ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
足利市、梁田町にある「星宮神社」です。
案内板には、
縁起、社伝等は不明ですが、村社として
旧梁田村を中心に厚く信仰されていた、とあります。

梁田町 星宮神社 1

「狛犬」君。
おおっ!なんとっ!
ここの狛犬君は一角獣じゃあないですか★
まちがいなく、脳天から1本はえてますよー。
やったねー♪

梁田町 星宮神社 2

それとー、初めて見たんですけど。
これ「獅子山」。
岩などで山を築き、そこに獅子を置いたものを
獅子山というらしいです。
どうなんでしょう?台座に座った普通の狛犬君よりも
ゴージャス(笑)なのかな♪
ちょっと感動。。。

梁田町 星宮神社 6

「拝殿」。
拝殿の裏に「本殿」がありますが、
覆屋で囲まれていて拝見することができませんでした。

[一角の狛犬君発見!  梁田町★星宮神社]の続きを読む
友人Aクンの案内で塩原に来ています。

執筆活動、締め切りに追われる私は、
世間との隔離を求め
個室休憩と貸切風呂をお願いしたのですが。。。

日帰り入浴ではなかなか見つからないっ?!
観光案内のオジサンに聞いたところ、
「湯仙峡くらいだねー。あとはないよ」と。

ニュー塩原 湯仙峡 3

「湯仙峡・ゆーせんきょう」。
ホテルニュー塩原さんの入浴施設です。

館内入りまして、受付は4Fなのでお間違いのないよう。

ニュー塩原 湯仙峡

ここが別館の「貸切露天風呂」。
1回50分で2000円です。

鋼色をしていますが、さらさらとした湯。
おおーっ。いいんじゃない?!
ゆ~っくりつかって、リフレッシュ。
ブクブクブク。。。

[日帰り入浴施設「湯仙峡」  ★塩原市 その4]の続きを読む
ぐんまフェアおおた2008 2

「100万本の芝桜 ぐんまフェアおおた2008」。
会場とは逆方向にある臨時駐車場より運行されている
無料バスに乗り込んでGo→

ぐんまフェアおおた2008 3

白がすごかったな。。

[100万本の芝桜 ぐんまフェアおおた2008  ★太田市]の続きを読む
塩原市 源三窟 7

友人Aクンの案内で塩原に来ています。

これは資料館に展示してあった当時の鎧です。
他にも、洞窟内から発見された
錆ついていて、リアリティのある甲冑も展示されていました。

塩原市 源三窟 8

これは源有綱さんの墓碑。

塩原市にある「源三窟・げんざんくつ」の入り口にあります。
源三窟は40mほどの鍾乳洞なのですが、
源有綱(みなもとのありつな)が敗戦の身を隠した場所です。

有綱?って誰?
牛若丸で有名な源義経さんの腹心です。
兄・頼朝に狙われてしまう義経は奥州(岩手県)へ
落ちていきますが、途中まで行動を共にしていたのが
この源有綱さんです。

塩原市 源三窟 1

さぁ、入り口よりどうぞ。
うむむ。。。

[源氏伝説の残る鍾乳洞  塩原市 その3★源三窟]の続きを読む
足利市にある「菊寿司」さん★
一杯やりたいにゃ~ん。
熱燗をお願いしたら「置いてないよー」と。
お酒は出してないのだそうです。ちょいと残念。。

しかし!
そんなことはどうでも良くなるほど、
驚愕の真実を目の当たりにする!

メニューには、どう見ても蕎麦の方が多い。
お寿司屋さんなのに蕎麦屋さん?
蕎麦も出す、お寿司屋さんなのか?
寿司を握る、蕎麦屋さんなのか?

しかーし!
更科の、かわり蕎麦を発見!
これは期待大なので、イザイザ!

足利市 菊寿司 1

手前が「しそ切り」、奥が「ゆず切り」。
うむむむむ。。。。

足利市 菊寿司 2

そして「唐辛子切り」と「竹炭切り」。
それぞれが半分の量ですから、
4種類でちょうど大盛りと同じくらいの量になります。

うむむむむむ。。。。
こ、これは。。。。
う、う、う、

うまぁーーーーーいっ!

