ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
足利市のマーケット112 08-6-1

遅くまで営業しています、
足利市の「マーケット112」さん。
いや~、めちゃめちゃな残業の時に助かります~。
と、いうことで今夜も一杯♪

喉をうるおすグラス生ビールの後は
鹿児島の芋焼酎「相良兵六」。
甘味が多くて美味しい焼酎デス。
お通しは鴨もやわらかくて美味しい。

足利市のマーケット112 08-6-2

すさまじく色合いが綺麗で、はっ、とさせられました。
「グリンピースのポタージュ」です。
ほんのりと、香る味わいの一品。
こういうスープでお酒が楽しめるのも
洋食屋さんならでは★
冷製でなくて暖かいスープでお願いしました。
体にもやさしいのです。

[病み付きになりそうな、骨付き仔羊のグリル  足利市★マーケット112]の続きを読む
伊香保温泉 伊香保神社 1

伊香保温泉、石段街の終点は
「伊香保神社」でありまする。

手水舎の前にいらっしゃる「狛犬」くん。
小さな狛犬を右前足でイーコイーコしてますね。
くるくるパーマは往年のロバートプラントを彷彿させてくれます♪

伊香保温泉 伊香保神社 2

こちらは「拝殿」です。
お賽銭をあげ拍手を打つと、パァンパァンと良い響き。
気持ちいいですね。
拝殿の中にはお神輿がありました。

伊香保温泉 伊香保神社 8

で、普段ですと、由緒の類を
=== 案内板より ===
として紹介しているわけですが、なにぶん達筆すぎて
文字が読み取れないっ(汗。。。
うむむ。。写真でどうぞ。

天長2年(825年)の創建と伝えられているそうです。
富岡の貫前神社、赤城の赤城神社、そして上野国三ノ宮として
ここ伊香保神社があります。

ちょっと気になったのが、
~社殿 災火により明治17年仮宮として建立~
と記されていたこと。
仮のお社なんでしょうか、ここ?
うむむむむむむ。。。謎だ。。。

伊香保温泉 伊香保神社 3

すっぽりと覆屋に収められている「本殿」。

伊香保温泉 伊香保神社 4

境内にあった
「八坂神社」、「八幡宮」、「稲荷神社」。

[伊香保界隈で遊ぶ その8上野国の三ノ宮  ★伊香保神社]の続きを読む
伊香保の河鹿橋 1

伊香保でも有数の紅葉スポット、「河鹿橋」。
シーズンには夜間ライトアップもあり
よりいっそう艶やかな風景に変わります。

でも、今の季節の朱と緑も綺麗ですよね。

伊香保の河鹿橋 2

眼下には伊香保温泉、黄金の湯と同じ色をした
茶褐色の河。
これも面白いコントラスト。。。

伊香保の河鹿橋 4

橋のたもとにある千明元屋敷跡。

=== 案内板より ===
伊香保温泉が一般客の利用の温泉となったと考えられる
初期の宿の跡です。
天文年間に長尾氏配下五氏が入部した時、
すでに千明氏が湯元を持ち、
温泉の支配を行ったと考えられています。

すごいなー。
伊香保温泉に歴史有りですねー。
ちょっと興味ありデス。。。

[伊香保界隈で遊ぶ その7源泉のビミョ~なお味。 ★河鹿橋と飲泉所]の続きを読む
足利市 めん割烹 なか川 08-6-5

足利市の鑁阿寺(ばんなじ)の正面から続く石畳の通り。
通称「いしだたみ通り」。
その一角にお店を構える「めん割烹 なか川」さん。
足利出身の書家、相田みつをさんゆかりのお店としても有名です。
あの更科が忘れられなくてやって参りました。
BECCAN、2回目の登場です!

