ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
一之宮貫前神社にあった、
「勅額鳥居・ちょくがくとりい」と「勅使門・ちょくしもん」。

貫前神社 富岡市 08-6-3

=== 案内板より ===
勅額鳥居
勅額鳥居は清和天皇の御宸筆による額が
掲げられていたことから、この名前が付いたと伝えられ、
元々は一之宮大字田島字鳥居にあったものを
寛永12年(1635)に移築したものである。
現在の額は明治6年(1873)に
有栖川宮幟仁親王(ありすがわのみやたかひとしんのう)の
御染筆の神号額が掲げられている。

勅使門(不明門・あかずのもん)
勅使門は朱雀天皇の御代(930~946)奉幣の為
勅使参向の際に設けられた。
勅使参向の時のみ開かれ
普段は開門されないことから「不明門」と称されたと云う。
現在では、春と冬の御戸開祭と流鏑馬祭の年3回開門される。

[一之宮貫前神社にあった。。。  ★富岡市]の続きを読む
地鶏ラーメン自給屋 群馬県多野郡吉井町 1

吉井町にある「地鶏ラーメン自給屋」さん。
塩ラーメンを頂いております。
味付け卵を1つトッピングしました♪
あっさりしたやさしいお味です。

お店で頂いてきたフリーペーパーによると~。。。
ここのご主人、自称「作農料理人」と紹介されております★
いろいろな経歴をお持ちの方らしいですネ。

中でも、自然農場にお勤めした時期の農業体験が
今のお店に大きな影響を与えてるのだとか。。。

[ご主人は作農料理人!  群馬県吉井町★地鶏ラーメン自給屋]の続きを読む
わたらせサマーフェスタ2007

第94回足利花火大会。
8月2日(土)に20000発の花火が打ち上げられます!
わたらせサマーフェスタは、
7月27日(日)から8月3日(日)までの8日間、
盛りだくさんのイベントで、ただ今開催。
お見逃しなく!

期 間/7月27日(日)~8月3日(日)まで
会 場/通3丁目「友愛会館」(足利商工会議所)
会 場/中心市街地、足利織姫神社、渡良瀬川河川敷

詳しいお問い合わせは・・・
足利商工会議所
TEL/0284-21-1354

花火は、この辺りで打ち上げられます↓
足利花火大会


昨年の花火はこちらから。
2007、花火の夜は飲んベエが集まったっ!
=== 案内板より ===
貫前神社(ぬきさき神社) 上野国一之宮
御祭神
経津主神・ふつぬしのかみ 建国の功神 武神 物部氏祖神
姫大神・ひめおおかみ 御名不詳 当地方の守護神 養蚕機械の神

御創建
今より千四百年余年前、安閑天皇元年(西暦531)に
物部姓磯部氏により蓬ヶ丘綾女谷に祀られる

御社殿
徳川三代将軍家光公による寛永12年(西暦1635)の造営
総漆塗極彩色の建造物で本殿、拝殿、楼門は国指定重要文化財

境内
北斜面の森を含め約2万6千坪
社殿の他に経蔵・三重塔跡等、神仏習合時代の仏教遺跡が残存
云々。。。

貫前神社 富岡市 08-6-6

富岡市一之宮にある「一之宮 貫前神社・ぬきさきじんじゃ」です。
山の斜面に位置し、大鳥居まで上ってから、
社殿までは下っていくという珍しい参道の神社さんです。

「狛犬」君。

貫前神社 富岡市 08-6-2

このかっこ良い「総門」をくぐり
参道を下って行きます。

貫前神社 富岡市 08-6-8

下りきった所で振り返ってみると、
こんな感じです。

貫前神社 富岡市 08-6-7

そして二人目の「狛犬」君。
横顔も素敵ですね♪
ジャングル大帝のような。。。

貫前神社 月読神社 富岡市

この狛犬君の所には末社である
「月読神社・つきよみじんじゃ」があります。

=== 案内板より ===
月読神社の現在の社殿は、寛永12年以前の旧御本社拝殿を
牛王堂として使用し、明治維新以後、月夜見命をお祀りして
月読神社と改称した。
明治41年、近在の氏神である社久司神社(秋畑琵琶澤)
雷電神社(秋畑二ツ石)、湯前神社(秋畑裏根)、近戸神社(富岡市野上)の
各社を合祀した。
月夜見命他17柱の神々をお祀りしている。