[驚愕!寿司屋のお蕎麦!  足利市★菊寿司]の続きを読む
御宿 総本家 赤城温泉 08-4-1

はじめに出迎えてくれたのはコイツだ。
ナニゲに人見知りするような仕草のワン吉。
ワン吉というのは勝手にこちらが呼んでいるだけですが。
軽めに嬉しくなりながらも逃げていくシャイなヤツ。。。

御宿 総本家 赤城温泉 08-4-2

冬の豪雪では、あのクネクネと登っていく道中、
なかなか自信がないもので、
しばらくぶりの訪問となった「御宿 総本家」さん★

今日も?温泉先生はいないようだねー。
きっと、日曜大工の部品の買出しでしょう。。。

御宿 総本家 赤城温泉 08-4-3

相変わらずここのお湯は素晴らしくて、
程よい虚脱感が体をリフレッシュさせてくれる。
ぬる目だしネ。

ちなみにお湯の透明度はこんなんです。
手が見えます?

御宿 総本家 赤城温泉 08-4-4

そして微炭酸泉。
わずかに炭酸を含んだお湯は
「ジャボンっ!」てやると
しばらく、プクプクプク~、てなるんです。

肌にまとわり着いてくるようなイイ湯だょ。

[2008年、御宿 総本家  ★赤城温泉]の続きを読む
ずいぶん前に、塩原市の温泉街を通る
箒川(ほうきがわ)沿いに発見。
気になっていたお店なんです。
「スープ入り焼きそば」の
大きな看板が出ていますから一目でわかりますョ。

「スープ入り焼きそば」ってなぁに?
BECCAN的、初体験で楽しみでありまする。

「こばや食堂」さんにやって参りました。
人気店ということなので、
混雑をさけるため、オープン直後の11:00チョウドに入店。
当然、うわさの「スープ焼きそば」をオーダー♪

塩原市 こばや食堂 スープ焼きそばの有名店 2

おぅおっ!
これが「スープ入り焼きそば」!
ソースと醤油が入り混じった香りが漂ってきます。
スープは見た感じ、醤油スープの濃い色をしていますね。
うむ。。
さっそく、いただきますー★

[こばや食堂さんのスープ入り焼きそば  ★塩原市 その2]の続きを読む
08年4月のエビ君、その2の2

少しは大きくなったかなぁー?
前回、孵化を確認できたエビ君です。
スポンジフィルターについたエサ?を
チョイチョイとついばんでいます★

[08年4月のエビ君、その2。]の続きを読む
「レストラン ゆり」の中川町店さんに行ってきました。
相変わらずの人気店で
年齢、男女問わず、満席状態です♪
ちょいと待たせていただいて、イザイザ!

足利市 レストラン ゆり 08-4-1

野菜はたくさん取らないと、ですねー。
美味しい「サラダ」です。
それぞれの野菜もしゃっきりしていますし、
特製マヨネーズが又いいんです。
これにイタリアンな、オイシサたっぷりの
ドレッシングをかけていただきます。
ホワイトアスパラ、レタスの下に隠れていた
セロリがウレシィ★

足利市 レストラン ゆり 08-4-2

スープは定番の「コーンポタージュ」。
トウモロコシの香りも良いですし、
口当たりもマロヤカ~。

ここで、グラス生ビールから
グラス白わいんにスイッチ!
ぐいぐいとあおりますョ~(笑

[家庭的な雰囲気の洋食屋さん  足利市★レストラン ゆり]の続きを読む
まちがいない2008「銘酒・地酒を楽しむ会」

足利市で行われる日本酒を楽しむ会。
美味しい地酒で楽しい会!
BECCANでは御馴染み、石坂亥士さんの演奏もあるぞ!
さぁ、皆で行ってみよー。


まちがいない2008「銘酒・地酒を楽しむ会」
日 時/平成20年5月25日(日曜日)
日 時/午後5時~午後7時
会 場/足利市民プラザ小ホール
参加費/3500円(前売り、おつまみ付き)、当日は4000円
参加蔵元/
麓井(山形県・麓井酒造)、大那(栃木県・菊の里酒造)、
杉並木(栃木県・飯沼銘醸)、鳳凰美田(栃木県・小林酒造)、明鏡止水(長野県・大澤酒造)、
黒龍(福井県・黒龍酒造)、正雪(静岡県・神沢川酒造場)、
瀧自慢(三重県・瀧自慢酒造)、扶桑鶴(島根県・桑原酒場)、
庭のうぐいす(福岡県・山口酒造場)、鍋島(佐賀県・富久千代酒造)、
アルガブランカ(山梨県・勝沼醸造)
ゲスト/
籠橋宗範(赤城・宗月釜)
石坂亥士(神楽パーカッション)