足利市 めん割烹 なか川 08-6-2

今日は「ざる2枚盛り」をお願いしました。
2枚といっても、想像絶する大盛りではありませんから、
女性が、ちょうどお腹一杯になるくらいの量です。
ほら~っ、見てください。これ二八の更科。
麺は、やや細、もちもちと弾力的なコシを持つお蕎麦です。
つゆとの相性も抜群で。美味しいですよ~★
あくまでも上品なお蕎麦ですネ。

足利市 めん割烹 なか川 08-6-4

一口炊き込みご飯がついてくるのもウレシイ。
ほんのりやわらかく味のついたご飯です。

食べたい時が美味しい時。
あっ、という間に2枚完食いたしました~。

[2枚でどぅだ!  足利市★めん割烹 なか川]の続きを読む
医王寺 薬師堂 伊香保 1

湯乃花饅頭「勝月堂」さんの
すぐ横にあった「医王寺 薬師堂」。
1574(天正2)年創建されたと云われています。
薬師如来が祭られ、地元では目の神様として
知られているそうです。

[勝月堂さんの、すぐ隣。。。 伊香保★医王寺 薬師堂]の続きを読む
伊香保 勝月堂 饅頭 1

おーっ!
これが伊香保温泉の石段街です。
お湯屋さんを挟みながら、いろいろなお店が並んでいます。

途中に石碑があり、
天正4年(1576年)に形成された石段温泉街であることが
記されていました。400年以上昔ですか。。。
古いんですねー、ここ。

この石段を上りきると伊香保神社があります。
その手前。。
吹き上がる蒸気と共に
なにやら美味しい香りがタダヨッテくるのです~。

伊香保 勝月堂 饅頭 2

元祖湯乃花饅頭、「勝月堂」さん。
うわっ、温泉まんじゅうのすんごい良い香りがします♪
しかし、暖簾には元祖とありますよ、元祖!
店内に張られた新聞のコピーによると。。。

~前略~
同温泉の温泉まんじゅうは、「湯の花まんじゅう」として有名だが、
発祥は明治43年までさかのぼる。
東京で菓子製造の見習いをしていた半田勝三が、伊香保に帰省した際、
地元の古老から「伊香保にこれといった名物がない。何か新しい土産物を」と
依頼を受け「湯の花まんじゅう」を考案。温泉の茶色い湯花をイメージし、
黒砂糖を使って茶色のまんじゅうを作りだした。
云々。。。

うおーっ、正しく「元祖」!
湯の花まんじゅう発祥のお店です。

[伊香保界隈で遊ぶ その6伊香保温泉石段街  ★勝月堂]の続きを読む
360段もあるという伊香保温泉の石段街。
その一番下、上り始めの所にある「伊香保関所跡」。
江戸時代にあった関所を復元した建物です。

伊香保関所跡 1

=== 案内板より ===
関所の掟

一、関所を出る輩(やから)、笠、頭巾をとらせて通すべき事
一、乗物にて出入る輩、戸をひらかせて通すべき事
一、関より外に出る(いずる)女は、つぶさに証文
一、(手形)に引き合わせ通すべき事
一、付 乗物にて出る女は、番所の女を指出し相改む(あいあらたむ)べき事
一、手負(ておい)死人並(ならび)不審成もの(ふしんなるもの)、
一、証文なくして通すべからざる事
一、堂上の人々、諸大名の往来かねてより
一、其聞(そのきこえ)えあるにおいては沙汰に及ばず、
一、もし不審あるにおいては誰人によらず改むべき事

右の条々厳密に、可相守者也仍執達如件
(あいまもりべきものなり よってしったつくだんのごとし)
正徳元年五月 奉行

伊香保関所跡 2

===
「取調べ石」と「お辞儀石」
寛永8年(1631年)3代将軍家光のとき、三国裏往還の要地として、
この地に口留番所(関所)が設けられ、往来の人馬を取り締まった。
ここに並べた石は、当時の関所で使用したもので、
左右のやや高い石は「腰掛け石」と言われ、
関所役人が腰を掛けて取調べに当ったものであり、
中央の平らな石は「お辞儀石」といって、
旅人が関守の前で調べられるときに
平伏して手をついた石であるといわれている。

