ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
伊香保温泉 居酒屋 香 その1

伊香保温泉の夜です。

昼間賑わっていた石段街も、シンと静まりかえっております。。。

なんだか街中貸切みたいでドキドキ~?!
夜の散策のテーマはもちろん、
居酒屋さんを探して!デス(笑

伊香保温泉 居酒屋 香 その3

こちらの路地からは、
美味しそうな雰囲気がただよっておりまする。。。


伊香保温泉 居酒屋 香 その2

こちら♪
「香・kaoru」さん。
深夜まで営業されている居酒屋さんです。
なかなか飲んベエな雰囲気?が出ていて好きですねー。

ささっ、参りまショウ!


[伊香保の夜食は居酒屋さんで♪  渋川市伊香保★居酒屋 香]の続きを読む
伊香保温泉 福一さん その1

やっぱり温泉かなっ?!
そうだよっ、温泉だよっ!
もちろん、もちろんっ、温泉さぁ!

というわけでやって参りました。
伊香保温泉のお宿、「福一」さんです♪

伊香保温泉 福一さん その2

綺麗でゆったりとした和室を用意していただき。。。

さっそくお風呂へGO!→

伊香保温泉 福一さん その3

ゆっくりとつかれるウレシイ湯加減。

すでにビールなどをいただいてますから、

いや~っ、ホント、あ゛、


あ゛~~~。
ふいぃ~。。。




う、

う~~~ん。


ぶくぶくぶくぶく。。。

。。




伊香保温泉 福一さん その4

ひと眠りした後のお食事処にて。
こちらも個室となっています★
福一さんオリジナル、特製「ふく鍋」のコース料理です。

前菜3点。
「マイタケとほうれん草のおひたし」。

伊香保温泉 福一さん その5

「さくらもち」。

伊香保温泉 福一さん その6

「小鯛の土佐酢ジュレ」。


[伊香保温泉 老舗のお宿。  渋川市伊香保★福一 fukuichi]の続きを読む
深夜のラーメン 桐生市 新竹 その1

なんだかその、まったりとした空気に
引き寄せられてしまうんです。。。
上がりのラーメン。

桐生市の「新竹」さんにお邪魔しています。
ふいぃ~、今夜も飲んだなぁ。。。

「おばちゃん、ビールください。」と又、
お通しの冷奴をつまみながら、
冷たぁいビールで喉を潤すわけです♪

深夜のラーメン 桐生市 新竹 その2

「台湾ヤキソバ」。
塩味の餡かけ、デス♪
こ~んなお味が欲しくなるんですよねー。

深夜のラーメン 桐生市 新竹 その3

こうやって、
麺とからませて~。。。

深夜のラーメン 桐生市 新竹 その4

そりゃっ!

深夜のラーメン 桐生市 新竹 その5

ずるっ、ずるっ、すぞぞぞぞー、と♪
熱いですから口の中を火傷しないでね。

ピンがぼけたから
写真が小さいわけではありませんよっ(汗

深夜のラーメン 桐生市 新竹 その6

こちらは新メニューだそうです。
「肉絲湯麺・ルースータンメン」。


[深夜に、上がりのラーメン屋さん♪  桐生市★新竹]の続きを読む
いなり茶屋 伊香保 その1

伊香保温泉石段街から車で数分。
「いなり茶屋」さんにお邪魔しています。

稲荷神社さんのお隣なんですけれど、
こちらのお食事処、
なんとなくお寺さんの宿坊のような雰囲気でもあります。
それでもお客さんいっぱい♪
うむ。

いなり茶屋 伊香保 その2

「すごもりそば」をお目当てにやって参りましたが、
その他にもう一品★
メニューのトップをかざっている「石段カツ定食」を♪
甘味、小付、香の物に、お蕎麦もついたセットメニューの優れモノ。

細めんですが、しっかりとコシがあってオイシイお蕎麦。
あっさりとして、上品なダシ。
すぞぞぞぞぞー、とやっつけましょう★

いなり茶屋 伊香保 その3

こちらが石段カツ。大きいです。

いなり茶屋 伊香保 その4

特性ソースをたっぷりかけて。。。

いなり茶屋 伊香保 その6

群馬県産の豚肉をスライスして、
伊香保の石段のように重ね、柔らかく、ジューシーに揚げました、と
書かれていました。

なるほど衣はガッツリと、中のお肉は柔らかく
脂が甘いです♪

これぞ必殺のミルフィーユカツ!
ですね!