チケット、お問い合わせ/
【太田市】
食楽酒房 なっから 0276-45-5879
炭火ダイニング 燈 0276-38-2901
【桐生市】
焼酎ダイニング 空 0277-45-3155
【足利市】
shiーsu 無依 0284-72-0737
和処 司 0284-21-5464
炭焼 利衛門 0284-73-5665
ファースト カフェ 0284-72-1115
足利市民プラザ 0284-72-8511


以前の記事はこちらから。
「やまけんの飲み倒れ日記」にて。 ♯足利市

足利市民プラザ
@栃木県足利市朝倉町264
足利市民プラザ
塩原市 湯っ歩の里

友人Aクンの案内で塩原に来ています。

塩原温泉のほぼ中心地にある「湯っ歩の里」です。
日本最大級の「足湯」の施設です。

入館料、大人200円を払って、イザっ!

[足湯温泉 湯っ歩の里  ★塩原市 その1]の続きを読む
時々思い出しては、
行きたい衝動にかられるお店。。。
佐久市の「職人館」さんで飲もう、
ということになりましたから、
それはもう嬉しい♪めちゃラッキー★

職人館 佐久市 08-4-2

お蕎麦なら日本酒かいっ?
ホスト役のMさんが地元のお酒を用意してくれていた。
大澤酒造さんの「明鏡止水」と「信濃のかたりべ」。
「飲んべぇが集まったら料理はいらねぇかな(笑。
ほら、これうちの塩。」
ご主人の北沢さんがオリジナルの塩を
出してくれました★
うれしいにぁ~ん。

職人館 佐久市 08-4-3

「みまき豆腐」。
地元の大豆で作られたお豆腐。
旨味たっぷりです。お醤油は甘みのあるものでした。

職人館 佐久市 08-4-4

「野菜の盛り合わせ」。
思わず、
「この辺りの人たちは、普段からこんなに美味しい
野菜を食べているのですか?!」と、
聞いてしまいます★
大地のエネルギーですよネ。
フレッシュフレッシュ。

新ゴボウもウマイぞっ!

[職人さんはヘンクツさん?  佐久市★職人館]の続きを読む
2008年 つくし

ナンダカ、久しぶりに会ったような気がする。
この「ツクシん坊」。

思いっきり背伸びをして、
足がつるくらいまで伸びて
遠くまで胞子を飛ばそうとしているにゃ~。

タンポポも面白かったけど
この「ツクシん坊」にはヤラレタ。
中仙道 茂田井 間の宿 4

旧中仙道、かつての茂田井(もたい)、間の宿(あいのしゅく)。
茂田井は正式には宿場ではありません。
望月と芦田の中間の位置するため、この二つの宿に泊まりきれない時に
かわりに宿となる「間の宿・あいのしゅく」の役割を担っていました。

土蔵造りの町並みが今も残っています。
雰囲気ありますねー。かっこいい★

中仙道 茂田井 間の宿 1

「若山牧水の記念碑」。
この地を訪れた若山牧水が詠んだ詩です。
とてもお酒が好きな方だったのでしょうね。

「しらたまの 歯にしみとほる 秋の夜の 酒はしづかに 飲むべかりけり」

「よき酒と ひとのいふなる 御園竹 われもけふ飲み つよしと思へり」

「ひとの世に たのしみ多し 然れども 酒なしにして なにのたのしみ」

[信州・中仙道、茂田井 間の宿にて。  ★佐久市]の続きを読む
2008年 春の宗月窯にて 1

個展前ということで、
窯に入る前の器が工房のあちこちにありました。

2008年 春の宗月窯にて 2


2008年 春の宗月窯にて 4

こんなのもいたり。。。
だれだろ?