[伊香保で遊ぶ その5伊香保温泉石段街  ★伊香保関所跡]の続きを読む
ウード奏者の常見裕司さんライブ 白木蓮 

寄りかかることが出来るくらいの濃い闇の中に白木蓮はあった。
午後6時ちょい過ぎに到着した僕たちであったが、
会場の中はほぼ女性の超満員状態であった。

「ウード」。
アラビア語で「al-ud」と書く、イスラム音楽の代表的な撥楽器である。
5~6弦の複調弦を持ち、タカやワシの羽の骨を削った
細長い義甲と呼ばれる撥で演奏する。

蛍の光がひときわ明るくなる頃、髪を後ろに束ねた常見さんは
イスラム圏のワンピースのような民族衣装姿で
女性たちの空虚な空間を埋めるように奏で始めた。

[Live at 白木蓮「音の降る夜」に行ってきた! ★太田市]の続きを読む
ツルツルとしたその喉越しは
もう病みつきです!
伊香保、水沢うどんの老舗「清水屋」さん♪

この日も相変わらずの人気ぶりで、
待つこと数十分。

水沢うどん 清水屋 伊香保 08-6-2

うどん作りに精を出す職人さんたち↑

清水屋さんでは「うどん」のことを
「うどん」と表記しています。なぜかなー?
と、思っていたら店内に記してありました♪

=== 店内資料より ===
どんの由来
推古天皇の時代
水沢観音ゆかりの僧侶の手に依って
「手でこね・足で踏む」技法を伝授された時
「饂飩」(う・どん)と国字を当てたが、
「饂」はウンと読んでいたので「ン」を発音しないようにする為
小さい「む」を付け「うどん」と表記したと思われる。
清水屋では現在も四百有余年変わらず
「うどん」を使用しています。


うむむむー、なるほどー。
すごいネ。

水沢うどん 清水屋 伊香保 08-6-3

秘伝の「ゴマだれ」。
清水屋さんのつけ汁は、このゴマだれのみです。
1本勝負★って感じでしょうか。

[伊香保で遊ぶ その4うどんの名店  ★手打うどん 清水屋]の続きを読む
08年6月のエビ君 1

いつも与えているエサは、
シラクラさんの「エビ玉シュリンプフード」です。
こんにゃろ、独り占めにして食べてますねー。

08年6月のエビ君 2

以前、生まれた稚エビたちも
これだけ成長してきましたょ。
7ミリくらいかな。。。

まだ抱卵してる個体もいるんですがー。。。

[08年6月のエビ君]の続きを読む
「伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館」内にある、
「自動車博物館 CLACCIC CAR MUSEUM」。
懐かしい名車たちが勢ぞろいしてマス★
往年の彼らに会うのは桐生で行われた
クラシックカーフェス以来だなぁ~。

伊香保おもちゃと人形自動車博物館 ミゼット

1Fに展示されているのは、
国産絶版の軽自動車とフォードのクラシックカー。

スバル360のお隣にあったのは「ダイハツ ミゼット」。
展示パネルには、発売時の販売価格22万8千円。
当時のビール大瓶1本で115円、大人の入浴料金23円とあります。
ビールや入浴料と比較するあたり、
いかにも湯の町、伊香保らしいですね★

伊香保おもちゃと人形自動車博物館 セドリック

2Fは一般車がメイン。
伊香保医院のペイントが入ったコロナや、
おぉっ!これは
「ニッサン セドリック」のタクシー仕様!
実際に使われていたものなんでしょうか?
それにしても、どの車もすばらしく綺麗です!

