。。

そして。。。


[ボリューム満点。五合打そばをやっつけよう!  鹿沼市★そば処 さか家]の続きを読む
鹿沼市上粕尾の石割桜 山ノ神ドライブインさんの裏デス。その1

山ノ神ドライブインさんの裏手にある「石割桜」です。
変らずカバの口から飛び出たような風景。


鹿沼市上粕尾の石割桜 山ノ神ドライブインさんの裏デス。その2

でも、
以前来た時より、ちょっとと雰囲気が違うなぁ。。。


鹿沼市上粕尾の石割桜 山ノ神ドライブインさんの裏デス。その3

周りの緑、木々の葉やコケが、
光ってるっ!


鹿沼市上粕尾の石割桜 山ノ神ドライブインさんの裏デス。その5

おおーっ。。。


[今日の石割桜。  ★鹿沼市上粕尾]の続きを読む
山ノ神ドライブイン (栃木県鹿沼市)  その8

渓流沿いの1本道をドンドン走ります→
けっこう遠いんですけれど。
やっぱりあのお蕎麦が食べたくなって。。。

やって参りました「山ノ神ドライブイン」さんです★
「どのくらいかかるの?」とご主人。
2時間くらいかな。。。(汗
「あっそー」

山ノ神ドライブイン (栃木県鹿沼市)  その1

「私が作ったんだけど。。。」
と、おばぁちゃんが出してくれた「きゃらぶき」。
少し硬いかな、なんて心配してくれましたけど、
いやいや美味しい♪
思わず日本酒の熱燗をお願いしちゃいました!
手でつまんでパクッ、お酒をくぴっ。
幸せデス。。。

山ノ神ドライブイン (栃木県鹿沼市)  その2

お蕎麦を待つ間、
奥の向こうの方から、時折、どぉん、どぉん、と音が聞こえる。
お蕎麦を打ってるんですねー。

山ノ神ドライブイン (栃木県鹿沼市)  その3

そのうち、タンタンタンタン、みたいな。
蕎麦切りの音に変りました★
楽しみぃ~♪


[エメラルドグリーンの美味しいお蕎麦♪  鹿沼市★山ノ神ドライブイン]の続きを読む
高崎駅西口。
たくさんの居酒屋さんが集中しているトコですが、
また寄ってしまいました。

「酔屋 羅生門」さん♪
なんだか居心地いいんですよねー。

酔屋 羅生門 高崎の居酒屋さん その1

カウンターに陣取りまして、
さぁ、今夜も酔うぞー★
というわけで、こちらは「お通し」です。
鶏肉とワカメのポン酢和え。

酔屋 羅生門 高崎の居酒屋さん その2

お酒がすごく良心的な価格なんです★
もう、迷うことなくボトルで!

有名ブランド「富乃宝山」。
やわらかいですねー、香りも良いですし。
オンザロックに1cmほどお水を足して。
長く飲むにはこれくらいがちょうど良いかな。
くぴっくぴっ、と。
オイシ。。。

酔屋 羅生門 高崎の居酒屋さん その3

「シーザーサラダ」。
新鮮野菜とひき肉が入った優れモノ。
ドレッシングと思いっきり混ぜていただきましょう。
水菜の食感がすごく美味しいのです。

酔屋 羅生門 高崎の居酒屋さん その4

「大根もち」。
前回お願いしてお気に入りした一品★
カリッ、と、そしてモッチモチ。
お熱いうちにですよね、やっぱり!

焼酎をいただいている間に、日本酒も一杯。
石川県の地酒、菊姫の「先一杯」。
こちらも口当たりやわらかなお酒です。
味があって美味しい。
うむ。。。


[良い酔いな今宵は、酔屋さんで♪ パート2  高崎市★酔屋 羅生門]の続きを読む
雨の粕尾路 その1

粟野川、思川、永野川、と、3つの川が
並ぶように流れている、旧粟野エリア。


雨の粕尾路 その2

このエリアを発見(一方的にこちら側からの視点デス(汗)してから、
なんだか、とても、すごく、気に入ってしまったかも。。。

大越路峠から突き当たりを左折、
思川に沿って、上って行きます。

雨の粕尾路 その3

雨が降っていますから、
水が多いです。


雨の粕尾路 その4

この街道沿いには、小さなお堂がたくさんあります。


[雨が降っていました。粕尾の1本道。  ★鹿沼市粕尾]の続きを読む