2008年 春の宗月窯にて 3

まだ作品になっていない作品だけど
観ていて飽きないんですよね。
いろんなのがいてオモシロイ。

[2008年 春の宗月窯にて]の続きを読む
真山家「大和屋」さんから
ほどなく、街道沿いに「大伴神社」の入り口が見えてきます。

大伴神社 佐久市 4

太い注連縄。ナカナカ趣のある鳥居。
御嶽宮、大伴宮という扁額が掛けられています。
ここより石段、参道をのぼったところに
大伴神社があるのです。

大伴神社 佐久市 1

拝殿の両側にいた「狛犬」クン。
キョロっとした目とくるくるパーマ。
唐獅子のよう。

大伴神社は、平安時代の延喜式内社で佐久三社の一つ。
土地の豪族・大伴氏の祖神である
天忍日命(あめのおしひのみこと)が祀られています。

[信州・中仙道、望月宿にて。  佐久市★大伴神社]の続きを読む
第26回 上野の森美術館大賞展

只今入ってきた情報によりますと、
4月17日(水)より上野の森美術館において
大賞展が開催される模様デス。

千恵子さんの作品は後期の展示。うむっ!
さぁ、皆でいってみよー!

明日をひらく絵画「第26回 上野の森美術館大賞展」
日 時/前期*2008年4月17日(水)~4月22日(火)
日 時/後期*2008年4月23日(水)~4月28日(月)
日 時/10:00~17:00 (会期中無休)
会 場/上野の森美術館 東京都台東区上野公園1-2
入場料/大人600円、大・高生400円


ホームページはこちらから。
上野の森美術館

上野の森美術館
佐野アウトレットをかすめ、市内をドライブ
……と、、お腹の虫がクラクション!?
気軽な感じでピザが食べたいなぁ。と言うことで
「ジャポネーゼ」さんにお邪魔しました。
天井の高いホールで、優しい照明。
厨房には赤々と燃える火の石釜。

アラカルトでいくつかお願いしましたぁ☆

佐野市 ジャポネーゼ 08-4-3

サラダは「かぼちゃのクリーミィサラダ」。
甘いカボチャとサッパリしたビネガーが意外にもマッチしてました。
こういうこってりしたサラダもたまにはいいなぁ♪

佐野市 ジャポネーゼ 08-4-4

今夜一番楽しみにしてたピッツァ~~☆
大きなお皿にのってきて、びっくり!
「おっきぃねぇ~」って。
お店にある石釜で焼かれたピッツァです。
色々迷ったんだけど「森のいろいろキノコ」をチョイス。
大きさはあるけれど生地は薄めですから
くるくるんと丸めてスナック感覚でいただけます。
カンパリオレンジと合うんだな…コレうききっ。
キノコの食感も良かったです。
プレーンな味に飽きてきたら、辛いオイルをかけて
ひと味アクセントをつけていただきます。

[ジャポネーゼでカジュアルイタリアン  ★佐野市]の続きを読む
望月宿 やまとや 1

旧中仙道、望月宿、街道沿いにある
真山(さなやま)家、「やまとや」さんの前に来ています。

真山家は土地の名主で、
望月宿の旅籠と問屋を兼ねた大和屋を営んでいました。
この建物は望月でも最も古いらしく、
国の重要文化財に指定されています。

街並み、建物といい、当時の景観が残っていて
とても風情があります。

[信州・中仙道、望月宿にて。  佐久市★真山家「やまとや」]の続きを読む
前回お邪魔しました「並木藪蕎麦 堀江店」さんに
またもや来てしまいました。
足利市の梁田町にある「藪蕎麦」系列のお店です。

足利市にある並木藪蕎麦 堀江店だよ。

ランチで、「カレー丼セット」を注文。
何を隠そうこの私、
お蕎麦屋さんでカレーをいただくのは初めてなのです。
よく、お蕎麦屋さんのカレーは云々。。
と言いますが、はたして?!

足利市にある並木藪蕎麦 堀江店だよ。 2

セットには、カレー丼とお蕎麦、
(あったかいウドンも選べるみたい)
冷奴、お新香がついてきます★

と、さっそくカレーに行きたいところですが、
お蕎麦がのびてしまいますから。。。
んずずずずーっ、と。
十割蕎麦で美味しいです。
海苔と蕎麦の香りがゼツミョーっ!