[初めていただきました♪いなり茶屋さんの「すごもりそば」  ★渋川市]の続きを読む
足利市にあるイタリア料理のお店 フォルトゥーナさんです♪ その9

足利市の通りにあるフレッセイ。
1本北側の通り、一方通行の道です。

チョイとパスタが食べたくて、
やって参りました「フォルトゥーナ」さん!
イタリア料理のお店デス。

足利市にあるイタリア料理のお店 フォルトゥーナさんです♪ その2

今回はテーブル席にて。
とりあえず軽めの赤ワイン。そして、
お通しは「イワシのマリネ」です。

ビネガーの刺激が、クンッと鼻をくすぐり
ワインをくぴくぴとあおります♪
お通しの一品ですが、
ボトルが半分なくなってしまいそう(汗。。。
美味しいです★

足利市にあるイタリア料理のお店 フォルトゥーナさんです♪ その3

「シェフのきまぐれサラダ」。

おおーっ!
前回にも増して大きく盛り付けられたビックサラダ?!
野菜、ハム、魚貝がテンコ盛りになった優れモノ♪
サラダなんですけど、素材のボリューム満点。
ワインのお供にサイコーです。
賑やかに楽しめるサラダなのです。


[イカスミのスパゲッティで、また一杯♪  足利市★イタリア料理 フォルトゥーナ Fortuna]の続きを読む
2010年、春の伊香保神社 その1

伊香保にやって参りました!
久しぶりだなー。我ながらけっこうな伊香保好き?

散策もオモシロい、石段温泉街です♪


===案内碑より===
この石段温泉街は、戦国時代の末期、織田信長が天下統一をめざして
武田勝頼と合戦した長篠の戦いの翌年である、
天正4年(1576年)に形成されました。

2010年、春の伊香保神社 その2

それまで、源泉地(湯元)付近にわずかな浴舎がありましたが、
当時、近世伊香保温泉共同体成立の推進者達が、新たに、
湯元より温泉を導き、石段を造って中央に湯樋を伏せ、
左右に整然と区画されたそれぞれの屋敷に引湯して、
滝を配した浴場を作り、温泉宿を経営しました。
こうして石段坂を中心に、当時としては異色の温泉街が形成され、
今日に至りました。
わが国第1号の温泉都市計画であり、
先駆的役割を果たして参りました。
云々。。。


石段に刻まれた与謝野昌子さんの詩。

2010年、春の伊香保神社 その3

石段の一番上には「伊香保神社」さんがあります。
何回目だろ?
けっこうな伊香保好き。。。(笑

2010年、春の伊香保神社 その4

鳥居の前にいらっしゃる「狛犬」クン☆

2010年、春の伊香保神社 その5

そして境内。

2010年、春の伊香保神社 その13

「拝殿」にて、お参りをすませましょう♪

こちらの境内にも石段街の案内がありました。

===案内板より===
石段街のおいたち
古来、伊香保には、湯元源泉地付近に湯屋が一軒ありましたが、
四百年有余前、戦国の時代に、白井城主 長尾輝景の家臣団に
温泉とともにこの地が与えられ、石段を中心とした屋敷が作られました。
各屋敷には、温泉宿を兼ねた「大家・おおや」とこれに付属する
「門屋・かどや」が立ち並び、石段温泉街がつくられていきました。
云々。。。


[伊香保神社と石段街。  ★渋川市]の続きを読む
居酒屋 松 桐生市末広町 その1

ゆ~くり飲みたい、気取らないカウンターで
ぼぉ~と飲みたい。
何気ない普段着の話をお店の人と交わして。

そんな気分の今夜、
桐生市にある「松」さんにやって参りました♪

居酒屋 松 桐生市末広町 その2

桐生駅近くの居酒屋さんデス。
今夜も仕事帰りのサラリーマン、
近くのビジネスに宿泊している方々で賑わっております★

さてさて連れの友人と共にカウンターに陣取り、
先ずは生ビールとチーズの味噌漬け。
しみる1杯。

居酒屋 松 桐生市末広町 その11

ぷふぁーっ!とビールがうまい。

「おいおい、サラダにくっついちゃうよ!」と、
友人の心配をよそに、寄りますよ~。
接写です。

こちらは生ハムサラダ。

居酒屋 松 桐生市末広町 その3

生をやっつけた後は焼酎をお願いしました★
天孫降臨ていうすごいネーミングの芋焼酎。
今夜はロックで。

コロッケは、カリッ、と揚げられて美味しそう♪
どろぉ~りな濃い目のソースが大好きなのです。


[友人と居酒屋さんにて。  桐生市★居酒屋 松 matsu]の続きを読む
榛名山ロープウェイと富士山神社。 ★高崎市 その1

うおっ!(汗

けっこうな速度でグイグイ上がって行きます!
足元は見ないでネっ(汗
そう、遠くを眺めてっ(汗

榛名山ロープウェイと富士山神社。 ★高崎市 その2

榛名山ロープウェイです!
右に榛名湖が見えて参りました。

榛名山ロープウェイと富士山神社。 ★高崎市 その3

もっと向こうには白銀の峰が見えます!