[上野の国の一之宮  富岡市★貫前神社 ]の続きを読む
田舎の夏 2008 08-7-5

夏、真っ最中の田舎には
いろいろな風景があります。
と、やっている間に、足のあちこちをブヨに刺されるワケです。
翌日、すんごく痒くなるんですよね~。
マイッタ。。。

田舎の夏 2008 08-7-1

殿様カエルのチッコイやつなんだろうか?
へんな色してますねー。
頭に枯葉をのせて、まるで忍者みたいなやつだ。

田舎の夏 2008 08-7-4

農家をやっている叔父さんに
スイカをいただきました。
シャリッシャリッ、と涼しいお味です。

[田舎の夏 2008]の続きを読む
shi-su 無依 足利市 5

「自由自在な悟りの境地にあって、
何物にも頼ることなく何物にも執着しないこと。」
これは「しめサバのお刺身」デス。

今宵は、足利市の無依(むえ)さんにお邪魔しております。
さー、飲もうかー!
と、かけつけ一杯のグラス生ビールで
喉の渇きをいやし。。。

shi-su 無依 足利市 1

2杯目からは本格焼酎の飲み比べ★
鹿児島の「佐藤・麦」から始まって。。。

これは「アジのたたき」デス。

shi-su 無依 足利市 4

宮崎の芋焼酎「月の中」。。
「旭萬年・白麹」。。。

これは「ムギイカのしょうが焼き」デス。
ムギイカって、スルメイカの子供のことらしいです。
身がやわらかくて美味しい。
出世イカかな。

[shi-su 無依さんで一杯! ★足利市]の続きを読む
08年7月のエビ君 2

ひょえ~!バルタン星人!?

脱皮、真っ只中のエビ君に遭遇!
あわててカメラの用意をするも、
一瞬間に合わず。。。ざんねん。。

見事に綺麗な抜け殻だけが残りました。
でも、すぐに他のエビ君たちに壊されちゃいましたけど。

教訓。
脱皮の瞬間てドキドキするなぁ~。


以前のエビ君はこちらから。
08年7月のエビ君
宮崎駿原作・脚本・監督の「崖の上のポニョ」を観てきました。

言わずと知れた「スタジオジブリ」の最新作で話題作。
でも私自身の前情報は「相当の動員数になるかも」のみで
普段TVを全く観ないので「あのキャッチーな主題歌」も
あらすじも何も知らないままで、スクリーンを目にしたのですが
その先入観のなさがかえって良かったのか
かなりストーリーに入り込んで楽しむ事ができました。

映画 崖の上のポニョ スタジオジブリ 宮崎駿 半券

半券の後ろに写っているのは売店で買った「ポニョ」のルーラー。
これを買うのにキッズ&キッズの行列に20分くらい並びましたから(笑…

[今年の夏は「ポニョ」です♪ 崖の上のポニョ]の続きを読む
国道254号線、上州一ノ宮を過ぎ、
神農原(かのはら)駅を左手に見て、神成(かんなり)というところ。
「宇芸神社・うげじんじゃ」です。
神社の背には神成山があり、
ハイキングのコースになっています。
途中、「宇芸神社跡」という場所があるらしいですから、
以前は山の中にあったのでしょう。

さてさて、
国道沿いにある一の鳥居から社殿までは
農道を一直線、500mくらいはあろうかという長さ。
途中に踏み切りとかもあるし。
以前はだいぶ広い敷地を誇っていたのかなぁ、と思わせます。

宇藝神社 富岡市 1

階段を少し上り、小さめの「手水舎」と、
なんなのでしょう?その左にある建物。
物置かな。。。

宇藝神社 富岡市 2

さらに上り、二つ目の鳥居は朱色のもの。
「宇藝神社」と「赤城大明神」の二つの額が上がっています。

宇藝神社 富岡市 3

そしてすぐ右手に「神楽殿」。
さらに階段を上ると。。。

宇藝神社 富岡市 4

「拝殿」が見えて来ます♪
ヒジョーに心地よい風の吹く境内。
パンッパンッ、とお参りをすませ。。。


=== 案内板より ===
927年に延喜式という法典がつくられました。
その中の延喜式神名帳に記載された神社を
延喜式内社といいます。
平安時代に官社として認定された由緒ある神社です。
群馬県には12社あり、その1つがここ宇芸神社です。
創立は天武天皇の時代(672~686)と伝えられています。
ここには倉稲魂神(うかのみたまのかみ)が祭られています。

