ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2008/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/09

目的地へ向かう途中、
目の前に現れた朱の大きな鳥居。高さ10mはあるかな?
なかなかどうして寄りたくなってしまうんです。

皆野椋神社 秩父市 1

やって参りました「皆野椋神社」です。
椋(むく)と読むそうで、この辺りにいくつかある
延喜式内社の「椋神社」の論社の一つです。

皆野椋神社 秩父市 2

比較的新しそうな「手水舎」。

皆野椋神社 秩父市 3

「神楽殿」。

[秩父の延喜式内論社  秩父市★皆野椋神社 muku-jinja]の続きを読む
2008年8月のエビ君

ゼッコーチョー!、
と思っていたのも束の間。
今年の夏は調子を落としてしまいました。。。
シュン。。。
なんでかなー?

ソイル(底砂)も新しいものに交換したし、
水換えも慎重にやったつもりなのですが。
抱卵、孵化はするけれど、稚エビ君達は
いっこうに大きくならず。

食欲旺盛で、エサも元気に食べまくっているのになー。
しばらく様子をみましょうか。。。


以前のエビ君はこちらから。
08年7月のエビ君 その2
秩父 やなぎや くるみそば 1

いつだったか友人から聞いていた秩父の「くるみそば」。
秩父ってクルミがたくさん採れるとこなのかなぁ、
なんてことを思いながら、やって参りました、
「やなぎや」さんです。

くるみそばの元祖と云われるお蕎麦屋さん♪
さすがに、お昼ちょいと前に行った時点で満席でした!
「くるみ汁」の大盛りを注文し、
待つこと数分。。。

秩父 やなぎや くるみそば 3

おぉっ!これがウワサの「くるみ汁」だっ!
ひと口すすると、ほんのりとクルミの香りが。。。
ゴマダレにクルミを合わせたような感じかな?
ねっとりとした汁を想像するかと思うんですけど、
意外にあっさりとしていて、甘くないんですよ。
大人な蕎麦だね♪

[ウワサに聞いていた「くるみそば」  秩父市★やなぎや]の続きを読む
聖神社 秩父市 3

おおーっ、ここは!
日本で最初の流通貨幣ゆかりの地。。。
「聖・ひじり神社」です。

聖神社 秩父市 4

どどーん、っと、「和同開珎・わどうかいちん」の
どデカのモニュメントが飾られている「拝殿」。

聖神社 秩父市

胸をはり、猪っぽい面構えの
ブタ鼻をした「狛犬」クン。


=== 案内板より ===

和銅(自然銅)がここ黒谷で発見され、奈良の都へ献上されたのは、
慶雲5年(708年)1月11日のことでした。
このことを非常に喜ばれた元明天皇は年号をすぐに和銅と改め、
国を挙げてお祝いをし、「和同開珎・わどうかいちん」を発行しました。

祝典のために「祝山・いわいやま」に建てられた
お宮を今の地に移し、聖神社と称して創建されたのが
同じ年の2月13日でした。

[和同開珎と聖神社 hijiri-jinja ★秩父市]の続きを読む
カミキリムシ 2

おぅおっ!
かまえていたカメラめがけて、
んにゃろ~!
いきなり突進して来たっ!

[カミキリムシ2008]の続きを読む
那須神社 大田原市 1

長めの参道がありました。
途中、「ご神木」や天然記念物に指定されている
「桜」の巨木が観れます。

「那須神社」に来ております★
この辺は環境保全地域となっているようです。
案内板にも記されていました。

=== 案内板より ===
この地域は、那須神社を中心にすばらしい緑地環境に恵まれ、
境内をつつむスギ、ケヤキ、エドヒガンの大木が、
緑の美しさを私たちに教えてくれます。
那須神社は、仁徳天皇の時代(313~399)の創立と伝えられ、
延暦年中(782~806)には坂上田村麿が応仁天皇を祀って
八幡宮にしたと伝えられています。

那須神社 大田原市 2

境内の本殿は1577年、楼門は1842年の建造とされ
県指定有形文化財となっております。
云々。。。

こちらは大きな顔をした「狛犬」クン。

那須神社 大田原市 3

「手水舎」。
この手水舟は、寛永19年(1642)黒羽城主 大関土佐守高増が
祈願成就処として奉納したものだそうです。

那須神社 大田原市 6

「神橋」を渡って。。。

那須神社 大田原市 4

楼門の前には、いくつかの境内社があります。

那須神社 大田原市 5

そして「楼門」です。
立派なものですねー。随神様がいらっしゃって、
「八幡宮」の額が掲げられております。
彩りも豊かな門です。

[那須神社 nasu-jinja  ★大田原市]の続きを読む
aka bar 太田市 本格焼酎 1

アフター・ファイブとなると
ミステリアスなネオンが一斉にきらめく太田駅南口歓楽街。
その中でも異彩を放つ「色」が突如出現した!
シンプルなようでクレイジーな赤に人生を賭けたバー。
その名も「アカ・バー」さんに行って来ました。

aka bar 太田市 本格焼酎 4

木製の赤い扉を開けると、
煉瓦調の壁面の中に浮かぶ赤いカウンターが目に飛び込む。
カウンターの向こうには厳選された焼酎各種、
そして「ミスター赤」。マスターが元気一杯に迎えてくれる♪