トヨタ パプリカのボンネット部分をスケルトンにして、
エンジンルームが観覧できるようになっているのもありました★

伊香保おもちゃと人形自動車博物館 SR311

そしてそして3Fは、わくわくのゾクゾクゾーン。
絶版のスポーツカーたちです。
「フェアレディ2000」。
いましたいました、いらっしゃいました。
大好きなSR311★★★
いいなー、いいなー、エンジンかけたいなー。

伊香保おもちゃと人形自動車博物館 ハコスカGT-R

「スカイラインGT-R」。ハコスカです。
いいな、いいな、欲しいなー。
かっこいー、かっこいー、と、
すっかり興奮しておバカさん状態ですみません。。。

そしてBECCAN初対面の2車が登場する!

[伊香保で遊ぶ その3往年の名車たち  ★おもちゃと人形自動車博物館]の続きを読む
複合ミュージアムの「おもちゃと人形自動車博物館」。
テーマに則って、いくつかの博物館が一緒になった施設です。
珍しいんじゃないかな?こういうタイプの博物館。
入るまでは単なるオモチャの館と思っていたのですが。。。

伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館 -1

懐かしの「昭和」をテーマにした
「駄菓子屋横丁」。
当時の風景をそのまま再現してあります。
ベーゴマや駄菓子も販売してました。
昭和ってこんなんだったんだぁ~、
と、感心させられます。
この前まで昭和だった気がするのは
私だけでしょうか。。。(汗

伊香保 おもちゃと人形 自動車博物館 -4

「おもちゃと人形博物館」。
かなり古いブリキのオモチャなんかがたくさんあります。

これは、
「日本の人形 世界の人形」のコーナーにあった「御所人形」。
真っ白な肌が特徴の昔の人形のようですが。。。
綺麗な人形、かわいい人形、とは。。。
ちょっと違いますねー。
なんだかすごいな★

[伊香保で遊ぶ その2複合ミュージアム  ★おもちゃと人形自動車博物館]の続きを読む
楽しいコンセプトの素敵なお店を知人から紹介されて
ドライブがてらお食事してきました。
佐野にお住まいの方ならご存知でしょうか?
「カフェブラッスリー 古今東西」さん。

古今東西 佐野市 7

夜の雰囲気はこんな感じ☆
素敵でしょ?
扉へ続くアプローチからワクワクできるお店って
たいてい中も素敵なんですよね。
店内は割と広くて、カウンター、テーブル席、お座敷とあって
センスも良くバランスもgoodでした。

私はカウンターで白ワインを…♪

古今東西 佐野市 1

ファーストデッシュはサラダがお約束☆
「ハーブグリーンサラダ」です。
ビネガーが香って、元気の良い野菜と相性◎。
嬉しいのは、チーズのスライスが上にのってるところカナ。
これで、お味にアクセントがつくんですよネ。

「ヨーロピアン&アジアンフーズ」と謳っておられるだけあって
種類豊富なメニューには目移りしちゃいマス。
嬉しい悩み…デスね。

古今東西 佐野市 2

夏も近づいて、何となくアジアンテイストが恋しい今宵。
次のオーダーは「若鶏もものアジア風唐揚げ」。
見て☆この赤々したお肉。。
食欲の出る赤でしょ?
プレーンでもそれはそれで美味しいのですが
奥に見えるガラスボウルに浸していただくと
一気に「アジア度数」(笑)が上昇します。
これが、なんとも不思議な旨味でヤミツキに…。。
思わずひたひたに浸していただいちゃいます!

古今東西 佐野市 3

そして、「アンチョビのナンピザ
これは、かなりのお気に入りなので
皆にも是非食べてほしいナ。
けっこー大きいんですよ。
カットしてあるので食べ易いのも嬉しいデス。
アツアツの美味しいチーズと、アンチョビの旨味&「塩っけ」が
何とも云えない逸品です。
お熱いうちにどうぞ

[古今東西 de 味覚旅行  佐野市★カフェブラッスリー 古今東西]の続きを読む
重厚な茅葺の屋根と水車のあるお店。
この街道沿いで圧倒的な存在感、
「鹿火屋・かびや」さんです。
今回で2回目の訪問★

鹿火屋 渋川市 08-6-1

メニューはいたってシンプル。前回同様に、
「くずもち」です。
ぷるるるりん♪としたくずに、濃厚な黒蜜。
伝家の宝刀、きな粉がかけられて。。。
和菓子好きな方にはたまりませんよ~!