[宇藝神社 uge-jinja  ★富岡市]の続きを読む
日頃、ブログBECCANを読んでいただいている皆さんに
「暑中お見舞い申し上げます
毎日暑い日が続いていますが、広東料理で
スタミナアップはいかがデショウ
…と、いうわけで、今宵は足利市田中町の「強記飯荘」さんで夕ご飯

広東料理 強記飯荘 足利市 08-7-1

ひんやりと冷たいのが今の季節にピッタリの前菜。
「蒸し鳥の生姜タレ」。
生姜タレがたーーーーっぷりのってマス。
細切りのネギも食感&お味ともに良いアクセント。
あっさりしているので、次々箸を運んでしまいます♪
前菜は杏露酒をお供に。。。
甘いお酒が大好きなの。

広東料理 強記飯荘 足利市 08-7-2

こんがりと焼き色GOODな「焼き餃子」。
「例のギョーザ事件」以来、食品店で餃子を買うことがなくなってしまったので
食べたくて仕方がなかったのです!!!
信頼できる中華料理やさんでなら安心していただけます。
噛むと肉汁がジュワワ~~って口中に広がるこちらの餃子。
特製のタレもそうだけど旨味がたっぷりで。。
熱々のうちに「ハフハフ」言いながら食べるのが最高です。
読者の方にもオススメの一皿。

広東料理 強記飯荘 足利市 08-7-3

シンプルなのにニクイほど美味しい「レタスの湯引き・特製醤油」。
このあたりからアルコールは紹興酒にシフトします。
暑い夏でも紹興酒は温めてもらいます。
冷房でクールダウンした体温のバランスを調整してくれるようで
身体がすっきりするんですよ。

…で、レタスですが…この綺麗なグリーンを見て~☆
ちょっとオイリーでトゥルトゥルとお口の中に入ってゆきますが
噛むと「シャキッシャキッ」としているというなんとも不思議な料理なの。
この「シンナリシャキシャキ」がヤミツキでお気に入りの一つです。
特製醤油が、これがまた、味わい深くてまろまろしていて
「あーーーー美味しぃねぇ~」って目を細めてしまいます。
色みも美しいしヘルシーだし、女性におすすめ。

[祝7周年♪広東料理 強記飯荘っ! ★足利市]の続きを読む
08年7月のエビ君

ホント、あともう少し、
いや!昨日梅雨が明けたという今日この頃。
エサを取り合う3匹のエビ君。

最近はというと、抱卵してくれる個体も多いのですが、
なかなか稚エビが育ってくれないっ(汗。。。
ウィローモスが少なくなっちゃったせい?

今日はフィルターの掃除でもしようかな。。。


以前のエビ君はこちらから。
08年6月のエビ君
何の変哲もないこの川。
あれっ?!うちの近所じゃないの~!
なんて思ってしまうくらい、ごくごく見慣れた風景です。

んがっ!
ここが一つの結界となっているのを
誰が知っていただろうかぁーーっ?!
ちょっとあおり過ぎですか?(笑。。。

三途川 群馬県甘楽町 3

群馬県甘楽町を走る国道254号。
この道路を横切るように、南北に流れる川。
川にかかる橋は「三途橋」!
そう、三途橋は、「三途川」に架けられている橋なのです!!

と言うことで、私は今、ちょうど三途川の上、
現世とあの世の境目にいます!
行ったり来たりしちゃいましたョ♪
後ろを車がびゅんびゅん走ってますが。

今日のBECCANは黄泉がえりだ!
すごいぞっ。

[川をワタッタ!! ★群馬県甘楽町]の続きを読む
辛科神社 群馬県吉井町 8

前回に引き続いて群馬県吉井町の「辛科神社」です。
ここは「随神門」です。
そしてこの門番をしているのが。。。

辛科神社 群馬県吉井町 3

こちらの「狛犬」君です!
うおっ!と、コレは、
只ならぬ雰囲気をお持ちデス★
狛犬といっても狛犬らしからぬ。
パッと見、獅子のようでもない。。。

[辛科神社の狛犬君 karashina-jinja ★群馬県吉井町]の続きを読む
かつてこの辺りは、辛科郷(からしなごう)と呼ばれていました。
吉井町神保にある「辛科神社」です。

辛科神社 群馬県吉井町 7

大陸から渡って来た、渡来の人々によって
創建されたと云われている神社です!

