FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
ほのぼのとした道祖神 その1

上湯原稲荷から、少しだけ山道へ入った道端に、
双体道祖神がありました♪

ほのぼのとした道祖神 その2

肩を組んで仲睦まじく、道行く人や川原湯の町を
守っているのですネ★


[川原湯温泉のアベック地蔵  ★群馬県長野原町]の続きを読む
染・陶 二人展 in カフェギャラリー 櫻の園 足利市

足利の奥座敷、松田川ダムふれあい広場の手前に、
満開の桜並木を背にして、
カフェ・ギャラリー櫻の園がリニューアルオープンします。
ここで染色の田尾秀男、陶の金田晃2人の初の合同展を開催します。
長年、独自の世界を発表してきた2人の交錯する作品達を、
自然の中でお茶をいただきながらお楽しみ下さい。


というわけで、もう開催中なんですね!
場所は、あそこのYの字になってるトコです。
なかなか楽しみじゃありません?!
さぁ、皆で行ってみよーっ!


「田尾秀男・金田晃 二人展」
日 時/2010年4月2日(金)~4月11日(日)
日 時/10:00~18:00
会 場/カフェギャラリー 櫻の園



カフェギャラリー 櫻の園
@栃木県足利市松田町2688

川原湯温泉の稲荷神社 その1

群馬県吾妻郡にある川原湯温泉。
数分で通り過ぎてしまう、小さな小さな温泉街です。

この温泉街のはずれ、山道に入る手前に
「上湯原稲荷」神社さんがありました。

小さな朱色の「鳥居」が見えます。
ささっ、登ってみましょう。。。

川原湯温泉の稲荷神社 その2

細くて急な登り坂。
小さなお堂がありました。

川原湯温泉の稲荷神社 その3

お堂の中にはお社が二つあり、その周りには小さなキツネ君が
わんさかと並んでいます。
真ん中のカマドには、ちょっぴり古びた鍋のような物が
置かれていますが、なんだろ?
何かに使われているのかな?。。。


[温泉街のはずれにあったお稲荷さん♪  川原湯温泉★上湯原稲荷]の続きを読む
高崎駅西口に降り立った私。
居酒屋さんが呼んでいるっ。。。
ふらふらと歩いて5分ほど。やって参りました、
「酔屋 羅生門」さんデス。

人気のお店とあってすでに賑わっております。
空いていたカウンターの席をGET★
深めの椅子でヒジョーに座り心地が良いです。
これは酔っ払ってしまうかな?(笑

酔屋 羅生門 高崎市 その1

さっそくですが、「吉兆宝山」をボトルで。
なんとも良心的な価格で飲んベエにはウレシイ限り。
ロックアイスの他に、〝やかん〟でお水を。
メニューにもある、この「やかんで水」には正直感動しました!
カウンターに出しゃばることなく、しかし
さり気なく存在をアピールしてくれる〝やかん〟。
豪快さと繊細さを併せ持ったセンスに脱帽です★

酔屋 羅生門 高崎市 その2

「海鮮山芋サラダ」。
山ほど乗ったカツオブシの下からは、

酔屋 羅生門 高崎市 その3

たくさんの野菜、マグロやいろいろの魚貝と
ガッツリといただけるようにカットされたブロック状態の山芋♪
千切りも好きだけど、ガッツリな山芋も美味しいですよね。
すったのも好きだけど(笑

酔屋 羅生門 高崎市 その4

本日のオススメは「カツオのお刺身」。
もっちもちしていて美味しいデス。
お魚をはじめ、海鮮メニューも豊富でした★
ちなみに、にぎり寿司もあるんですよねー。

酔屋 羅生門 高崎市 その5

「馬刺し」。
~霜降りじゃなくて赤身~、と書かれていましたが、同感!
とろけるような食感の霜降り肉も好きですが、
赤見をガッツリいただくのも好きなのです。
今夜はショウガで。
ぱくっぱくっ、と止まりません♪
焼酎がいい感じにしみるなぁ~。


[良い酔いな今宵は、酔屋さんで♪  高崎市★酔屋 羅生門]の続きを読む
鳥頭神社 吾妻郡吾妻町 その1

群馬県吾妻郡、吾妻町。
「神代杉」を拝見した後は「鳥頭神社」です。
鳥の頭と書いて「とっとう」と詠むらしいデス。

「鳥頭宮」の額が掛かった「鳥居」。

鳥頭神社 吾妻郡吾妻町 その2

正面に見えるのが「拝殿」。

鳥頭神社 吾妻郡吾妻町 その3

「狛犬」クンもいらっしゃって、

鳥頭神社 吾妻郡吾妻町 その4

左に「神楽殿」。


=== 案内板より ===
鳥頭神社由緒
創建年月不詳伝承によると吾妻7社の1社で
建久年中(1190)の建立と伝えられている。
古来武将郷民の信仰が厚く、元亨年間1321岩櫃城主吾妻太郎行盛が
社殿を改修したという。