鹿火屋 渋川市 08-6-3

甘いモノの次には。この「ところてん」。
うにゅうにゅと、歯ごたえのあるところてん。
元気のあるところてんって言うんでしょーか?
七味をたっぷりふり掛けて、
一気にやっつけてしまいました!
好きデス、ところてん★

[伊香保で遊ぶ その1茅葺屋根と水車のある店  ★お休み処 鹿火屋]の続きを読む
足利市にあるココファームワイナリー 08-6-5

ココファームカフェにて、軽めのティスティングをこなした後(?)、
受付のお姉さんにワイナリー見学の申し込みをしました。
ずいぶん前になりますが、
「ワイナリー見学コース」をお願いしたことがあります。
今回はちょいとグレードアップして、
栽培や醸造のスタッフが案内してくれる「セミナーコース」を
お願いしました♪

足利市にあるココファームワイナリー 08-6-6

樽を使って仕込まれるワインたち。
いろいろなタイプのものがあるようです。

説明、質疑においては、
原料となるブドウのこと、醸造の工程はもちろん、
樽、醸造機具のこと、菌や酸、
至っては、案内してくれたヴィンヤード・ディレクター曽我さん★の
ワイン造りにかける情熱まで!
やるなぁ~。。。

[ココファームワイナリーを見学した! 足利市★COCO FARM WINERY]の続きを読む
以前、石坂さんから、
「うまいうどん屋がありますよー」、と聞いていたのです。
過日、いよいよ、やまけんサンのブログでも紹介されました!

と言うことで、行って参りました、
赤城山麓、富士見村にある
「だんべ うどん」さんです!

富士見村のだんべうどん

オーダーしたのは
お店のおすすめ、「肉汁うどん」。
3合、5合、7合盛りとある中から、5合盛りを注文!

原料の小麦は地粉。
だから若干の色がついています。
白いうどんしかお目にかかったことがなかったので
意外に意外。うどんて色があるんだなー、と。
自然な色だね♪

富士見村のだんべうどん 2

「ゴボウのきんぴら」と「椎茸」。
やはり、こだわりの農家さんから
仕入れている無農薬のものだそうです。

少し濃い目の肉汁につけて。
さぁ、いただきましょう!

[富士見村のだんべうどん  富士見村★うどん そば処「だんべ」]の続きを読む
足利市にあるココファームワイナリー 08-6-1

オフィスに訪れたゲストたち。ときどきお連れしてます、
ココファームワイナリーさんのデッキランチ。
晴天のこの日、とても気持ちの良い風がふいています。

初めのグラスは「農民ドライ」。
爽やかな辛口の白ワインです。

足利市にあるココファームワイナリー 08-6-2

昼食の時間には少し早いので
アラカルトでおつまみを。「生ハムサラダ仕立て」。
生ハムの塩味が良いアクセントになって
とてもワインがはかどります。
昼間のお酒って、なぜこんなに美味しいんだろう(笑

[テイスティングでほろ酔い気分♪ 足利市★ココファーム カフェ]の続きを読む
珈琲豆焙煎 カファ 赤城です。-3

Kaffaさんからコメントをいただきました。
前回お伺いしたのは昨年の3月の頃だったかな。
焙煎室を建てている途中の頃。。。
早いなぁ~、もう1年以上経ってしまった。

