FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020/01

塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

みなかみ町です。

こちら農産物直売所「太助の郷」。
open前から待ってる人がチラホラです。
人気のお店ですネ。



塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

太助の郷っていうくらいですから、
塩原太助さんでしょうか?やっぱり。


塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

〝沼田城下の塩原太助〟。
上毛カルタの一説が建物に掲げられていました。



塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]

そして、道を挟んですぐお隣にあるのが、
塩原太助翁記念公園」です。

「宝物殿」と「生方太吉」さんの銅像。
太吉さんて誰なんだろう。。。


=== 案内板より ===
塩原太助翁小伝
塩原太助は寛保3年2月3日に生まれ、幼名は彦七、
父は塩原角右衛門、母は「とめ」と云いました。
或る日江戸に出て、身を立て、家を興そうと父に願いでたが許されず、
ついに、或る朝未明に草刈に出かけるように装って
日頃飼いならした愛馬「あお」を引いて家を出ました。



[塩原太助翁記念公園。[利根郡みなかみ町]]の続きを読む
羽田空港~。November. 2019

午前中、早い時間の「羽田空港」です。
雨、降ってます。。。



羽田空港~。November. 2019

雨のフライトって嫌だなぁ。
なんだか気分的に(汗、



羽田空港~。November. 2019

ANAだったんですけど、
これに乗るんですね。ソラシド。



羽田空港~。November. 2019

飛んだっ。

雲の上はピーカンです☆
当たり前だけど(笑



[羽田空港~。November. 2019]の続きを読む
おおひら歴史民俗資料館。[栃木市]

栃木市にある「おおひら歴史民俗資料館」です。



おおひら歴史民俗資料館。[栃木市]

こちらの博物館には、古墳時代の大きな木棺が展示されています。

七廻り鏡塚古墳から出土した。。。、とありますが、
すでに消滅してしまった古墳かな?。。。



おおひら歴史民俗資料館。[栃木市]

おぉ~、これだぁ。


=== 案内板より ===
七廻り鏡塚古墳について
栃木県の南西辺を占める足尾山地の南東裾部にあたる、
大平町大字西山田字向堀にあった8基の古墳群(通称『七廻り古墳群』)
の主墳とみられる円墳である。

東西南の三方を丘陵で囲まれたコ字形の沖積地に面し、
東側の中山丘陵裾部に位置する当古墳は、
古くから弓削道鏡の息子とされる英親王(はなぶさしんのう)にまつわる伝説や、
英子内親王にまつわる伝説があり、英塚とも呼ばれていた。
また、七廻り鏡塚の七廻りという名称は、
鏡塚を中心にしてまとまっている七廻り古墳群を、
七回めぐって歩くと願いごとがかなうなどという伝説に基ずくものであり、
鏡塚の鏡とは、地形が柄鏡に似ているので付けられたものであるともいう。

いずれにせよ、古墳時代(6世紀中頃)、
この地域において栄華を誇ったであろう地方豪族の長の墳墓であることは、
まぎれもない事実である。
云々。。。



[おおひら歴史民俗資料館。[栃木市]]の続きを読む
★群馬県立歴史博物館。[高崎市]

高崎にある「群馬県立歴史博物館」に来ております♪
前回のつづき~。。。


=== 案内板より ===
前二子古墳の石見型埴輪
この石見型埴輪は、県内では唯一全体を復元できた例になります。
本例にも石見型埴輪の特徴とされるヒレ状の飾りと
小さく開けられた孔を確認することができます。
類例の多い畿内の例と比べて、本例は全体の形が直線的であるなど少し違いも見られ、
東国へ製作方法が伝わる過程で少し変化しているようです。
前二子古墳 前橋市西大室町 6世紀前半
前橋市教育委員会蔵

云々。。。



★群馬県立歴史博物館。[高崎市]
「発掘調査中の王山古墳」。

★群馬県立歴史博物館。[高崎市]

===
王山古墳の器財埴輪
大刀形埴輪は、残っている把(つか)の部分のみで高さ60cmはありますので、
全体は優に150cmを超えていたと推定できます。
盾形埴輪も現存部分でやはり高さ60cm近くありますので、
完成品は1mを超えると考えられます。
これら大型の器財埴輪を墳丘頂部に並べ、
視覚的に聖域を護っていたことがよくわかります。
王山古墳 前橋市大渡町 6世紀前半
前橋市教育委員会

云々。。。



★群馬県立歴史博物館。[高崎市]

===
大刀をもつ女子
前方部西側、前方部の前面付近で見つかった女子の埴輪群の中の1体です。
鋸歯文のあるタスキを掛け、腰に袋を着け、
右手には、女子の埴輪としては珍しく飾大刀を持っています。
耳飾り、首飾り、腕輪の装身具を身に着け、
顔面と衣装には赤・白・黒の顔料が塗られています。
女子群には他に坏を捧げ持つ女子も2体含まれ、
儀礼にのぞむ女性たちを表現していたようです。
塚廻り4号墳 太田市龍舞町 6世紀前半
国指定重要文化財 文化庁蔵/群馬県立歴史博物館保管

云々。。。



[群馬県立歴史博物館。September. 2019 [高崎市*その2]]の続きを読む
★群馬県立歴史博物館。[高崎市]

高崎市にある「群馬県立歴史博物館」です。

前回は「観音山古墳」から発見された出土品を拝見しに
訪れました。



★群馬県立歴史博物館。[高崎市]

今回は夏休み期間中に開催された
集まれ!ぐんまのはにわたち」展がお目当て♪

さっそく行ってみましょう★



★群馬県立歴史博物館。[高崎市]

=== 案内板より ===
人が乗る裸馬
馬の埴輪は多くありますが、人の乗ったものは大変少なく、
この埴輪はその中でもひときわ印象的な例です。
馬は馬具の鞍など着けていない裸馬です。
そして馬にまたがる小さな人物をご覧ください。
服などの表現は無く、かわいらしい丸い頭には、
髪や帽子などの表現は一切認められません。
背中には靫(矢筒)らしきものを背負っています。
特殊に職についた人物でしょうか。
高林西原古墳群 太田市高林西町 6世紀後半
太田市指定重要文化財 群馬県立がんセンター蔵

云々。。。



★群馬県立歴史博物館。[高崎市]

===
挂甲武人
頭には衝角付冑をかぶり、胴部に挂甲(小札甲)をまとう、武装した人物です。
左手で大刀の鞘口をもち、右手を大刀の柄に添え、
今にも大刀を抜こうとしています。
一方で挂甲武人埴輪によく見られる弓や靫(ゆぎ・矢筒)などは認められません。
有名な東京国立博物館所蔵の挂甲武人(国宝)より、古い時期のものです。
なお、この埴輪が見つかった高塚古墳は全長60mの前方後円墳です。
高塚古墳 北群馬郡榛東村大字新井 6世紀前半
群馬大学教育学部蔵/群馬県立歴史博物館保管
 
云々。。。



[群馬県立歴史博物館。September. 2019 [高崎市]]の続きを読む