鳥頭神社 吾妻郡吾妻町 その7

延文3年(1351)京都安居院で編集された「神道集」によると、
父が加若和利、母子持御前の御子トツキ東宮を祭った神と記されている。
叔父藤原成次は元、上野国目代(次官)で、この地に住居し
中世は吾妻荘西条岩下村と称した。

鳥頭神社 吾妻郡吾妻町 その6

戦国末期は岩櫃城主斎藤氏の庇護を受け、
永禄6年(1563)10月斎藤氏滅亡後同9年
海野幸光同輝幸は信玄の吾妻領の郡代となり天正6年(1578)
海野長門の守幸光は武田勝頼に忠誠を顕すため、
鰐口を奉納したが、その後盗難により現存しない。


[鳥頭と書いて「とっとう」と詠む!  吾妻郡吾妻町★鳥頭神社]の続きを読む
鳥頭神社の神代杉 その1

「神代杉」デス。
東吾妻町、矢倉の鳥頭(とっとう)神社さんの境内にあります。

鳥頭神社の神代杉 その2

=== 案内板より ===
神代杉の由来
そもそも神代杉(一名親子杉とも言う)は、その昔
日本武尊御東征のみぎりお手植されたと言い伝えられ、
以来幾千歳うっ蒼たる神域を近隣に誇りしが、
寛保2年(1742年)草津への旅人一夜をこの大杉の虚にて暖を焚き、
その失火により神代杉は半枯の状態になりしとか。

鳥頭神社の神代杉 吾妻郡吾妻町 その5

その後天明3年(1783年)浅間山噴火による熱泥流は、
再びこの神代杉を厄火に包みたり。

ときに龍徳寺住職円心和尚は、その焼失の危機を憂慮し
神代杉を後世に残さんと余燼のくすぶる中
己れが危険を侵し十米の高所より切倒してその祈念を果たし、
今の世に往時の面影を残存したると言う。


[長生きしてるね、お杉さん♪  吾妻郡東吾妻町★鳥頭神社の神代杉]の続きを読む
一宮神社@群馬県吾妻郡東吾妻町金井

中之条町の南を走る県道?35号線。
セーブオンがあってぇ、この辺りを左に曲がるんだけど。。。

と、ありましたありました!
「一宮神社 ichinomiya」さん♪

一宮神社@群馬県吾妻郡東吾妻町金井 その8

境内、入ってすぐに「水盤」。

地図を検索していますと、
「へえ~、こんなトコに一宮があるんだぁ?」というのと、
おお~っ!近くに廃寺跡もあるじゃないですか?!
「金井廃寺跡」。

こんなご馳走だらけの所、
行かないわけはないっ?!
思い立ったら吉日なのデス★

一宮神社@群馬県吾妻郡東吾妻町金井 その2

というわけでこちらは「拝殿」。

一宮神社@群馬県吾妻郡東吾妻町金井 その3

そして「本殿」。


う~ん。
こちらの神社さんも案内や資料が無いので
詳細に触れることが出来ません!
廃寺跡も含めて、ヒジョーに歴史がありそうなんだけど、
がっくし。。。


[一宮神社と金井廃寺跡。  ★吾妻郡東吾妻町]の続きを読む
韓国料理の美味しいお店〝 パート3〟桐生市★MATSUYA その1

先日もお邪魔したのですが、
なんなとなく、あの辛さが忘れられなくて。。。。
軽い中毒?!(笑

桐生市の「MATSUYA」さんデス!
今回もテーブル席を乗っ取りまして、
さぁ、飲もう、食べましょうー!

韓国料理の美味しいお店〝 パート3〟桐生市★MATSUYA その2

ぐいぐいと喉をうるおしてくれる生ビールと、
先ずは「和牛レバー刺」。

あれば必ずといっていい程お願いします。
けっこう、いや、かなり、とても好きです★
コリコリしていて鮮度抜群。
チョイとショウガを添えてゴマ油でいただきます。

韓国料理の美味しいお店〝 パート3〟桐生市★MATSUYA その3

「海鮮チヂミ」。
大きくてブ厚いチヂミ。ボリュームあります!
野菜たっぷり、魚貝もたっぷり、
すんごいモチモチしていて
弾力があるんですねー♪

韓国料理の美味しいお店〝 パート3〟桐生市★MATSUYA その4

この特性のタレにつけて
韓国ノリを巻いていただきます。
ナニゲに止まらなくなってしまうから恐いっ。
美味しいです☆

韓国料理の美味しいお店〝 パート3〟桐生市★MATSUYA その5

今夜のお鍋は「カムジャタン」。
ジャガイモと豚の背骨が入った、
スープのようなお鍋です♪


[韓国料理の美味しいお店〝 パート3〟  桐生市★MATSUYA]の続きを読む