ホームページのアドレスが変更になったようです!
下記にご紹介♪


kaffaさんのページはこちらから。
The heart of coffee 「kaffa」

以前の記事はこちらから。
珈琲豆焙煎 Kaffa #赤城

【珈琲豆焙煎 Kaffa】
@群馬県桐生市新里町赤城山1286-234
TEL&FAX/0277-74-4712

珈琲豆焙煎 Kaffa
西場の百観音は小高い丘の上にあるのですが、
その上り口のところにありました。
「勢至菩薩坐像・せいしぼさつざぞう」と
「廻国供養塔・かいこくくようとう」。

足利市西場町 勢至菩薩供養塔

=== 案内板より ===
石造 勢至菩薩供養塔
~前略~
銘文から「寛政8年」(1769)「西場村寿福山勧行寺 願主 大阿闍梨円海」の
造立になることがわかります。
勧行寺の存在を示す資料としても貴重です。

足利市西場町 廻国供養塔

===
石造 廻国供養塔
~前略~
銘によれば本塔は
「西場村 願主 行者 源蔵」の
日本二返廻国を成し遂げた記念碑として
文政10年(1827)に造立されたものです。


すごいぞっ!

以前の記事はこちらから。
西場の百観音  ★足利市

勢至菩薩坐像と廻国供養塔
@栃木県足利市西場町

勢至菩薩坐像と廻国供養塔
赤城 御宿総本家だよ。08-6-1

本日の「赤城温泉 総本家」さんです。
デジカメのレンズが雲ってますね。

赤城 御宿総本家だよ。08-6-2

そしたら、こーんな感じの
不思議っぽい写真も撮れました★

赤城 御宿総本家だよ。08-6-3

ひと風呂浴びて、久しぶりにご主人と歓談。
赤城の地場産、ヨモギを練りこんだ「よもぎまんじゅう」と
コーヒーをいただきましょう。

[赤城温泉、御宿総本家だよ。  ★赤城]の続きを読む
餃子といえばビールかな。
最近は一緒にワインなども嗜みますが。

足利市の「粋圓・すいえん」さんです。

粋圓さんに現れたビール野郎 1

粋圓さんの「特製ぎょうざ」。
パリパリじゃなくて、どちらかと言えばモチモチ。
そして野菜じゃなくて肉餃子。
かじった時にジュワッと肉汁が出る餃子なのです。
小籠包みたいな。。美味しいよ★

マスターは、このモチっとした皮の触感を出すため
試行錯誤されたそうです。やるなぁ~。

で、やっぱりビール。
「サントリー プレミアムモルツ」。

粋圓さんに現れたビール野郎 2

今夜の連れは久しぶりに会ったビール野郎。
「これ!これなんですよBECCANさんっ!
泡がグラスについていないでしょう。
グラスが汚れていない証拠なんです!」

ふーん、そーなんだー。。。

[粋圓さんに現れたビール野郎。  足利市★中国料理 粋圓]の続きを読む
「西場の百観音」って知ってます?
ずら~りと百体もの石仏が並んでいるんです。
私も最近知ったのですが。。

西場の百観音 足利市 1

=== 案内板より ===
勧行寺(かんぎょうじ)跡と百番観音
創建、廃寺の時期はいずれも明確でないが、
本寺(寿福山勧行寺)は、格式のある修行寺として
隆盛をきわめたが、今はお行様(おぎょうさま)と伝えられている。
寛政年間大阿闍梨(だいあじゃり)円海和尚が、
西国、坂東、秩父の百番観音を勧進する偉業をなし遂げ、
完全な形で百体の石仏が保存され、
往時の民衆の厚い信仰を物語る貴重な文化財である。

西場の百観音 足利市 2

===
勧行寺「鐘楼」跡地
当地にはかつて鐘楼があり、170年の長きに亘り、
荘厳な音を近郊にひびかせてきました。
しかし、先の第二次世界大戦で供出した梵鐘とともに
その姿を消してしまいました。
云々。。。


かつてこの場に勧行寺があって
修行のお坊さんたちが出入りしていたのですねー。

西場の百観音 足利市 3

これだぁ~★
「西場の百観音」。

[西場の百観音  ★足利市]の続きを読む
Live at 白木蓮 音の降る夜 2008年6月21日

「茶房 白木蓮」さんのライブプレゼンツ、「音の降る夜」!
今回はアラブ音楽の第一人者、常味裕司さんが登場するぞっ!
皆さん、ウードって楽器知っていますか?
BECCAN的にも初体験の空間になりそうです♪
これは見逃せないっ!
さぁ、皆でいってみよーっ!


