ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
那須 五峰餅 2

那須からの客人に頂いた「五峰餅・ごほうもち」。

袋を開けた瞬間♪
きな粉の香りが良いですね~。

いくつでも行けてしまいそう。。。
どうしましょう!

[那須の五峰餅をいただきました♪]の続きを読む
桐生市街地を抜けて梅田方面へ。
以前お邪魔しました「Molly's Tea room」さんの反対側。
星野氏の工房、「桐生和紙」へやって参りました!

桐生和紙 2

ここだねっ♪

桐生和紙 3

小さなお店の中に入ると
所狭しと紙が並べられています。

[桐生和紙を堪能する。。。  ★桐生市梅田町]の続きを読む
2009年3月のエビ君

エビ君の記事も久しぶりとなっていました。
春の足音が聞こえてくると、
抱卵する個体もチラホラ出てきたようです。

しかし、エビ君のアップの画像って
何回見ても面白いですよねー。
ソイルもそろそろ交換かなー。。。


以前のエビ君はこちらから。
09年1月のエビ君
二宮赤城神社 前橋市 1

前橋市にある「二宮赤城神社」にやって参りました。
二之宮町にあって、
「三夜沢赤城神社」の元宮だったと云われる神社さんです。
大沼湖畔にある大洞赤城神社、三夜沢赤城神社とともに
延喜式、論社のひとつです。

二宮赤城神社 前橋市 3

朱色の鳥居から参道はこんなアプローチ。
すぐ右手に「鐘楼」があります。
神仏習合時代の足跡を強く残している神社さん。

二宮赤城神社 前橋市 2

「随神門」と
「神代橋・しんだいばし」と呼ばれる神橋。

二宮赤城神社 前橋市 4

手前にある「石燈籠」は、

二宮赤城神社 前橋市 5

ちっさいお相撲さんみたいな彼らが担いでいます。
どこかユニーク。。。

二宮赤城神社 前橋市 7

そして、「拝殿」です。

二宮赤城神社 前橋市 6

「狛犬」クン。

[二宮赤城神社に行ってきました!  ★前橋市]の続きを読む
アトリエ 手づくりドーナツのお店 桐生市 1

BECCANオフィスに届けられた揚げ団子、
ならぬ、真ん丸のドーナツ。

砂糖がたっぷりまぶしてあって素朴で懐かしい!
まだ、ほんのりとあったかい♪

[手づくりドーナツのお店  桐生市★アトリエ]の続きを読む
史跡 上野国分寺跡 前橋市 1

=== 案内板より ===
「上野国分寺の建立」
奈良時代天平13年(741年)に、聖武天皇は国の安泰を願うため
国ごとに僧寺と尼寺をつくることを命じられました。
これは「国分二寺」と呼ばれていましたが、
後に七重塔をもち規模の大きい僧寺が「国分寺」と呼ばれるようになりました。

史跡 上野国分寺跡 前橋市 2

当時、現在の群馬県は上野国と呼ばれていましたが、
国分二寺は国府(現在の県庁にあたる)の北西に、
西に僧寺、東に尼寺が並ぶように建てられました。

史跡 上野国分寺跡 前橋市 3

歴史書によると、上野国分寺は碓氷郡や勢多郡の
豪族の協力により、750年頃には主な建物が完成したようです。
これにより、全国の国分寺の中でも最も早い時期に
姿が整ったことがわかります。

史跡 上野国分寺跡 前橋市 4

「上野国分寺の移り変わり」
長元3年(1030年)の上野国の長官の交換に際して作られた記録に
1000~1030年頃の国分寺の様子が記録されています。
それによれば、周囲の築垣や大門、僧坊などが無くなり、
金堂にまつられていた本尊を始め多数の仏像が
壊れたままになっていたことが記されています。
この資料から、創建から約270年を経た時期にあっても
金堂は良好な状態にあったとみられます。

しかし、これも1380年頃には滅びてしまったようです。

[史跡「上野国分寺跡」  ★前橋市]の続きを読む
タッタカタッタカタッタカ・・!
勢い良く走ってきたワンコー。
とても人懐っこくて足にじゃれ付いてくる!

御宿総本家 09-3-4

今日のお出迎えはコイツ。
春の足音が聞こえ、もう雪はないだろうと
久しぶりにやってきた「御宿総本家」さんです。

一番風呂を目指して、朝早くの登場です。
温泉先生いるかな?