まずは一息。お決まりの生ビール・・・のはずが、
マスターのトークが止まらない。
間を計って。。。
「マスター、生ビールをください」
「は~い!!」 
とにかく元気のあるマスターなのだ。

[AKA BAR  ★太田市]の続きを読む
長野県佐久市に来ております。
今年、春先にお邪魔した「職人館」さんへも
行きたかったのですが、今回、駅前のホテルに宿をとり
ガッツリ行こうかー、といったところデス。

佐久平駅からほどなく、テナントビルの中にある
「酒郷 伊右衛門」さんにやって参りました★
木目を基調とした落ち着いた店内です。
かけつけ生ビールをやっつけて、さっそく参りまショー。

酒郷 伊右衛門 佐久市 1

「豆腐の信州味噌漬け」。
木綿豆腐かな?いわゆるチーズのような、
ではなくて、お豆腐の味と食感が残っています。
味噌の風味も程良くて、オツマミにはサイコーの一品ですねー。
信州ですからお味噌のメーカーさんも
たくさんあるのでしょうね。

酒郷 伊右衛門 佐久市 2

「鶏の塩辛」。ちょっと気になっていました。
オイシイ食感、歯応えアリです。
どうやって作ってるんだろ、これ?
ナニゲに止まりません!

酒郷 伊右衛門 佐久市 3

「ミョウガときゅうりのサッパリ和え」。
その名の通り、サッパリといただけます。
夏のキュウリはオイシイですょね。

伊右衛門さんは地酒の品揃えが充実しています。
駅近くという立地もあるのでしょうが、
佐久にある12蔵のお酒が全て楽しめますよ★
すごいね。

その中でも長野県限定の明鏡止水の純米酒、
「茂理郷」を注文しました。
辛くてキレのあるお酒を冷やとお燗で。
うんまい。。。

[佐久の地酒を楽しもう!  長野県佐久市★酒郷 伊右衛門 iEMON]の続きを読む
塩野神社 上田市 7

軽く下調べをして参りました「塩野神社」。
いや~、迷いました(汗。。
カーナビ付いてないんです。。。

塩野神社 上田市 1

出迎えてくれたのは「ご神木」。
覆屋に囲まれたご神木は、
根と、少しの幹の部分を残すだけとなっています。
しかししかし、精霊が宿っているようなド迫力です。

塩野神社 上田市 2

木で出来た鳥居には、
「鹽野(しほの)神社」の額が掲げられていました。
塩野神社の古称なのでしょう。

塩野神社 上田市 3

鳥居をぬけて拝殿に行くまでに
太鼓橋の「神橋」を渡ります。
この時点ですでに
スゴイ、スゴイと、はしゃいでいる私なのですが。。。

[来た来た、来たぁーっ!塩野神社です。 ★長野県上田市]の続きを読む
生島足島神社の摂社となっている「諏訪社」。
生島足島神社と向かい合った配置にあります。
神楽殿の裏ですね。

生島足島神社の夫婦欅と諏訪社 4

=== 案内板より ===
この本殿は、棟札から慶長15(1610)年に上田藩主
真田信之の寄進により再建されたことがあきらかになっている。
また、棟札には本殿の部材を一木からすべて作ったこと、
大工棟梁が宮坂勘四郎であったことなども記されている。
~中略~

生島足島神社の夫婦欅と諏訪社 1

本殿手前にある門も本殿と同時期の建築と考えられる。
門は、当初は内部に床を張った諏訪系の神社にみられる
「御門屋・みかどや」の形式をとっていたことが
痕跡から確認でき、この形式の門としては県内で一番古い。

本殿・門ともに県内の桃山様式を伝える貴重な建築である。


そして~

[生島足島神社の夫婦欅と諏訪社  ★長野県上田市]の続きを読む
セミの抜け殻 2008の夏

セミの抜け殻は
中国で古くから蝉蛻(せんたい。蝉退とも書く)という漢方薬として使われており、
止痒、解熱作用などがあるとされる。
ちなみに日本で使われる蝉退配合の方剤に消風散があり、
保険適用処方でも服用できる。(Wikipediaより)