「音の降る夜」 ~アラブの風 日本の鼓動~
日 時/2008年6月21日(土) 17:30開場 18:30開演 2部制
出 演/
常味裕司 (ウード)
石坂亥士 (神楽太鼓)
チケット/前売り3500円、当日4000円 (1ドリンク付き)

お問い合わせは。。。
茶房 白木蓮
群馬県太田市丸山町1207
TEL/0276-37-4309
お店のホームページはこちらから。
茶房「白木蓮」hakumokuren

[Live at 白木蓮 音の降る夜~アラブの風 日本の鼓動~ ★太田市]の続きを読む
阿夫利神社 足利市 1

山登りはほとんど経験したことがありません。
一度だけ足利市の両崖山に登った事があるくらい。。。

ここは大小山ハイキングコースの入り口。
でもハイキング目的じゃあないんです。
その駐車場から少しだけ上ったところにある「阿夫利神社」。
お社がひとつだけの小さな神社です。
どんな神社かなぁ~、と思ってやって参りました。
ホント小さかった。

しかし、山登りって人気なのでしょうか?
駐車場はハイカーの皆さんで満車!
平日ですょ?すごいなっ★

阿夫利神社の左手、沢沿いに登っていくと
「石尊の滝」が現れます。。。

[西場町の阿夫利神社 afuri jinja  ★足利市]の続きを読む
気持ちのリフレッシュも兼ねて
久しぶりの「カフェ・ブロッサム」です。

お店に向かうまでの道のり。
まわりの風景や
山の空気がとても気持ち良いのです。

オーダーしたのは、
「オーガニックビーフ100%のハンバーグ」。
サラダとパンが付いてきます。
プラス「スローセット」を。
スローセットは「一口前菜」と「ケーキ」、
「ドリンク」の付いたプチセットです。

カフェブロッサム 08-5-6

「一口前菜」。
チーズにハーブを混ぜたものと、手前はタプナード。
こんな前菜をいただいたら、ワインが欲しくなってしまいますネ。

カフェブロッサム 08-5-5

「野菜サラダ」。
無農薬の野菜だけを使ったサラダです。
田舎の野菜は元気が良いです(笑。
ビネガー、オイル、塩、胡椒をして
自分好みの味付けでイタダキましょう★

カフェブロッサム 08-5-4

そして暖かでモチモチの「パン」。
白パンと、麦と胡麻の風味のするパンです。

[久しぶりのcafe brossom  ★佐野市]の続きを読む
石坂亥士 音曼陀羅之世界展

ジェンベワークショップは今夜8:00まで。
参加費は2000円だそうです。
そしていよいよ明日に迫った「Live at 有鄰館」!
さぁ、皆でいってみよーっ!


「音曼陀羅之世界」 ~石坂亥士 Live at 有鄰館・酒蔵~
日 時/2008年6月7日(土) 18:30開演
日 時/2008年6月8日(日) 14:00開演
出 演/石坂亥士
チケット/前売り2500円、当日2800円
※今回は、楽器等の展示も合わせて行っていますので、常に開場しております。

お問い合わせは。。。
TEL/090-8778-1313(石坂)
daragontone@gmail.com
石坂亥士さんのページはこちらから。
dragontone