[カレー丼セットをいただく!  足利市★並木藪蕎麦 堀江店]の続きを読む
「え?耳を食べるぅ?!」

佐野市にある野村屋本店さん。耳うどんです!

葛生町仙波(せんば)に伝わる郷土食。
「耳うどん」。。。
佐野市内では「野村屋本店」さんでいただくことがデキマス。

この「耳うどん」を食べるという奇習は
“正月三が日に悪魔の耳になぞらえたこの「ミミうどん」を食べると
悪魔の耳を食べちゃうワケだから、悪魔は我が家の話を聞く事ができなくなるから
その年は無事息災で過ごせるわぁ”
…という意味があるらしい。
他の説によると
“耳を食べてしまえば悪口が聞こえなくなるから
ご近所サマとのお付き合いも円満にゆくわぁ”
という意味もあるらしい。

んんー、、「THE ムラ社会 NIPPON」ならではの
おもしろい言い伝えですね。

[耳うどんf/w野村屋本店  ★佐野市]の続きを読む
最近になって、かなりの数のトラックバックが届きます。
ほとんどが記事に関係の無いスパムと思われるようなもの。
いろいろと設定をかえてみてもちょっと難しいみたいデス。

削除処理も大変なものですから、しばらくの間、
トラックバックを受け付けない設定に変更しようと思います。

トラックバックってブログの魅力のひとつだと思うんだけど
残念だにゃ~ん。
皆さん、コメントで、宜しくお願いします★
旧中仙道、かつての八幡(やわた)宿には
「八幡(はちまん)神社」があります。

街道から二つの鳥居をくぐると
堂々とした「楼門」が出迎えてくれます。
これは立派だっ。

八幡神社 佐久市 1

=== 案内板より ===
~前略~
楼門とは楼造りの門のことで二階建ての門を言う。
一階と二階の境は親柱に擬宝珠(ぎぼし)をつけた
高欄(こうらん)の縁側を巡らしている。

八幡神社 佐久市 7

頭貫木鼻の唐獅子、各所に施されている彫刻等、
江戸時代末の特色を示す門の両脇の間には
衣冠束帯(いかんそくたい)に剣と弓矢を持った
武官神象の随神をおく。

楼門高く懸かっている額は明治時代に奉納されたもので
戈(ほこ)を止めて武を為す と横書きされている。
云々。。。

八幡神社 佐久市 8

「戈止武為」 戈(ほこ)を止めて武を為す。
武の本義は、人と人との争いを止め
平和と文化に貢献する、和協の道を表した道徳的内容を
もつものであり、いたずらに敵を殺し、闘争を求め、
敵に勝つことのみが目的ではない。

こちらは「狛犬」くん。

八幡神社 佐久市 3

で、「拝殿」です。

八幡神社 佐久市 6

拝殿には、さまざまな彫刻が施されています。
「唐獅子」。
右にちょっと見えるのは「獏・ばく」の鼻だよね。
もちろんドラゴンもいました★

[信州・中仙道、八幡宿にて。  佐久市★八幡神社]の続きを読む
4人の素材

それぞれ違う分野の作家たちが
一つの空間に集います。
「愉しい輪」のハーモニーを実感していただければ幸いです。
と、ありました。

「陶」、「織」、「木」、「硝」、の素材。4人展です。
さぁ、皆でいってみよー!

「4人の素材」
日 時/2008年4月30日(水)~5月10日(土)
日 時/11:00~19:00 (最終日~17:00まで) 会期中無休
会 場/ギャラリー ア ビアント 東京都墨田区吾妻橋1-23-30リバーピア吾妻橋1F
TEL&FAX/03-3621-0278
作家さん/籠橋宗範(陶)、湯本佐緒里(織)、平井敦(木)、木村俊江(硝)

[4人の素材  浅草★ギャラリー ア ビアント]の続きを読む
こんもりとした木々に囲まれた
小高い丘の上にありました「駒形神社」。
旧中仙道、かつての塩名田宿にある神社です。