と、お薬にもなるセミ君の抜け殻です。
煎じて飲んじゃおうかなー。

こういうのを発見した時は、
形を壊さないように、そぉっと、そおっと、
掴むんですよねー。
このセミ君は地上に出るまで
どのくらい土の中にいたのかな。。。

[セミの抜け殻 2008の夏]の続きを読む
手打百藝 おお西 1

上田市、別所温泉街にあるお蕎麦屋さんです、
「おお西」さんにやって参りました。
店名には「手打百芸」とあり、
なんだか迫力を感じさせてくれます。

古民家を改装した雰囲気あるお店。
ささっ、参りましょう。

手打百藝 おお西 2

なん種類かあるメニューの中から
チョイと迷いましたが、
こんな時はお店のオススメである一品を。
「発芽そば切り」!

なんと、発芽している蕎麦の実を
使っているのです。
初めてです、こんなの。。。
ちょっと。。いや、かなり驚き。。。

[「発芽そば切り」の新食感! 長野県上田市★手打百藝 おお西]の続きを読む
=== 案内板より ===
生島足島(いくしまたるしま)神社の歴史は非常に古く、
平安時代に制定された延喜式(えんぎしき)に
「生嶋足嶋神社二座名神大社」として記載されています。

戦国時代には武田氏や真田氏が信仰を寄せ、
江戸時代には歴代上田藩主の厚い庇護(ひご)を受けてきた
由緒ある神社です。

生島足島神社 上田市 4

神社の名前、生島、足島は、
生島は「生み」の神、足島は「満たす」神の意味らしいですよ。

東側にある「鳥居」から。
まっすぐ、西側に抜けて見えます。

生島足島神社 上田市 1

「東御門」。
この門の向かって右手に
「手水舎」がありました。お清めをして。。。

生島足島神社 上田市 6

そして、生島足島神社の「本殿」は
神池の中央に浮かんだ、
小島の上に建てられています。
お賽銭をあげ、参拝しましょう。

生島足島神社 上田市 7

===
神社境内には、池に囲まれた小島の上に、
権現造りの本社(昭和16年)が北面して建ち、
それに正対するように摂社諏訪社本殿が建てられています。

本殿内殿は、かつて野外に建てられていましたが、
18世紀後半から19世紀初期の時期に
覆屋としての本殿が建てられ、屋内の内殿となりました。


内殿っていうのは、
現本殿の内部にある旧本殿の建物のことだそうです。

[生島足島神社 ikushima-tarushima ★長野県上田市]の続きを読む
この夏公開の映画は、観たいものが数作品あるのですが
そのうちの一つが「インディ」でした。

映画 インディ・ジョーンズ4 クリスタル・スカルの王国

「インディ」の今までの作品は大人になってから
DVDで観たものばかりだったけど、今回の作品は、ハリソン・フォードが
どんな「老インディ」を演じるのかが楽しみだったの。

[映画 インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国]の続きを読む
めがね橋 碓氷第三橋梁 群馬県安中市松井田町 1

最近視力が落ちてきたなぁ~。
と実感する今日この頃。
メガネ屋さんで誂えようか。。。
う~ん。
「そうだっ!めがね橋まで行ってみよーっ!」

ということでやって参りました「碓氷第三橋梁」。
通称はめがね橋です★
碓氷湖(うすいこ)から程なく。

めがね橋 碓氷第三橋梁 群馬県安中市松井田町 2

すごく立派なアーチですねー。
おおっ、案内板があるょ!

=== 案内板より ===
建設してからのあゆみ

碓氷の峻険をこえるため、「ドイツ」の「ハルツ山鉄道」の
アプト式を採用して横川、軽井沢間が明治24年から26年にかけて
建設されました。
その、こう配は1000分の66.7という国鉄最急こう配です。
これを昭和38年9月、速度改良のため新線の完成と同時に
使用廃止となりました。
このアーチ橋は廃止になった構造物の中では最大のものです。
すぐれた技術と芸術的な美しさは今なおその威容を残しております。
ここに往時を偲ぶ記念物として、
その業績を長くたたえたいものです。

[めがね橋 碓氷第三橋梁 ★安中市]の続きを読む
妙義湖 群馬県富岡市

で。
こちらが裏妙義にある妙義湖です。
ボート遊びや釣りが楽しめますょ。

[裏妙義にある妙義湖  ★安中市]の続きを読む
碓氷湖

群馬県安中市の松井田町にある「碓氷湖」です。
坂本ダムによって形成されている人造湖らしいですが、
ヒジョーに良いロケーション。
正面に観えるのが、赤い色をした「ほほえみ橋」です。