辛科神社 群馬県吉井町 2

鳥居をくぐって、すぐ左手にある「手水舎」。

辛科神社 群馬県吉井町 8

そして正面に出迎えてくれる「随神門」です。

辛科神社 群馬県吉井町 10

拝殿の両脇に「狛犬」君。
右手?で小さな狛犬君を
ヨシヨシ、とやっております。

辛科神社 群馬県吉井町 11

そして「拝殿」。
お賽銭をあげ、ご挨拶デス。

小さいですけれど、由緒を記す
手書きの案内もありましたょ。

=== 案内板より ===
当社は須佐之男命外16柱を祭祀
大宝年間の創立和銅4年多胡郡新設に伴い
郡の総鎮守と成す。春日造の本殿
流破風造の拝殿及び随神門は明治25年
古社寺保保存法の指定を受けている。
特殊神事として筒粥神事(1月15日)
みそぎの神事(茅の輪祭り)あり。
云々。。。

筒粥神事もあるんですね。
すごいなっ★

[渡来の人の足跡が残る、辛科神社 karashina-jinja ★群馬県吉井町]の続きを読む
多胡碑 群馬県吉井町

=== 案内板より ===
特別史跡 多胡碑
多胡碑は栃木県にある那須国造(なすのくにのみやつこ)碑、宮城県にある
多賀城(たがじょう)碑とともに日本三碑と呼ばれている古代の石碑である。
~略~

その書体は楷書体で中国の六朝風(ろくちょうふう)を遺す(のこす)と
いわれており、古くより多くの書家に愛好され、六行八十字の文字の彫りも
味わいあるものとして評価されている。

多胡碑 群馬県吉井町 2

土地の人は多胡碑を「ひつじさま」と呼び信仰の対象としてまつり、
今日まで守ってきた。また、文面に見える「羊」にちなんだ「羊太夫」の伝説は、
古くから語り継がれて親しまれている。

[多胡碑 tago-hi  ★群馬県吉井町]の続きを読む
第3回 柏瀬乃里子 木版画展 ギャラリーはなみち


木の彫り師?ノリボーの個展です。
版画作品のみならず、なにやらオリジナルのグッズも
展示されるようだ。

今回、場所は宇都宮です。
さぁ、皆で行ってみよーっ。


「第3回 柏瀬乃里子 木版画展」
日 時/2008年7月19日(土)~27日(日)
日 時/11:00~18:00(最終日は17:00まで)
会 場/ギャラリーはなみち TEL/028-635-5020

ギャラリーはなみち
@栃木県宇都宮市中央1丁目5番9号
美味しい魚で一杯やりたいな★
ということで、足利市の「旬鮮和食 仁や」さんにやって参りました。
銚子から取り寄せている新鮮な魚が自慢の
海鮮居酒屋さんです。

旬鮮和食 仁や 足利市 08-6-1

とりあえずはグラス生ビールで喉を潤し。。
お通しのモズク酢をいただきましょう。
トップに乗っているトロロ芋がウレシイですね。

旬鮮和食 仁や 足利市 08-6-2

おおっ、と。なにやら面白いものを発見★
仁やマスターお手製の「お魚図鑑」だっ!
ほぉ~。写真入で簡単な解説がついてます。
仁やさんで使っている魚の銘柄や味の特徴が
載っていますねー。すごいなっ♪

旬鮮和食 仁や 足利市 08-6-3

そしてこの図鑑を参考にオーダーしたのは
「ふっこのお刺身」。

=== 仁やさんのお魚図鑑より ===
福子・ふっこ
スズキ科
出世魚で1m超のものはスズキ。
夏においしい白身の高級魚。
味はややさっぱりめです。

鯛のような、なんとなく鮎のような。。
初めてのお味でした★
親切なガイドがあってウレシイね。

旬鮮和食 仁や 足利市 08-6-5

お酒のは宮崎の芋焼酎、「旭萬年・黒麹」を!
お湯割でいただきます。
芋の風味がしっかりとした焼酎です。ウマイ。

[お刺身の美味しい夜  足利市★旬鮮和食 仁や]の続きを読む
ずぅ~と、むこうの方まで畑が続いています。
そして山。霞がかってなんとも神秘的。。。
深呼吸デス。何回もしてみたくなります。

この、ガッツリとした田舎町にある「尾瀬ドーフ」さん。
お豆腐専門のお店です。

尾瀬ドーフ 片品村 1

いろいろな種類のお豆腐が並んでいます。
原料は全て、地元片品村の「大白大豆」を使っているそうです。
もちろん無農薬栽培されたもの。

大白大豆ってなぁに?

