FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。
足利 並木藪蕎麦 堀江店 4

並木藪蕎麦の暖簾わけのお店です。
足利市にある「並木藪蕎麦 堀江店」さん。
藪蕎麦はずいぶん前、
上野のお店に行ったかなぁ、くらいだったので楽しみです~♪

足利 並木藪蕎麦 堀江店 2

お蕎麦をいただく前に
「モツ煮込み」日本酒の燗酒を楽しみました。
こってりと、そしてやわらかいモツ煮込みはBECCAN好み★
七味をチョイとふり掛けて、お燗もすすみます。
美味しいです。

そして「ざるそば」の大盛り。

[通いたくなるお蕎麦屋さん  足利市★並木藪蕎麦 堀江店]の続きを読む
足利市 千歳さくら祭り 2008 4

そういえば。。。


[千歳の桜祭り 2008 その2  ★足利市]の続きを読む
群馬県甘楽町の小幡は城下町として知られています。
戦国動乱の時代に、武田信玄の軍門に加入し、
「赤備え・あかぞなえ」で活躍した小幡氏。
(赤備えとは武具を朱塗りにした無敵の軍団!井伊の赤備えが有名でしょうか。)
武田氏が倒れ、またその後徳川の時代になると
真田氏を頼って信州へ移動してしまいます。

幾度かの領主の交代の後、
次に小幡の地にやってきたのがなんと、
織田信長の次男・織田信雄(のぶかつ)。
小幡織田氏はこのあと8代続くそうです。
そして小幡陣屋が築かれ背景が整っていきます。。。

城下町 小幡 甘楽町 1

「雄川堰・おがわぜき」。
生活に欠かせなかったろう、用水路ですね。
約400年前、小幡に陣屋を築いたときに
整備されたものだそう。

[織田家の足跡 その1  甘楽町★雄川堰]の続きを読む
富岡市 貫前神社 唐銅製燈籠

=== 案内板より ===
高さ約395センチの一対の銅製灯籠で、慶応元年(1865年)製作、
慶応2年にここに建てられた。
灯籠の基礎部と竿部の間に、灯籠建立の際の献納者名・
住居地・献納額が2段に刻まれている。
献納者の人数は合計で1544名、献納額は総額4790両にのぼり、
地元の多数の養蚕農家を初め、上州・江戸・
横浜の生糸・絹商人らが献納している。
本県をはじめ、周辺各地における養蚕・製糸業の繁栄興隆と、
これに携わる人々の祈念を明確に示す資料として重要であり、
7年後に開業した官営富岡製糸場の先駆的記念碑ともいえる
重要な文化財である。


貫前(ぬきさき)神社の総門手前にありました♪
すごいなぁ。。。

以前の記事はこちらから。
一ノ宮の貫前神社 その2  ★富岡市