碓氷湖 2

こちらが「坂本ダム」。
この湖の周りは公園として整備されていて、
湖を一周できる遊歩道がありましたょ。

とても気持ちの良い風が吹く
湖の畔です。

[坂本ダムと碓氷湖  ★安中市]の続きを読む
足利市の花火大会 2008-3

「どんっ!」
「どどんっ!」

足利市の花火大会 2008-2

「パシュッ、ヒュルルルルル~~。。。」

足利市の花火大会 2008-4

「パァンッ!」

「パラパラパラパラ。。。」

[足利市の花火大会 2008]の続きを読む
旬鮮和食 仁や 足利市 08-7-1

お通しの「アンキモ」。
向こうに見えるのが個人的にはまっている
「長芋のかんずり酒盗かけ」です。この2品だけでも
けっこう行けちゃいますねー。(オサケが。。。)

前回ですが、
ヒジョーに気になったメニューがあって
今夜もまたまたお邪魔しています。
足利市の「仁や」さん★

旬鮮和食 仁や 足利市 08-7-2

「お刺身の盛り合わせ」。
お店の自慢の新鮮魚介類。
ウニとマグロ、イカの3点盛りをお願いしました。
ウニなんて、コロッコロッしてますよー。
とても甘い!

そして~
私が気になっていた1品は
これこれ。。。

[「仁や」さんにまた来たっ!  足利市★旬鮮和食 仁や]の続きを読む
妙義神社 富岡市 08-7-5

富岡市にある「妙義神社」です。
社務所で買った資料によると~
この「総門」はもともとは白雲山石塔寺の
「仁王門」であったという。安永2年(1773)の建造です。

妙義神社 富岡市 08-7-1

門の中にいらっしゃる「仁王像」サマも
お元気そうでなにより。。。♪

妙義神社 富岡市 08-7-6

青銅の「大鳥居」。
「白雲山」と書かれた額が掲げられております。


=== 案内碑より ===
妙義神社社殿
本社
本殿・拝殿・合いの間からなる権現造宝暦6年(1756)の建立
優れた彫刻と黒漆塗が特色である

唐門
宝暦7年頃の建立 天井画は中澤燕州の筆

随身門
三棟形式の八脚門 江戸時代初期の建立

総門
三棟形式の八脚門 安永2年(1773)白雲山石塔寺の
仁王門として建立されたもので関東で最大規模の山門である

銅鳥居
明神鳥居神額裏に「寛文八戊甲年十二月吉日
前天台座主二品親王良尚書之」と記されている。

石垣
妙義山に産する安山岩を用いて江戸や信州高遠の石工により
江戸時代中期に築かれたものである

旧波己曽社殿
宝暦6年に現在の本社が建立された時に
旧本殿は波己曽社・拝殿は神楽殿として残されていた
昭和44年に現在地に復元された

[妙義神社にまた来たっ! ★富岡市]の続きを読む
休日のドライブで向かった先は
群馬県安中市の「磯部簗(いそべやな)」。
鮎料理がいただけると聞いて、北関東自動車道をカッ飛ばしてきました
夏休みだしねー★

磯部温泉 磯部簗 1

碓氷川(うすいがわ)のほとりにある「磯部簗」さんに到着♪
建物は古そうで、昭和の観光地な感じ。
それがなんだか落ち着いた感じで素朴でいいんだよネ。
広ーいお座敷にテーブルがいくつもあって、窓際のお席から
眼下に流れる川を見て、せせらぎを聞きながらのお食事です。
ね?ワクワクするでしょ?

上の写真の装置(?)で鮎を獲るらしいのですが、、、
その現場は拝見できませんでした。
どうやって使うんだろう~?
鮎がピチピチ入ってくるのかなぁ??

磯部温泉 磯部簗 2

お口をあんぐり。「鮎の塩焼き」。
お箸で上手に食べられる方もいるのでしょうが、器用でない私は
むんずと鮎を両手でつかんで「カプリ」デス。。。

ふわぁ~と鼻をくすぐる焼き魚の匂い。
そして、絶妙な塩加減で焼かれた真っ白な白身。。
熱々で柔らか~なところをKAPURIKAPURIと頬張ってゆきます。
んーーーーーー

今まで、どちらかというと自分は川魚が得意ではないと思っていたんだけど
この淡白で上品な美味しさは、わたし好み…
頭と尾とヒレ以外は全ていただきました。
「蓼酢(たでず)」という薄いグリーン色の酢が小皿で供されますが
これをつけていただくと、より一層美味しくいただけるみたい☆
骨も柔らかいし、鮎が新鮮だから内臓もイッチャイました。
きっと、お酒の好きな方は、この内臓系がたまらないんでしょうネ。

私は中ジョッキでGUBIGUBIしながら、鮎料理です。(笑

[磯部簗で鮎をいただきました。 ★安中市]の続きを読む