榛名山ロープウェイと富士山神社。 ★高崎市 その4

ロープウェイっていうくらいですから、
綱の道?!
おお~、この鉄の綱だけが頼りですっ(汗
やっぱり高い所は苦手だにゃ~(汗、(汗


=== Wikipediaより ===
索道
索道(さくどう)とは、空中を渡したロープを利用して輸送を行う交通機関である。
ロープウェイ (ropeway)やゴンドラリフト、スキー場などのリフトなどが索道に含まれる。
云々。。。


ひえぇ~。。。

榛名山ロープウェイと富士山神社。 ★高崎市 その5

というわけで、気を取り直しまして。
榛名高原駅から、3分ほどで榛名富士山頂駅です。
こちらには展望台もあったりして
すごく眺めが良いです♪絶景かな。。。

そして山頂に富士山神社。
こちらはその手前にある「遥拝所」。


=== 案内碑より ===
富士山神社由来
このお社は榛名山の南面中腹に鎮座1400余年の歴史を有する
延喜式内社の名社榛名神社の所管する末社の1社です
由緒は不詳ですがこの山が日本の最高峰駿河の富士山に非常に良く似て居り
榛名富士と呼ばれたことから浅間神社と同じ神様が祭られたと思われます
富士山権現と銘ある御正体(お鏡)が榛名神社に保存せられて居ることから
とても古いお社です
頂上が本殿でここは遥拝所です
云々。。。

榛名山ロープウェイと富士山神社。 ★高崎市 その6

右手にある小さな石祠。
中にあるのは御神鏡?手前にいらっしゃる「狛犬」クン♪
ちいさっ!
それでも勇敢な表情です!

榛名山ロープウェイと富士山神社。 ★高崎市 その7

ここより少し、参道を上り
富士山神社へ参りましょう♪


[絶景かな、榛名山ロープウェイと富士山神社。  ★高崎市]の続きを読む
白いたいやき本舗 藤家 ★桐生市 その1

久しぶりの差し入れに嬉しい今日です♪

お。
たいやき~、と書かれてます!
懐かしいお味に、ごたぁ~いめぇ~ん、かな?

白いたいやき本舗 藤家 ★桐生市 その2

ん~。


白いたいやき本舗 藤家 ★桐生市 その3

ん~~。

し、白い。。。


これが噂の「白いたいやき」?!
見た感じもちょっとニアンスが違うなー。

でもたいやきデス!
黒あん、白あん、カスタード、チョコ、抹茶、黒ゴマあん、梅あん、と、
バリエーションも豊富なんですね★

さてさて私が選んだのはどちらでしょう?!


[のびろっ!たいやき君♪  桐生市★たいやき本舗 藤家]の続きを読む
水戸市内より国道51号線を大洗町へ向かってバク進中。

お。

「茨城百景」とな?!
急遽Uターンしまして、GO↓

「ここ真っ直ぐでいいんでしょうか~?」と
地元のおじさんに道を尋ねれば、
「そーだよー、でももう桜ちっちゃったよー」と。

六地蔵寺のしだれさくら 茨城百景 水戸市六反田町 その1

というわけでやって参りました、
水戸市六反田町にある「六地蔵寺」デス★

おおーっ!
少し散っちゃってはいるものの
見事なシダレザクラですねー!
すごいなっ♪

六地蔵寺のしだれさくら 茨城百景 水戸市六反田町 その2

いやいや驚きました★
とてもカッコ良いお庭なのです。

六地蔵寺のしだれさくら 茨城百景 水戸市六反田町 その3

満開だったらさぞかしすごいんだろうなー。。。


六地蔵寺のしだれさくら 茨城百景 水戸市六反田町 その4

六地蔵寺のしだれさくら 茨城百景 水戸市六反田町 その5

六地蔵寺のしだれさくら 茨城百景 水戸市六反田町 その6

=== 案内板より ===
六地蔵寺縁起
~前略~
本寺は大掾氏・佐竹氏・水戸徳川家と代々の領主から厚遇され、
江戸時代には幕府から御朱印を与えられた。
末寺21ヶ寺を有する本山で将軍家・水戸徳川家累代のご位牌を護持する。
旧法宝蔵は光圀の建立。
云々。。。


[茨城百景!六反田の六地蔵尊♪  水戸市★六地蔵寺]の続きを読む
桃井城跡 ★群馬県吉岡町 その1

群馬県吉岡町にある「桃井城」の跡です。

何気なくやって参りましたが、
いやいや少しだけ迷いましたがね。
お城までの目印がほとんどありませんから(汗

高台というのかな?丘の上に建っていたお城です♪
こちらからの眺めは良いですねー。

桃井城跡 ★群馬県吉岡町 その2

反対側は畑となっています。
お城の痕跡って、なんにもないのかな?(汗


=== 案内板より ===
桃井城
ここは南下字大藪の通称城山(じょうやま)と呼ばれる、
標高349.4mの丘陵地である。
南北朝時代、この地に生まれ、足利氏ゆかりの武将桃井直常(なおつね)が
居城を築いたところと伝えられ、桃井城又は大藪城といわれ、
榛東村山子田の桃井城又は山子田城といわれる城と密接な関係にあった。

桃井城跡 ★群馬県吉岡町 その4

直常は弟直信(なおのぶ)と共に足利尊氏に従い、
京都の六波羅探題を滅ぼし、その後尊氏の弟直義(ただよし)に従って
南朝に協力し、播磨守(はりまのかみ)となり、また越中守護となり、
北朝の尊氏方と戦い、晩年は播磨(榛東村)に隠棲したと伝えられている。
城跡は農地開放のため開発が進められ、ほとんど原型を浅していない。
云々。。。