尾瀬ドーフ 片品村 3

=== 店内にあった張り紙より ===
昭和30年代、片品村の特産品として〝日本一〟と評された
地大豆ですが、その後、高原野菜に生産が移り
幻の大豆となってしまいました。
尾瀬ドーフではこの地大豆を11年かけて復活させました。
今では自社農場と村内の契約農家の皆さんの手で
大切に栽培されています。
片品大白大豆の粒は黄色く丸く、
そのまろやかなコクと甘味は極上のものです。
云々。。。


11年かけて復活させた大豆なんですかっ?!
そうとう気合が入っていますょ。
スゴイっ!

[幻の大豆を使った尾瀬ドーフ  ★群馬県片品村]の続きを読む
小林道夫展 連続と継起 ギャラリーさかにし

一昨年の8月だったかな?
偶然入った「中之沢美術館」にて、
足利出身の作家さんの個展が開催されていました。

今回、足利市内にての開催中のご案内です。


「小林道夫展 No.43 連続と継起」
日 時/2008年7月11日(金)~20日(日)
日 時/10:00~18:30
会 場/ギャラリーさかにし TEL/0284-62-5552

ギャラリーさかにし
@栃木県足利市葉鹿町2-26-3

ギャラリーさかにし

以前の記事はこちらから。
小林道夫展 中之沢美術館
白根温泉 薬師之湯 群馬県片品村 4

群馬県の山奥、尾瀬の手前、片品村です。
白根温泉の「薬師之湯」、立ち寄り温泉にやって参りました!
お土産品や、お食事処を併設している入浴施設です。
同敷地内には足湯もあり、こちらは無料。

白根温泉 薬師之湯 群馬県片品村 2

一際目を引くのが「温泉たまご製造器」?!
ゴボゴボと豊富に湧きだす温泉を使い、
たまご君たちがイイ湯につかっています。美味しそだね★

=== 案内板より ===
温泉たまごについて
温泉たまごとは、一般に黄身が半熟、白身がゼリー状のもののことを言います。
たまごの黄身は68℃、白身は73℃で完全凝固します。
このたまごの特質を利用して作られるのが温泉たまごであり
それには60℃の一定した湯温が最適と言われています。
当白根温泉では、60.2℃の源泉で数時間かけて、
最良の状態の温泉たまごを作り上げています。
云々。。。


温泉たまごの説明とは面白いなぁ。
しかしホント美味しそだね★

[白根温泉 薬師之湯に来たっ! ★群馬県片品村]の続きを読む
吹割の滝 沼田市 08-6-1

山の天気は変わりやすい?!
先ほどまで、にわか雨にやられました。
んが。めけずにやって参りました、「吹割の滝」!
吹割渓谷にかかる天然記念物の滝です。
東洋のナイアガラとの異名もあります。
そして、
するどい岩壁の景観。

吹割の滝 沼田市 08-6-2

「鱒飛の滝」。
雨あがりとあって、水量も多いのでしょう、
すさまじい勢いです~。
迫力ありまする。。。ンドドドどー、と。

吹割の滝 沼田市 08-6-3

こちらが「吹割の滝」です。

[東洋のナイアガラ!雨あがりの吹割の滝  ★沼田市]の続きを読む
木曽三社神社(きそさんしゃじんじゃ)。

=== 案内板より ===
元暦元年(1184)、木曽義仲が滋賀県の粟津で源義経に討たれた後、
その遺臣であった今井・高梨・小野沢・串渕・諸田等が、
義仲が崇敬した信濃国(長野県)の延喜式内社である筑摩郡の三座
「岡田・沙田(いさごだ)・阿礼神社」を、この地に勧請して
創建したと伝えられるのが木曽三社神社です。
滝の宮・木曽明神とも称されています。

木曽三社神社 群馬県北橘村 1

一つ目の鳥居をくぐって。
「狛犬」君。
玉をくわえておりまする。。。

そして二つ目の鳥居をくぐると、
なんとその眼下に!

木曽三社神社 群馬県北橘村 4

おおーっ!お社があります。
ここ木曽三社神社は、とても珍しい?下りの参道なのです。
すり鉢状になっている境内の底に
神社があるのです!
富岡市の貫前神社(ぬきさき)もそうでした。

木曽三社神社 群馬県北橘村 7

「手水舎」で清め、

木曽三社神社 群馬県北橘村 8

「拝殿」です。
獅子をはじめ、いろいろな彫刻が施されていました。
鯉もありましたょ。木曽(長野)だからかな?