御宿総本家 09-3-6

。。。。

だぁ~れもいませんねー。
どこかで大工仕事に精をだしているのかな?

御宿総本家 09-3-3

来るたびに、チョコチョコとどこかが変わっている。。。

[久しぶりに総本家さんへ  前橋市★御宿総本家]の続きを読む
イル・ガット 足利市のイタリア料理店 1

足利市にある「イル・ガット」さん。
今回で2回目。イタリア料理のお店です。
カウンターがメインなんですけど、
デートにもオススメ♪

「牡蠣とベーコンのサラダ」。
野菜はたくさん採りましょう!

イル・ガット 足利市のイタリア料理店 2

てんこ盛りの野菜の下からは、
プリップリの牡蠣がお目見え~★
ベーコンもあるし、ボリューム感のあるサラダです。

そして私はワインをぐいぐいとやっつけております。

イル・ガット 足利市のイタリア料理店 4

「ホタテのポワレ、ケッパーとレーズンのソース」。

イル・ガット 足利市のイタリア料理店 3

これは美味しかった!
なんといってもこの特性ソースが絶妙なのです。
やさしく火の通ったホタテに、
たぁっぷりつけて召し上がれ♪
レーズンの甘味と香りがすごくいいョ。

[ネコのマークのイタリア料理のお店 Ⅱ  足利市★イル・ガット]の続きを読む
前橋市にある「上野総社神社」にやって参りました。
壱の鳥居からのながめは、
参道沿いに灯籠が建てられ、なかなかカッコ良いです♪

総社神社 前橋市 3

=== 案内板より ===
古代律令制下 国司は任国内の神社にて領幣したが 
この神名を読みあげることから発し 国司政治の衰退とともに
その諸神の勧請とかわり 国内の諸神を国府近くの一か所に合祀し総社とした。
平安時代末期の創建と考えられる。

総社神社 前橋市 2

壱の鳥居からすぐのところにいた「狛犬」クン。
鞠をついてます★


上野国14郡諸社549柱の神々を迎祀し 
やがてその神名帳一巻がご神体となった。

総社神社 前橋市 4

「手水舎」のドラゴン。


本殿は慶長年間(17世紀はじめ)の造営であるが
桃山時代の様式をのこし 昭和38年に群馬県指定の重要文化財となり保護されている。
拝殿は天保14年(1843)に再建された豪華な建造物である。

総社神社 前橋市 1

「ご神木」。


なお総社神社のご宝物文化財としては
御神体である上野国神名帳をはじめ子持勾玉
神鏡雲板 天正14丙戌2月1日銘 銅製円板 弥勒座像の縣仏
天正13年6月2日附 垪伯耆守の奉書した北条氏康の掟書
天正18年5月附 前田筑前守利家 浅野弾正少弼浅野長政の禁制等が蔵されている。

総社神社 前橋市 9

「拝殿」。。。

[上野国の総社神社  ★前橋市]の続きを読む
行田市 ことぶきや食堂 4

せっかく行田市に来たんだから。
行田のソウルフードをいただきましょう★

この外観に引きずられるように入りました。
大衆食堂「ことぶきや」さんです。
大きく「フライ」と描かれた立て看板もありました。

行田市 ことぶきや食堂 1

おーっ!
懐かしく感じてしまう。往年の大衆食堂を彷彿させるような。
と、いうか、現役のお店です。

お若いご夫婦で切り盛りされているようで、
逆にそんな雰囲気が垢抜けた印象にうつります。

そして肝心の「フライ」とは。。。

[フライと焼きそばの店  行田市★ことぶきや食堂 ]の続きを読む
行田市にある「前玉神社」にやって参りました。
「まえだま」と書いて「さきたま」と読みます。
埼玉の語源になった名前の神社さんだそうです。
古いのですねー★

前玉神社 行田市 1

駐車場前にある堂々としたご神木。
埼玉県内で一番大きな槙の木だとか。
それにしても迫力あります!