桃井城跡 ★群馬県吉岡町 その3

城主であった桃井直常さんて、もとは足利氏の方だったのですねー。
足利の大日様、鑁阿寺を建立した足利義兼さんのお孫さん・足利義胤さん。
この方が「桃井」の姓を名乗ったことから始まるのだそう。
すごいなっ。


足元にあった穴のあけられた石↑
これぞ、お城関係のなにかが立てられていた跡?
と思ってしまうのは、やはり病気?(笑


[足利義胤さんから桃井さん!  群馬県吉岡町★桃井城跡]の続きを読む
Lilac カフェ&ダイニング みどり市笠懸町 その3

えっ?!
こんなトコに、こんなお洒落なカフェダイニングがあったんだ?!

ちょっと寄って行きません~?
と、いうわけでお邪魔しています、
みどり市にあるカフェ&ダイニング「Lilac・ライラック」さんです♪

Lilac カフェ&ダイニング みどり市笠懸町 その2

レストラン&バー。
とても綺麗な店内は、シックなテイストでとても落ち着きます。

お任せで何品かお願いして。
グラス白ワインを2杯ほど。。。

Lilac カフェ&ダイニング みどり市笠懸町 その1

ドライバーをかって出てくれた友人は、
オイシそうに前菜をほおばる私を横目に
ジンジャーエール、そしてアイスコーヒーを。。。

「まぁ、君がお酒好きなのは知ってるョ。
でも僕も飲めないわけぢゃないしさ。。。」
と、時折ボディブローを入れてくる彼ですが。。。


[カフェ&ダイニング。&シミュレーションゴルフ♪  みどり市★Lilac ライラック]の続きを読む
南下古墳群 群馬県吉岡町 その2

=== 案内板より ===
南下A号古墳
本古墳の所在する丘陵にはかつて40基を超える古墳があり、
町内でも有数の古墳群を形成していた。しかし、時代の波とともにその数は減少し、
今は僅か9基を残すのみになっている。
これらは南下古墳群として県内外に知られ、
本古墳とB号古墳の2基は町史跡に指定されている。
9基の内5基の古墳は開口し、石室の構造や石材の利用方法等の違いを見るのに適している。

本古墳は、陣場岩屑流と呼ばれる流山の南斜面中腹に構築された山寄せ式の古墳である。
墳丘は2段構築で、非常に丈が高い円墳と推定されている。
墳丘の規模は径20~27m、高さ約4mである。
葺き石及び埴輪の有無は明らかでないが、埴輪についてはその破片すら発見されておらず
存在しない可能性が高い。周溝等外部施設については
発掘調査をへていない現在不明と言わざるをえない。

南下古墳群 群馬県吉岡町 その3

石室は真南に開口する両袖型横穴式石室で、
截石切り組積の手法を駆使した極めて美しいものである。
石材には主に角閃石安山岩を用い角は全て直角に加工し、
随所に切り組の手法を取り入れている。
羨道と玄室の境に据えられた玄門及び冠石の加工技術の優秀さは
その水準の高さを物語っている。
玄室の壁面は最終的に漆喰で塗りこめられていたらしく所々にその痕跡を残している。
石室の規模は羨道長3.25m、幅1.58m、高さ1.55m、
玄室長3.25m、幅2.4m、高さ2.4mである。

近年玄室及び羨道の壁面に石材加工、
壁対構成の際の作業線と推定される朱線が発見され注目されている。
朱線については本古墳の北約60mに所在するE号古墳にも発見されている。

本古墳は古い開口のため年代の手がかりとなる出土遺物の所在は明らかでないが、
石室の構造及び企画、また石材の加工法等から7世紀末葉の古墳と推定されている。
云々。。。

南下古墳群 群馬県吉岡町 その5

===
南下B号古墳
本古墳は、相馬山の山体崩壊による流山とみられる丘陵上に形成された古墳群の内の1基で、
周辺には本古墳を含め9基の古墳が所在している。
本古墳は、この丘陵端部の南斜面中腹に山寄せされた円墳と考えられている。

墳丘規模は未調査のため明確でないが、石室前の町道南まで及んでいる可能性があり、
径にして約30m、高さは約6mと推定されている。
墳丘における葺き石、埴輪の設置、また周溝等の外部施設の存在については現在明らかでない。

南下古墳群 群馬県吉岡町 その4

石室は主に自然石を乱石積みした横穴式両袖型石室だが、
玄室の壁面に一部削石を用いたり切組の手法を取り入れたりした部分が見られる。
また羨道と玄室の境には見事に加工された重量感のある玄門が据えられている。
一方の玄門上部には冠石を受けるための切り込みがつけられている。
壁体の石材は腰の高さまで垂直に積まれるが、
その上は大きく内側に転び天井の幅を著しく狭めている。
壁面は歪や食い違いのため整正さに欠け、やや不安定な感じをうける。
石材どうしの隙間には漆喰を塗りこめていたらしくその痕跡をよく残している。
石室の規模は羨道が長さ3.74m、幅1.4m、高さ1.2m、玄室が長さ3.45m、
幅2.5m、高さ3mあり羨道に比べ天井が極端に高い。
このため羨道をくぐって玄室に入ると広々とした大きな空間に出た感じがする。