木曽三社神社 群馬県北橘村 6

拝殿の後方に「本殿」。

木曽三社神社 群馬県北橘村 2

境内には多くの末社や石碑がありました。

木曽三社神社 群馬県北橘村 3


[木曽義仲の足跡  群馬県北橘村★木曽三社神社]の続きを読む
赤城温泉 御宿総本家だよ~ん その1

朝から総本家です。
だいたい9時半くらいには湯につかっています。

今日はナニヤラ先客が。。。
この優れた温泉に感動されているようです。
笑ってますね。。。

赤城温泉 御宿総本家だよ~ん その3

湯上りに一服の珈琲と。
総本家ご主人との歓談。。。
この温泉のいつものメニュー★

[赤城温泉「御宿 総本家」だよ~! ★赤城]の続きを読む
みんなにも教えてあげたいな♪

…でも、やっぱり自分の秘密にしておきたいな

…でも、やっぱり美味しいから、教えちゃお

この頃、はまっているパン屋さん
決して、イマドキのオシャレなパンじゃないんだけど
お店も、昔ながらの雰囲気なんだけれど
でも、絶対オススメなの。

場所は、五十部町で、三重小学校の北の方デス。

[この頃お気に入りのパン]の続きを読む
本日、公開になりましたね。
映画『クライマーズ・ハイ』。

実は、昨夜、先行試写会へ行って観てきました。

ものすごく心に響く、素晴らしい映画でした。

平均して1週間に10本ほどは映画のDVDを観ている私ですが

久々にとても良い作品に巡り会えたと思います。
原作の横山秀夫さんへも、監督の原田眞人さんにも、
映画創りに携わった沢山の方々へも
そして役者さんかたにも、心からのapplauseを送りたいと思います。

これは、ブログに書かずにはおれないほどの、衝撃。

映画 クライマーズ・ハイ


[クライマーズ・ハイ  CLIMBE'S HIGH]の続きを読む
国府野遺跡 足利市

=== 案内板より ===
国府野遺跡(こうのいせき)
このあたりは、
古くから高野(こうの)や十念寺(じゅうねんじ)という地名で呼ばれ、
昔の瓦をひろうことができました。また、足利学校が現在の場所に移る
以前の場所であるといわれていました。それらを解明するために
25年前(昭和46年)より発掘調査が行われ、平成9年度までで
20ヶ所以上に及んでいます。

[国府野遺跡 kounoiseki  ★足利市]の続きを読む
赤城山麓の宗月窯 08-6-1

土が土じゃなくなったときに、
いろいろな形、表情を魅せてくれます。

手仕事の中で誕生した作品たちは、
作家さんのメッセージをそれぞれに伝えながら
買われて行った人たちのところで
ひと仕事するのですねー。

[赤城山麓の工房にて。]の続きを読む
赤城山の麓を走る国道353号線。
桐生方面から西へ向かい、三夜沢交差点、
とんとん牧場を過ぎてすぐ、左手にあります。
手打ち蕎麦の「喜楽庵」さん。
何度かお邪魔しているお店ですが、
BECCAN blogでは初めてのご紹介です!

赤城山麓 手打ち蕎麦 喜楽庵 1

先ずは蕎麦前の一杯★
赤城山の麓ですからやはり「清酒 赤城山」で。
お燗をつけていただきました、辛口のお酒です。

オツマミに「とろろ」。
ご飯が欲しくなるところですが、
お酒のお供にも最高です。もちろん地元の
新鮮なお芋を摩り下ろしたものです。

赤城山麓 手打ち蕎麦 喜楽庵 2

飲んべぇ殺しの一品「わさび菜」★
これもまた美味ー!
ピリリとした辛さと醤油の味付け。
お燗のオカワリが止まらなくなりそうです★
思い出してもツマミたくなります。

[赤城山麓の人情蕎麦屋さん  赤城★喜楽庵]の続きを読む
石坂亥士 Live at ヒノデカニ

今回のライブは、
神楽パーカッション vs インドの太鼓・タブラ!
各種鳴り物とのセッションが展開される!

なにやら20枚限定のチケットということです。
さぁ、皆でいってみよーっ!


~石坂亥士 Live at ヒノデカニ~
日 時/2008年7月26日(土)
日 時/開場 18:30 開演19:00
会 場/天然雑貨屋 ヒノデカニ商店 群馬県太田市西新町40-12
出 演/石坂亥士(神楽太鼓)、大澤和樹(タブラ、鳴り物)
チケット/前売り3000円(1ドリンク付き)

チケット・問い合わせ/
ヒノデカニ商店 0276-32-1945