前玉神社 行田市 2

参道にはすぐ一番目の鳥居。
一直線に3つの鳥居が続いています。


=== 案内板より ===
この鳥居は、延宝4年(1676)11月に忍城主阿部正能(まさよし)家臣と
忍領氏子達によって建立されたものである。
鳥居は明神系の形式で、正面左側の柱に
由来を示す銘文が刻まれており、
江戸時代における浅間神社の隆盛を伝える貴重な建造物である。
云々。。。

前玉神社 行田市 3

壱の鳥居をぬけると「狛犬」クン。
なんともお嬢様チックなヘアースタイル。

前玉神社 行田市 4

弐の鳥居を過ぎると「手水舎」。
ここの手水舎にはドラゴンの装飾がありました。
綺麗な龍です。

前玉神社 行田市 7

右手にある「明治神社」。
ここから先、参の鳥居をくぐると上りの道になります。
前玉神社は浅間塚古墳の上に鎮座しているのです。

前玉神社 行田市 5

墳丘半ばにある「浅間神社」。
ここに来る途中で前玉神社の場所を
近所(?)のオバちゃんにお訪ねしたのですが、
「ああ、浅間神社!浅間神社って言うんだよ、この辺では」
と教えてもらいました。

境内社である浅間神社の方が有名なのかな?。。。

前玉神社 行田市 9

「天神社・手前」と「恵比寿様」。
それぞれ学問の神様と商売の神様ですね。

前玉神社 行田市 13

墳丘ですから、クルクルと、らせん状に軽く上っていく感じなのですが。
いよいよの社殿への階段手前にある「石燈籠」。

===
元禄10年(1697)、氏子達が奉納したもので、
「万葉集」の「小崎沼」・「埼玉の津」の歌が、
それぞれ刻まれています。
万葉歌碑的なものでは、もっとも古いと思われます。
云々。。。

[前玉神社に行ってきました!  ★行田市]の続きを読む
埼玉古墳群 3

やって参りました、「史跡埼玉村古墳群」です。
ここは公園として整備されていて、
とても広いんです。
ウォーキングやゲートボールを楽しむ人の姿も見受けられます。

正面に見えるのが「丸墓山古墳・まるはかやま」。
忍城を落とす時に、石田三成が陣を築いたと云われる
歴史感たっぷりの古墳です。

埼玉古墳群 1

どーん、と綺麗な丸型★
高さのある丸墓山古墳はながめもいいっ。


=== 案内板より ===
直径105mあり円墳では日本最大です。
墳丘は埼玉古墳群の中で一番高く、約19mあります。
墳丘に使われた土の量は二子山古墳より多かったという試算もあります。
出土した埴輪から、6世紀前半頃に築かれたと推定されています。

南側から古墳にいたる道は、1590年に
石田三成が忍城を水攻めにした時に築いた堤防の跡といわれている
「石田堤」です。水攻めの際には、古墳の頂上に陣が張られました。
云々。。。

埼玉古墳群 4

丸墓山古墳から見下ろす「稲荷山古墳」。
やはり綺麗な形をした前方後円墳です。

埼玉古墳群 2

===
全長120mの前方後円墳です。周囲には長方形の堀が
中堤をはさんで二重に巡り、墳丘くびれ部と中堤には造出しと呼ばれる
張出しがあります。
古墳が造られた時期は、5世紀後半ころと考えられ、
埼玉古墳群の中で最初に造られた古墳です。

~中略~
1968年の発掘調査では、後円部から二つの埋葬施設が発見されました。
そのうち礫槨(れきがく)は良く残っており、
多くの副葬品が出土しました。
その一つである鉄剣からは、1978年に115文字の銘文が見出され、
他の副葬品とともに1981年に国宝に指定されています。
云々。。。

[埼玉古墳群に古代を見た!  ★行田市]の続きを読む
忍城 行田市 4

当時、まわりには湿地帯が広がり
こんな風景ではなかったと云いますが、
行田市にお城があるというのでやって参りました♪
「忍城・おしじょう」です★

忍城 行田市 3

=== 案内板より ===
忍城は文明10年(1478)頃、
成田顕泰(なりたあきやす)により築城された
「守り易く攻めにくい」難攻不落の名城であったと伝えられている。

忍城 行田市 5

天正18年(1590)豊臣秀吉の関東平定の中で戦われた
石田三成による忍城水攻めにも耐え
この城は水に浮くのかと恐れられ
「忍の浮城・うきしろ」とも称されたという。