出土品については古い開口のため所在は全く判っていない。

古墳の年代は、石室構造や石材の加工からみてA・E号墳に先行する時期と考えられ、
7世紀中頃の築造と推定されている。
云々。。。


[南下古墳群 minamishimo  ★群馬県吉岡町]の続きを読む
10年4月のエビ君 その1

エビ君の記事。
あれれ、年が明けてから初めてかな。

ずいぶんとさぼりましたねー(汗

10年4月のエビ君 その2

ここのところ水温も上がってきまして、
(ヒーター無しです(汗。。。)
抱卵する固体がちらほら出て参りました♪

この前オスがびゅんびゅん飛び回ってましたからねー。

10年4月のエビ君 その4

お。
そこにも。


[10年4月のエビ君]の続きを読む
三宮神社 伊香保神社の里宮です。 その1

1年半ぶりにやって参りました、
吉岡町にある「三宮神社」さんです!

あれからずいぶん、神社さん巡ったなぁ。。。
当時は由緒を見たりしても、内容が良くわかっていなかったかも(汗
最近はいろいろ見るようになって。。。

三宮神社 伊香保神社の里宮です。 その7

歴史のある神社さんなんですよねー、ここ。
「上野国神名帳」や「神道集」なんかが
気になるようになってますから、
友人からは、
「君は、ほとんど病気だね?」と冷やかされます(笑

三宮神社 伊香保神社の里宮です。 その2

=== 境内の外にあった案内板より ===
三宮神社
当社は、天平勝宝2年(750)の勧請と伝えられ、また
「神道集」(14世紀頃の天台系説話集)に
「女体ハ里ヘ下給テ三宮渋河保ニ御座ス、本地ハ十一面也」とあり、
伊香保神社の里宮とする説がある。

総欅造り銅版葺の本殿は、嘉永元年(1848)の改築で
明治以降その他の社殿も増改築された。

御神体は一木彫りの十一面観音像で、像長90cm、
右手は施無畏(せむい)に作り、右手には宝瓶を持つ丸木彫りの
地方的素朴なもので室町時代の作と推定されるが、
江戸末期に塗り変えられて極彩色である。

例祭には、獅子舞、太々神楽が奉納され、
大祭には大久保の各町内から屋台(山車)が曳出されて賑わう。
云々。。。

三宮神社 伊香保神社の里宮です。 その3

こちら「本殿」です。
凝った装飾がされているわけでもないのですが、
なんだかカッコ良いです♪雰囲気いい★

境内にあった案内碑より↓
前回の記事中でも紹介しましたが。


=== 案内碑より ===
三宮神社由来記
吉岡村大字大久保字宮の地に鎮座する三宮神社は
天平勝宝二年創祀の伝承をもつ古名社で
彦火々出見命 豊玉姫命 少彦名命の三柱の神を奉斉している
当社を三宮と称する所以は三柱の神を祭るためでなく
上野国三之宮であったことによる
九条家本延喜式神名帳には上野国三之宮は伊賀保大明神とあり
当社はその里宮の中心であったと考えられる


[伊香保神社の里の宮  群馬県吉岡町★三宮神社]の続きを読む
桐生 賀茂神社 春季大祭 おろち退治の舞 その1

桐生市にある賀茂神社です。


桐生 賀茂神社 春季大祭 おろち退治の舞 その2

以前来たのは「御篝神事」の時ですねー。
いつ来ても、とても良い雰囲気の神社さん♪


桐生 賀茂神社 春季大祭 おろち退治の舞 その3

「ご神木」。


桐生 賀茂神社 春季大祭 おろち退治の舞 その4

今夜は春の例祭。
「おろちの退治の舞」という演目の
奉納神楽が行われています。


桐生 賀茂神社 春季大祭 おろち退治の舞 その5

高天原を追放されたスサノオノミコトが、出雲の国に降り立ち、
ヤマタノオロチから奇稲田姫を救ってあげたというお話。。。


[桐生、賀茂神社にて。おろち退治の舞、そして桜。。。  ★桐生市]の続きを読む
幻踏神楽灯~ゲントウカグラアカリ~ 工藤丈輝さん 石坂亥士さん

工藤さんと石坂さんの舞台がいよいよ桐生に上陸するっ!

このお2人の舞台。
私もまだ拝見したことがないのですごーく楽しみなんです♪

工藤さんは、かつてあの「山海塾」で活躍されていた舞踏家で、
現在はソロ。
ただ今オランダ公演の真っ最中とか。
帰国後、石坂さんと舞台を作り上げていくのだそうです。
すごいなっ!