この場所は駒形城があったとされていますが、
資料がなく詳細は不明!
城址に建つ神社さんですね。

駒形神社 佐久市 1

案内板のすぐ横にあった道祖神。
防空壕みたいな祠もあったけど、なんなのでしょう?
境内にも数体の石仏がありました。

駒形神社 佐久市 3

「拝殿」です。

=== 案内板より ===
駒形神社の創立については記録に乏しく明らかではないが、
この地方は、いわゆる信濃牧の地であり、
祭神には騎乗の男女二神像を安置しているので
牧に関連した神社と推定されている。
昭和24年5月30日国宝保存法により国宝の指定を受けたが
文化財保護法の施行により
現在は重要文化財に指定されている。
再建は文明18年(1486)と伝えられるが、
形式手法から見て、その頃のものと考えられる。
云々。。。

[信州・中仙道、塩名田宿にて。  佐久市★駒形神社]の続きを読む
赤城の南面、国道343号沿いです。
高原牧場クローネンベルクのすぐ近く。
只今満開の「赤城南面千本桜まつり」に行ってきました★

赤城山麓 千本桜 4

朝方、パラパラと小雨がオチテイタのですが、
到着するころには、所々お日様が顔を出してくれました。

赤城山麓 千本桜 1

全快満開といった感じにもみえますが、
雨でもふらなければ、あと数日楽しめるんじゃないでしょうか。

赤城山麓 千本桜 2


[赤城南面の千本桜 2008]の続きを読む
伊香保温泉 清芳亭 饅頭

これ、にゃ~んだ?

BECCANの大好物です。
かなりヤバい関係です。ワタシたち。

つやつやで、柔らかくて、上品な甘さ。
お口の中で溶けちゃうようなはかなさ。

[私の大好物デス★]の続きを読む
旧中仙道、かつての岩村田宿にある「龍雲寺」。
岩村田宿は、本陣がなかったため、
ここ龍雲寺さんがその役割を担っていたそう。

龍雲寺 佐久市

大きくて迫力ある「山門」デス。
武田の家紋である「武田菱」が見えますね。
武田信玄ゆかりのお寺さんなのです。

龍雲寺 佐久市 5

「本堂」には「覚皇殿」の額があります。
本殿の横を通り、さらに進むと。

龍雲寺 佐久市 3

おおーっ。
ありました、ありました。
「信玄公 霊廟」。

龍雲寺さんは、武田信玄公の
遺骨が発見されたところとしても有名!
遺骨は、この霊廟の中に安置されています。
すごいぞっ!

武田信玄の遺骨は、
昭和6年5月29日に境内で発見されました。
もちろんこの霊廟にも
武田菱がありましたょ★

[信州・中仙道、岩村田宿にて。  佐久市★龍雲寺]の続きを読む
もう、走った?
北関東自動車道

この前、BECCAN走って来ました。
いやぁ、驚きデス。興奮デス。

太田桐生ICから乗ったんだけど、ビュビューンって走って
そのまま関越自動車道に入って、太田桐生から25分で渋川伊香保ICに着いちゃった!

渋川伊香保へ着いたなら…ココへ行くしかないでしょぉ!
そぉでしょぉ☆そぉでしょぉ★

水沢うどん 清水屋 08-3-3

昨年春に知って以来、常に私の中の「THE KING OF UDON」。
清水屋さんのうどん。
ここのおうどんは「うどん」と呼ばれるのデス。
こちらは大盛りデス。

シンプルなの。
刻み海苔と青菜と生姜だけだもん。

[水沢うどん、清水屋にまた来たっ  ★渋川市]の続きを読む
半田早尾神社 渋川市 1

江戸時代の創建と云われる
「半田 早尾神社」です。
なかなか気持ちの良い神社ですね。
境内も広々とした印象で
風通しの良い感じ。

半田早尾神社 渋川市 2

「狛犬」です。
お尻を突き出し、構えをとって
がうぅぅぅ。。。。、と唸っているような。

半田早尾神社 渋川市 3

立派なご神木もありました。
「夫婦欅」というのだそうです。

=== 案内板より ===
半田早尾の夫婦欅
此の欅(けやき)は樹齢が500年を超えていると言はれています。
応仁の乱や戦国時代にはすでに生きていたことになります。
日本の歴史、半田の歴史を見ていた事になります。
本来別の2本の欅が永い歴史の中で
完全につながりました。
云々。。。

合体しちゃったわけですねー。
すごいなっ!
縁起の良い樹とされ、子宝に恵まれるという
伝説もあるらしいです。

[半田の早尾神社  ★渋川市]の続きを読む