[忍の浮き城。。。  行田市★忍城 oshi-jo]の続きを読む
関和孝 作品展 木の小物と枝の家具

桐生在住の木工作家さん、
関和孝さんの作品展のご案内です。
木のタッチって自然でやわらかいですよね~。
さぁ、皆でいってみよー!
今日から開催だょ。


関和孝 作品展 「木の小物と枝の家具」

日 時/2009年3月14日(土)~3月22日(日)
会 場/10:00~19:30
場 所/ITSHINDO 一心堂
場 所/0277-44-3924


ホームページはこちらから。
MAGO工房
以前の記事はこちらから。
紅茶を愉しんだ日。  桐生市★Molly's Tea room

ITSHINDO 一心堂
@群馬県桐生市本町

一心堂
=== 案内板より ===
このあたりに昭和35年まで条里制の区画にのっとった
水田が残されていました。
条里制とは、日本の古代国家が全国各地で耕地整理と
水田開発をしたときにつくられた地割りです。

田中条里跡 足利市 1

一辺約109m(一町)の正方形を基本とし、
道路、水路などもそれに合わせ、
水田はその中を10枚に区画して耕作しました。


「発掘調査で出土した田中条里跡。
人の立っているところが畔跡です。」

[田中条里跡  ★足利市]の続きを読む
お蕎麦屋さんにお邪魔すれば
ほとんど蕎麦です。うどんがあっても注文することは
私的には珍しいんだけど。

冬の赤城の山で遊んだ後のお昼は、
体も冷えていることもあって、季節限定メニュー「鍋焼きうどん」を
お願いしました♪

前回、去年の夏に引き続いて登場!
石臼碾、手打ち蕎麦の「喜楽庵」さんです★

喜楽庵 09-3-1

しばらくして運ばれてきたのは
ぐつぐつと熱く煮えたばかりのうどん。
おおーっ、あったまりそうです♪

喜楽庵 09-3-2

小皿に取り分けて
卵をからめて、七味をふっていただきましょー。
フーフー、とアツアツです!
地野菜もたっぷり、エビ天もあるょ。

ここで冷酒でも一杯飲りたいところですが、
今日はドライバーということで厳禁。
チョイと残念ですが仕方ない。。。

[赤城山麓で鍋焼きうどん♪  赤城★喜楽庵]の続きを読む
宗月窯 赤城山麓 09-3-1

薪ストーブがぱちぱちと音を出しながら火を吐いている。
山は寒いから暖が必要ですよねー。

いきなりお邪魔して
コーヒーを頂いてしまった。

[赤城山麓の宗月窯]の続きを読む
ルンズ・ファーム 赤城ぶどう園 3

赤城の山麓、標高にしてどのくらいなのだろうか?
かなりの高台にある、「ルンズ・ファーム」さんを訪ねました。

ここからの見晴らし、ロケーションは最高。
絶景かな、絶景かな。

ルンズ・ファーム 赤城ぶどう園 1

シンと冷たい空気が肺の中に入ってくる。
あぁ、山に来ているんだと実感する瞬間。

ルンズ・ファーム 赤城ぶどう園 2

畑の中に1本の木。
開墾した時、なぜこの木だけを残したのかは
後で聞いてみよう。

[ルンズ・ファームに行ってきました! ★渋川市]の続きを読む
さっきまで舞っていた雪。
冷たく痛い風が吹く中、やって参りました「欅原神社」。
うぅ、さむ。。。

小布施 欅原神社 1

「欅原」と書いて「くぬぎはら」と読むようです。
「けやきはら」じゃないのですね。
なんでかな?
立派な鳥居から向こうの拝殿まで一直線♪
なかなか良い雰囲気の神社さんです。

小布施 欅原神社 2

比較的新しそうな「狛犬」くん。
あやされているのか、ふんずけられているのか、
生意気そうにチッこいのが、ムッとしてます。
オモシロイ!

小布施 欅原神社 3

そして「拝殿」。

[「keyaki」と書いて「kunugi」と読む~  長野県小布施町★欅原神社]の続きを読む
小布施町の名産のひとつに「栗」があります。
600年もの歴史を持ち、江戸時代には、最上級のものが
幕府へ献上されていたほど。
すごいぞ♪

喜の呼庵 長野県小布施町 1

やって参りました、「喜の呼庵・きのこあん」さん。
さっそく名物、ご当地グルメ「栗強飯」を。
お味噌汁、漬物、小鉢、それにお蕎麦まで一緒になった
ランチメニューです。