これはもう観るしかないっ。
さぁ、皆で行ってみよーっ!
イチオシです。。。


「幻踏神楽灯 ゲントウカグラアカリ」
日 時/2010年5月15日(土) 18:30開場、19:00開演
日 時/2010年5月16日(日) 13:30開場、14:00開演
会 場/桐生市有鄰館 酒蔵
チケット/前売3000円 当日3500円
出 演/工藤丈輝(舞踏)、石坂亥士(神楽太鼓、パーカッション)


お問い合わせ・ご予約
TEL/0277-54-7298
Eメール/kaguradrum@dragontone.org



亥士さんのブログはこちらから
Dragontone
以前のLiveはこちらから。
体で感じる神楽太鼓!  桐生市★石坂亥士さん、新春ライブにて。

桐生市有鄰館 酒蔵
@群馬県桐生市本町2丁目

鷲城跡 ★小山市 その1

小山市にある「鷲神社」さん。
鳥居の手前、参道入り口にある「虎口」の表示板。
そうなんですねー、
この場所はかつてあった小山氏ゆかりの城、
「鷲城」の跡地でもあるのです♪

鷲城跡 ★小山市 その5

こちらの図面は南が上になってますネ!

鷲城跡 ★小山市 その2

=== 案内板より ===
史跡 鷲城跡
康暦2年(1380)から永徳元年(1382)にかけて
小山氏10代の義政(よしまさ)は、3次にわたって関東公方(足利将軍家の分家)
足利氏満(うじみつ)の軍勢と戦いました。
「小山義政の乱」といいます。

この乱の原因は、勢力を拡大した小山義政を抑圧しようとする
氏満の策謀があったとされ、その指令を受けた関東各地の武士たちが、
小山に攻め寄りました。
最初の蜂起で館(神鳥谷の曲輪か)を攻められた義政は、
2度目の蜂起となる康暦3年には鷲城に立て籠もって戦います。
しかし義政は結局破れ、その翌年粕尾(粟野町)で自殺しました。


[神鳥谷 hitotoyaの城は小山の居城  小山市★鷲城跡]の続きを読む
鷲神社 ★小山市 その1

小山市にある「鷲神社」にやって参りました♪
同じく、小山義政さんゆかりの
「鷲城」の跡地にある神社さんです。

鷲神社 ★小山市 その2

「鳥居」からずぅっと。

鷲神社 ★小山市 その3

向こうまで続く、
ず~うっと、参道。
意外にあります。200mくらいあったかな?
歩いてでも良いのですが、
車も乗り入れ出来ますから、ひと安心★

鷲神社 ★小山市 その4

お手水と、

鷲神社 ★小山市 その7

拝殿前の「狛犬」クン。

アゴ髭がなんともハードボイルドですネ♪
落ち着いた印象の渋い系。


[鷲城跡の鷲神社  ★小山市]の続きを読む
桐生市の居酒屋さん おち。 2010-4 その1

桐生市にある「おち。」さん。
最近お邪魔頻度高いかな?
なんとなくゆっくりしてしまう雰囲気。
いつもの通り、カウンター左から2番目の席です。

「お通し」。
焼きスルメと長イモ、
キュウリと、ちょっとだけ柚子を和えたもの。
シンプルながら美味しくて、
生ビールを一気にやっつけてしまいました!
お替りしたくなるお通しって嬉しくありません?!

桐生市の居酒屋さん おち。 2010-4 その2

「豆乳入りおぼろ豆腐」。

桐生市の居酒屋さん おち。 2010-4 その3

前回もお願いしたお気に入りメニュー♪
お腹にやさしそうだし、太らなそうだし(汗
淡白だけれどコクもある~、みたいな。
ほんのりあったかいお豆腐が好きデス。

桐生市の居酒屋さん おち。 2010-4 その4

ドイツ風ソーセージの、
「クラカウアー」と「チーズクナッカー」。
こちらも前回お願いした、お気に入りメニュー♪
ハマッテます★

クラカウアーはスパイシー、
豚肉の旨味とトロリとしたチーズでコクのあるのが
チーズクナッカー。
どちらも本格派ですね!


[いつも通り、カウンター左から2番目にて。  桐生市★おち。]の続きを読む
祗園城跡の大銀杏 ★小山市 その1

祗園城の跡でもある、小山市の城山公園。

園内に立っている大きな木々の中でも、
ひと際目を引くヤツがいたっ!