チケット取り扱い店/
【桐生市】
伊東屋珈琲 0277-53-5053
わびさびや 0277-43-9088

前回のライブはこれだ!
石坂亥士さん、叩き初めのライブに行ってきました。 ★桐生市

有鄰館
連れのN君がまたもや指差した。
「BECCANさん、あれあれ」。
ここはお寺さんですね。「龍泉寺」と書いてあります。

足利市 龍泉寺 木造金剛力士立像 5

「山門」。
さぁ、入ってみましょう★
と、いうところで気になる案内板が。。。


=== 案内板より ===
木造金剛力士立像
ともに上半身裸形で、玉眼挿入、赤色塗彩で台上に立つ。

足利市 龍泉寺 木造金剛力士立像 1

阿形像は開口し、左手に金剛杵(こんごうしょ)をとり、

足利市 龍泉寺 木造金剛力士立像 2

吽形像は閉口し右手を開く。

観音堂に至る石段にかかる山門の左側に阿形像、
右側に吽形像がある。
山門が天保5年(1834)の建造であることから
同時期の作とみられる。保存も良い。

[龍泉寺にあった木造金剛力士立像  ★足利市]の続きを読む
太田市に新しいお寿司屋さんを見つけたので
行ってきました。
「すし肴 なかさと」さん。

ご主人がオレンジ色が好きなのだそうで、
店先にはオレンジの暖簾がかけられてます。
そう言えば看板もオレンジでした~。

太田市 すし肴 なかさと

そら豆、ワサビの和え物、ホタテの
「お通し3点」。
このお通しでチビチビやるのが大好きなのです。
特にワサビの和え物に惚れ込んでしまいまして、
ちびりちびりやりました。
お酒は黒龍の熱燗です★

太田市 すし肴 なかさと 1

「お刺身盛り合わせ」。
魚も美味しかったけど、
大好物の「アオヤギ」★これは美味しい!
大好物なのです♪

太田市 すし肴 なかさと 3

「煮物」です。
いいんです、こういうオツマミ★
好きだなぁ、お酒がすすみますよー。

[寿司と肴で、なかさとサン!  太田市★すし肴 なかさと]の続きを読む
「あれじゃないの?!」
足利市の西場町に来ています。
連れのN君が指差した方向には神社が。。。
目的とちょっと違いましたがせっかくなので
寄って行きましょう★

足利市西場町の稲荷神社 5

西場町の「稲荷神社」です。
この鳥居から参道、拝殿までが
すごくカッコいいです♪

足利市西場町の稲荷神社 1

「拝殿」。
稲荷神社といえば農業の神様。
五穀豊穰や商売繁盛にご利益があるといいます。
そういえば、狛犬ならぬ、狐の像なども
見当たらなかったなぁ。

足利市西場町の稲荷神社 4

「本殿」。
格子の覆屋です。
朱に塗られていますね。

[西場町の稲荷神社  ★足利市]の続きを読む
友人O君のお誘いで、
蔵の街、栃木市に来ています。
今宵の2軒目。
さぁさぁ、早速参りましょう!

やって来たのは「酔魚菜・よいとな」さん。
うまい肴を出してくれると評判の居酒屋さんです。

1杯目はもちろん日本酒から。
ご主人が薦めてくれた「鳳凰美田 純米吟醸」。

酔魚菜 栃木市 2

おつまみは、定番メニューの他に
季節の品が並びます。
「山菜セット」★
天婦羅の盛り合わせかな?と思ったのですが、
おひたしでした。さすがっ!
こごみ、しどき、こしあぶら、うるい。
季節の味を楽しみましょう。これは大好きです★

そして、もう1酒。
「杉並木 大吟醸」。これもスッキリしてオイシイお酒でした。

酔魚菜 栃木市 3

「岩魚のお刺身」。
これは市内でも珍しいんじゃない!
淡白でコリコリとした食感。
たまらなくオイシイです。臭みなんか全くないしネ。
川魚が苦手な人にもチャレンジしてほしい一品です。

[栃木市の飲ん処 その2  栃木市★酔魚菜]の続きを読む