FC2ブログ
ウワサのBECCAN。ブログbeccanです。グルメ、おサケな話、チマタの話題などなど。

2019/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312019/11

かみつけの里博物館。[高崎市]
かみつけの里博物館。[高崎市]
かみつけの里博物館。[高崎市]

「かみつけの里博物館」に復元展示されている「履けないくつ」。
国内最古の資料と云われております。

ピッカピカですねー。
細かな装飾。
古代の職人さんの腕も相当なものです。



下芝谷ツ古墳。[高崎市]

というわけで、
こちらの飾履が発見された現場がこちらっ。

下芝谷ツ古墳」であります。
in 高崎市。



下芝谷ツ古墳。[高崎市]

=== 案内板より ===
下芝谷ツ古墳
下芝谷ツ古墳は、昭和61年に調査された西暦500年前後
(今から1500年前)に造られた一辺約20メートルの方墳である。
2段に築成された墳丘は、下段が約4メートルの高さで、
上半分は盛土で下半分は削り出し、その斜面は急角度に葺石で覆われている。
上段は石のみを積み上げた積石塚で、中央に竪穴式石室がある。
上段と下段の平坦面には小石による石敷をし、埴輪円筒列が廻っている。



下芝谷ツ古墳。[高崎市]

本墳の様に盛土と積石とに分かれた墳丘の構造は、全国的にも稀有な例である。
また、竪穴式石室からは、馬具類・甲冑類・武器類・環鈴と共に
飾履(しょくり)が出土している。
金銅製でガラス玉をはめ込み、歩揺で飾られた飾履は、
その本体にも透かし彫りが施されており、国内では10例ほどと例の限られた文物である。
以上の様な特異な古墳であるが、今は位置を示す方形の段の真下に保存されている。
云々。。。



下芝谷ツ古墳。[高崎市]

キンピカの古代の履。
博物館で拝見してから絶対行こうと決めていた古墳です★

発掘調査の後、埋め戻されていますから、
なにがあるというわけではないのですが。。。
それでも来れてヨカッタ、
「下芝谷ツ古墳」であります。。。



以前の記事はこちらから。
小鶴巻古墳。[高崎市]
かみつけの里博物館。[高崎市]

【下芝谷ツ古墳】
@群馬県高崎市箕郷町下芝

コメント
この記事へのコメント
こんにちは
金ぴか、これは履けませんね^^;
攻撃力高そうな靴って思いました
古代のスタッズ装飾ですね
2019/08/22(木) 14:44 | URL | reina #mQop/nM.[ 編集]
reina さま★
ホント金ぴかでオドロキました^^;
攻撃力高そうですっ(笑
2019/08/23(金) 07:37 | URL | BECCAN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する