でかいな~★
それになんだか複雑な幹の形。。。

「城山公園の大いちょう」デス。

祗園城跡の大銀杏 ★小山市 その2

=== 案内板より ===
公孫樹・こうそんじゅ(イチョウ)
公孫樹とはイチョウの漢名。このイチョウは漢名で呼ばれている。
また、樹形の大きいことから、「城山公園の大いちょう」とも呼ばれ、
市民に親しまれている。


[祗園城跡の大銀杏  ★小山市]の続きを読む
祗園城跡 ★小山市 その1

小山市にある「城山公園」。
お花見、桜が有名な公園ですねー。

この公園、かつての小山氏の居城、
「祗園城」の跡地が整備されたもの。

公園内は今でも、曲輪(くるわ)の跡、堀、曲輪と曲輪を渡す橋、と
当時の城の区画が残っています♪
堀なんて、けっこう深かいんですねー。

祗園城跡 ★小山市 その6

=== 案内板より ===
小山城址案内
小山城(祗園城ともいわれる)は小山駅の西方500m、
思川東岸の台地上にある南北に長く西側は思川の侵触によって
切りたった崖になっていて、天然の要害をうまく利用している。
~中略~

祗園城跡 ★小山市 その2

小山氏は関東有数の豪族領主として知られ
初代政光以来鎌倉幕府内で勢威を張ってきたが、
第11代義政にいたって関東官領足利氏満に叛したため滅亡した。
やがて、室町幕府の配慮により、同族結城氏から基光の次男
泰朝が小山に入って第2次小山氏の祖となった。

泰朝はおそらくこの城址の一郭に居をトしたと考えられるが
場所不明。その後第3代持政のとき、時勢にかんがみて
大いに拡張整備された模様である。
動乱の戦国時代の末期、第9に政種は小田原の後北条氏に加担したため
豊臣秀吉の怒りに触れ、没収追放の身となり、
天正18年(1590)7月第2次小山氏も亡びた。
云々。。。


[城山公園はGIONの城跡  小山市★祗園城跡]の続きを読む
かりんとうまんじゅう by 角田製菓 その1

「かりんとうまんじゅう」。

こののぼり旗を見て、BECCANの触角が
動かないはずはありません!

川原湯温泉の帰りに寄った「角田製菓」さん。
実は前から気になっていたんです♪

かりんとうまんじゅう by 角田製菓 その2

「かりんとうまんじゅう」。

店内に入ると、かりんとうまんじゅうのパック詰めが。

かりんとうまんじゅう by 角田製菓 その3

「かりんとうまんじゅう」。

そう、これがかりんとうまんじゅう。
ちょっとしつこいですか(汗。。。


[カリントウだけど、おまんじゅう!角田製菓さんのかりんとうまんじゅう♪  ★群馬県吾妻郡]の続きを読む
川原湯温泉 水車とムササビの宿 山木館 その1

長野原町、川原湯温泉にやって来ました♪
以前より気になっていた温泉の街なのです。

今回は、日帰り入浴の出来る「山木館」さんへ。

個室休憩の出来る日帰り入浴プランです。
なんと、12畳もある広い和室に通して頂きました!
先ずは一杯♪
冷蔵庫からビールを拝借?し。。。
んぐんぐんぐぐ~。。。
ぷふわぁーっ!

川原湯温泉 水車とムササビの宿 山木館 その3

露天風呂にも入りましょ!

空や山を眺めながら、ボ~~~ッと。。。
お風呂はちょうど良い温かさ。
顔や肩に触れる空気はピンと冷たくて、
すご~い開放感!

川原湯温泉 水車とムササビの宿 山木館 その4

すご~く気持ちいい♪

ぶくぶくぶくぶく。。。



川原湯温泉 水車とムササビの宿 山木館 その8

十分温まったところで、一旦休憩。
またまたビールをやっつけて、
ちょっぴりのお昼寝タイムデス。

。。。

。。




そして、内風呂。

お湯を張ったばかりの、アツアツの湯船。
お水を足して、どうにか入れる熱さまで!
ピリピリ熱さが伝わって来て、これもまた
何だか楽しいんですよね~。

泉質は、含食塩石膏硫化水素泉で、とっても温まります。
肌荒れ、胃腸病に効果があるそうですョ。


[川原湯温泉にて。水車とムササビの宿  群馬県長野原町★山木館]の続きを読む
足利市の洋食屋さん★デリスさんに行って来ました!その1

今夜の徘徊(汗、
スタートがとても早くて、いやいや
もう2件目となります。ライトオーダー間近っ!
すべり込むようにお邪魔したのは「デリス」さん★

席に通されると同時にお願いした白ワイン。
「ゆっくりして行ってくださいね~♪」と、
嬉しい声をかけてくれるマダムなのです。

足利市の洋食屋さん★デリスさんに行って来ました!その2

最近、我ながら良く食べマス(汗、(汗
ほのかな酸味と果実味のある白ワインに合わせて
「ポテトサラダ」を。

いつも美味しい、というか、
ここのところ毎回お願いしてるかも。。。

足利市の洋食屋さん★デリスさんに行って来ました!その3

こちらも(汗、(汗

「オニオングラタンスープ」です。

足利市の洋食屋さん★デリスさんに行って来ました!その4

前回も、前々回もかな?
かなりはまっています。
あっつあつでチーズがとろぉ~り♪
タマネギもホント飴色でとろっとろ♪

「また同じぢゃないの?」と、
友人には言われてしまいますが、好きなんだから
いーぢゃないですか、ネ?