ほんのり甘味のある、ほくほくの栗と
もっちりとしたお強がオイシイ★
お強だけれど、どちらかと言えば柔らかめかな。

喜の呼庵 長野県小布施町 2

キリリと冷たくて、とてもコシのあるお蕎麦です。
あっさり目の出汁でお蕎麦とのコントラストも抜群!
すぞぞぞぞー、と一気にやっつけましょう。

[栗強飯のお昼ごはん  長野県小布施町★喜の呼庵]の続きを読む
「大三国志展~悠久の大地と人間のロマン~」

グリーンドーム前橋の「大三国志展」に行ってきました♪
1800年も前の、中国の歴史がよみがえるぅ~!
3月15日(日)まで開催されていますから
ぜひぜひ。面白かったですよ~☆

こちらがグリーンドーム前橋↓
「大三国志展~悠久の大地と人間のロマン~」2

              
「大三国志展」

日 時/2009年2月11日(水)~3月15日(日)
会 場/グリーンドーム前橋
主 催/上毛新聞社、「大三国志展」群馬展実行委員会
入場料/大 人 1100円(前売り900円)
入場料/大高生 800円(前売り700円)
入場料/中小生 500円(前売り400円)
同時開催/中国物産展


ホームページはこちらから。
財団法人グリーンドーム前橋公式ホームページ

グリーンドーム前橋
@群馬県前橋市岩神町

グリーンドーム前橋
浄光寺の薬師堂 小布施町 1

小布施の「浄光寺」。



浄光寺の薬師堂 小布施町 2

「仁王様」。



浄光寺の薬師堂 小布施町 6

参道、石段。



浄光寺の薬師堂 小布施町 3



浄光寺の薬師堂 小布施町 9

「薬師堂」。

[浄光寺の薬師堂  ★長野県小布施町]の続きを読む
黒砂糖 1kg 1

「黒砂糖」。
1キロです。
BECCANオフィスに届いた差し入れ~。

黒砂糖 1kg 2

フタを開ければ、ドンッと黒砂糖のブロックが。
どこから見ても黒砂糖です、そのまんま。

[黒砂糖 1キロ]の続きを読む
岩松院 信州小布施 1

小布施にある「岩松院」。


岩松院 信州小布施 2

「仁王門」。



岩松院 信州小布施 3

「本堂」。



岩松院 信州小布施 11



岩松院 信州小布施 4

「鐘楼」。



岩松院 信州小布施 5

「福島正則公の霊廟」。

[雪の岩松院  ★長野県小布施町]の続きを読む
平方牧男の「陶偶・あかり・食器」欲バリ展

神楽太鼓演奏者の石坂亥士さんのブログでも紹介されている
陶芸家の平形牧男さんの陶芸展です。
会場はなんと酒蔵に併設されたカフェ!

初日には石坂さんのオープニングライブもあるとか♪
なにやら楽しみ~★
さぁ、皆でいってみよー!


平形牧男の「陶偶・あかり・食器」欲バリ展パートⅠ
日 時/2009年3月4日(水)~3月18日(水)
日 時/2008年11:00~18:30
会 場/サロンかぜくら

□3月4日(水)19:00~
石坂亥士オープニングコンサート「陶あかりの余韻」
チケット1500円
ドリンク付き(コーヒー、紅茶、日本酒のいずれか)


平形牧男さんのホームページはこちらから。
stationary のまど
石坂亥士さんのブログはこちらから。
Dragontone

サロンかぜくら
@群馬県太田市鳥山中町746-2
TEL/0276-22-2680

サロンかぜくら
国民的人気のメニュー、焼き鳥。
ときどき無性に食べたくなるから不思議です。
「あー、最近たべてないなー」とか。

というわけの今夜。やって参りました、
太田市にある「鳥やき あかつき」さんです。
街中にあるとか、決して大きなお店ではないのですが、
いつも賑わっていますねー。

鳥やき あかつき 竜舞 2

実は前回来た時に満席で入れなかったのデス。

「お通し」はメキャベツの海鮮サラダ風。
ちっこいエビとイカが入っております。
そして、とりあえずの生ビール。

鳥やき あかつき 竜舞 3

「エシャレット」。
シャリシャリいっちゃいまショー。
お酒のお供にバッチリ♪
ネギやノノヒロ系が好きなもので。。。

鳥やき あかつき 竜舞 4

「ポテトサラダ」。
昔懐かしいお惣菜屋さんを思い出すような
シンプルサラダ。

焼き鳥屋さんだからこそ
野菜をたくさんいただく私であります★

[新鮮焼き鳥の美味しいお店  太田市★鳥やき あかつき]の続きを読む