[やわらかお肉のポークカレー  足利市★洋風料理 デリス]の続きを読む
赤城南面千本桜 群馬県前橋市苗ケ島町 その1

昼間とても暖かかったので、
一気に行っちゃうんじゃないかな~?なんて
思ったら吉日です!

こちら赤城の南面、苗ヶ島町にある千本桜。
「赤城南面の千本桜まつり」会場の桜並木です♪

赤城南面千本桜 群馬県前橋市苗ケ島町 その2

夜桜には~。。。


あ、やっぱり。
チョイと早かったかなー。

こんな感じ。。。

赤城南面千本桜 群馬県前橋市苗ケ島町 その3

「赤城南面の千本桜まつり」は18日(日まで。
開花の状況で前後することもあるみたいです。

午後9時過ぎまでライトアップされている桜はとても綺麗★

今週末くらいかな?



以前の桜はこちらから。
城之内公園 桜まつり 2010  ★邑楽郡大泉町
千歳さくら祭り 2010 ★足利市
庚申塔と枝垂桜  ★足利市
赤城南面の千本桜 2008
さくら_SAKURA_これで見納め。

赤城南面千本桜
@群馬県前橋市苗ヶ島町

そば処白糸の滝 ★群馬県吾妻郡 その1

「ちょ、ちょっと、絶対ゆらさないでねっ(汗
押したら怒るからねっ(汗、(汗、」
と、命がけで撮った写真。
(ちょっと大げさですか?)

そば処白糸の滝 ★群馬県吾妻郡 その2

吾妻郡長野原町の、「そば処 白糸の滝」さんにやって来ました。
今回で2回目♪

吾妻川に2段で流れ落ちる、
白糸の滝の目の前にあるお蕎麦屋さんです。
綺麗な渓谷なんですよ~、ここ。

こんな風景もご馳走なんです。

そば処白糸の滝 ★群馬県吾妻郡 その3

座敷の一番奥に座り、お願いしたのは「麦とろそばセット」。
ここからは、僅かに白糸の滝を望むことが出来ます♪
お気に入りの席です★

そば処白糸の滝 ★群馬県吾妻郡 その4

たっぷりのとろろとお蕎麦をメインに、
冷奴やお新香など、ボリュームのあるセットメニュー。

麦ご飯は おひつで出て来ます。
自分でよそいながらというのも、ちょっぴり楽しいですよね♪
思いっきり大盛りで行っちゃいそう。。。(笑

そば処白糸の滝 ★群馬県吾妻郡 その5

こちらが「麦とろそばセット」です☆


[オイシイ景色と、TOROROMESHI。  群馬県長野原町★そば処 白糸の滝]の続きを読む
城之内公園 桜まつり 2010 大泉町 その1

群馬県大泉町にある「城之内公園」にやって参りました!
室町時代に築かれたお城「小泉城」の跡です。

さぁさぁ、夜桜を楽しもうではありませんか?!
ワクワク。。。

城之内公園 桜まつり 2010 大泉町 その2

屋台のお店もいろいろ出ていましたが~、

やっぱりたこやき!、かな?

城之内公園 桜まつり 2010 大泉町 その3

ぷっくりとした桜の花。

こちらの見所は。。。


なんと言っても。

城之内公園 桜まつり 2010 大泉町 その4

なんと言っても!?


[城之内公園 桜まつり 2010  ★邑楽郡大泉町]の続きを読む
川原湯温泉の川原湯神社 その1

情緒豊かな、癒しの温泉、川原湯温泉。
この温泉街の鎮守様であります「川原湯神社」さんです。

お湯を掛けあう奇祭、「湯かけ祭り」で有名かな。
太くて立派な「鳥居」デス。

川原湯温泉の川原湯神社 その2

鳥居のすぐそばに「足湯」があります。
誰でも利用できる優れモノ★
近くの宿屋で玉子をゲットし、こ~んな風に
セルフで温泉玉子が作れます♪

これ誰のだろ?食べちゃうぞー(笑

川原湯温泉の川原湯神社 その3

社殿まで上がる石段の脇には、
石塔、石仏、観音サマ、

川原湯温泉の川原湯神社 その4

それに、
道祖神さんたちが並んでいます。

川原湯温泉の川原湯神社 その5

どこからか集められてきたものなのかな?
しかし、川原湯界隈には
道祖神さんがたくさんいらっしゃいますねー。

右の方はどこかで見かけたような。。。
いますよね?こんなオバちゃん★


[川原湯温泉の鎮守さま♪  群馬県長野原町★川原湯神社]の続きを読む
足利市千歳桜まつり 2010-4 その1

足利市の千歳町、袋川沿いの夜桜です。
昼間はなにやらイベントが行われてたのかな?

「千歳さくら祭り 2010」!!

足利市千歳桜まつり 2010-4 その2

こんな感じ。

足利市千歳桜まつり 2010-4 その3

こ~んな感じです♪

足利市千歳桜まつり 2010-4 その4

菜の花とのコントラストもすごく綺麗★


[千歳さくら祭り 2010 ★足利市]の続きを読む